村国駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
村国駅
むらくに
MURAKUNI
北府 (1.6km)
(1.5km) 塚町
所在地 福井県武生市(現・越前市)村国
所属事業者 福井鉄道
所属路線 南越線
キロ程 2.4km(社武生起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1914年(大正3年)3月11日[1]
廃止年月日 1981年(昭和56年)4月1日
テンプレートを表示

村国駅(むらくにえき)はかつて福井県武生市(現・越前市)村国にあった福井鉄道南越線の駅である。同線の全線廃止とともに廃駅となった。

歴史[編集]

  • 1914年(大正3年)3月11日[1] - 武岡軽便鉄道の駅として開業。
  • 1918年(大正7年)3月19日 - 社名変更により武岡鉄道の駅となる。
  • 1924年(大正13年)3月7日 - 今立鉄道(未開業)との合併により、南越鉄道の駅となる。
  • 戦時中(時期不詳) - 一度廃止される。
  • 1951年(昭和26年)6月15日 - 復活開業。
  • 1981年(昭和47年)10月12日 - 交換設備が撤去される。
  • 1981年(昭和56年)4月1日 - 社武生 - 粟田部間の廃止により廃駅となる。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する駅だった。晩年は駅舎側のホームのみを使用していた。 駅舎とは反対側の待合室にはもと南海電鉄旧南海モハ81形が使われていた。

駅跡[編集]

161-1保存車

駅の名をとどめるものは残っていない。跡地には現在個人私設の鉄道博物館があり、かつて鯖浦線で使用されていて、後に南越線と福武線で使用されていた160形電車の1両が保存されている。

隣の駅[編集]

福井鉄道
南越線(廃止)
北府駅 - 村国駅 - 塚町駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「軽便鉄道停留場設置」『官報』1914年4月10日(国立国会図書館デジタル化資料)

参考文献[編集]