ダイナスター (列車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダイナスター
JR West 681-0 Series Kinsawa W01.jpg
681系1000番台
概要
種類 特別急行列車
地域 福井県・石川県
前身 特急「はくたか」(5、24号)
運行開始 2015年平成27年)3月14日[1][2]
運営者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
路線
起点 福井駅
終点 金沢駅
営業距離 76.7 km (47.7 mi
使用路線 北陸本線
車内サービス
その他 出典[広報 1]
技術
車両 681系電車683系電車
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 交流20,000V・60Hz
テンプレートを表示

ダイナスターは、西日本旅客鉄道(JR西日本)が福井駅 - 金沢駅間を、北陸本線経由で運行している特急列車である[1][2]

概要[編集]

特急「ダイナスター」は、2015年平成27年)3月14日北陸新幹線長野駅 - 金沢駅間の延伸開業に伴い、金沢駅で北陸新幹線と接続する列車として運行を開始した。列車の性格としては2015年3月13日まで運行されていた特急「はくたか」の福井駅発着列車のうち金沢駅以西を引き継いだ形で、大阪駅発着の特急「サンダーバード」、名古屋駅米原駅発着の特急「しらさぎ」が運転されない朝の下り(福井発)と夜の上り(金沢発)のみ運行される。

列車名の由来[編集]

JR西日本の公式説明によれば、福井県立恐竜博物館に代表される福井県の観光資源・恐竜の英訳「ダイナソー」と、地元の期待を込めた「スター」を組み合わせて命名されたものとしている[広報 1][1]

運行概況[編集]

福井駅 - 金沢駅間で3往復運転される[注釈 1]。金沢駅で北陸新幹線と接続する。

なお、異常気象などで特急「サンダーバード」「しらさぎ」などが運休する場合は、代替として敦賀駅 - 金沢駅間に臨時の「ダイナスター」が運行されることもある。

停車駅[編集]

福井駅 - 芦原温泉駅 - 加賀温泉駅 - 小松駅 - 金沢駅

使用車両・編成[編集]

2016年3月26日現在の編成図[広報 2]
ダイナスター
← 金沢
福井 →
3・5号
2・4号
1 2 3 4 5 6
G
1号
6号
1 2 3
  • 全車禁煙
凡例
G=グリーン車座席指定席
指=普通車座席指定席
自=普通車自由席

681系電車または683系電車が使用される。運行開始当初は3往復ともグリーン車を連結した6両編成が用いられていたが、2016年3月26日のダイヤ改正より1・6号についてはグリーン車なしの3両編成に減車された。[広報 2][広報 3]

過去の車両[編集]

681系1000番台
運行開始当初より使用され2015年7月の運用復帰後も引き続き使用されたが、2019年6月以降、運用に全く入らなくなっていた。
その後、同編成は9月12日吹田総合車両所へ回送され、廃車となった。[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 同区間には、おはようエクスプレス・おやすみエクスプレス(平日のみ)、「サンダーバード」、「しらさぎ」が合計42往復運転される。

出典[編集]

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

  1. ^ a b 北陸本線・七尾線 特急列車の列車名決定について - 西日本旅客鉄道ニュースリリース 2014年10月7日
  2. ^ a b 平成28年春ダイヤ改正について(プレスリリース) (PDF)”. 西日本旅客鉄道金沢支社 (2015年12月18日). 2015年12月18日閲覧。
  3. ^ 平成27年春ダイヤ改正について(ニュースリリース) (PDF)”. 西日本旅客鉄道 (2014年12月19日). 2014年12月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]