八郎潟駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
八郎潟駅
駅舎(2017年3月26日)
駅舎(2017年3月26日)
はちろうがた
Hachirōgata
井川さくら (3.9km)
(5.5km) 鯉川
所在地 秋田県南秋田郡八郎潟町字中田85-2
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 奥羽本線
キロ程 327.5km(福島起点)
電報略号 ハロ
ヒト(改称前)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
813人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1902年明治35年)8月1日
備考 業務委託駅
* 改称経歴
- 1926年 五城目駅→一日市駅
- 1965年 一日市駅→八郎潟駅
テンプレートを表示
八郎潟駅
はちろうがた
Hachirōgata
(1.9km) 川崎
所属事業者 秋田中央交通
所属路線 秋田中央交通線
キロ程 0.0km(八郎潟起点)
開業年月日 1922年大正11年)4月21日
廃止年月日 1969年昭和44年)7月11日
備考 秋田中央交通線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示

八郎潟駅(はちろうがたえき)は、秋田県南秋田郡八郎潟町字中田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線である。

概要[編集]

南秋田郡周辺の中心駅。普通・快速列車の他、特急つがる」、臨時快速リゾートしらかみ」が停車する。2008年3月のダイヤ改正より寝台特急日本海」は通過となり、残った寝台特急「あけぼの」も臨時化を経て2015年1月以降運行が途絶えている。

かつては秋田中央交通線が接続していた。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを持つ地上駅で、以前は夜間滞泊が設定されていた。(現在では最終列車が秋田方面へ回送されているため、行われていない。) 両ホームは跨線橋で連絡している。

かつては直営駅駅長助役配置)で、管理駅でもあり、奥羽本線の羽後飯塚駅 - 鹿渡駅間の各駅を管理下に置いていたが、2010年4月1日から土崎駅が管理、当駅は自駅のみの単駅管理になり、更に現在は土崎駅管理の業務委託駅となっている(JR東日本東北総合サービスが受託)。駅舎内には指定席券売機(営業時間:6時45分 - 17時00分)、待合室、タッチパネル式自動券売機2台、公衆電話、トイレなどがある。「もしもし券売機Kaeruくん」が設置されていたが、2012年2月10日をもって営業終了し撤去された。

駅前には県無形民俗文化財の願人踊りの陶板壁画レリーフがある。また、駅東側とを結ぶ自由通路が、駅構内の跨線橋に隣接して設けられている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 奥羽本線 下り 東能代青森方面
2・3 上り 秋田大曲方面

3番線は当駅始発の秋田方面行きを中心に使用する。なお、上下共用の待避線であり、両方向の入線・出発に対応している。

利用状況[編集]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 1,225
2001 1,177
2002 1,117
2003 1,066
2004 1,033
2005 1,024
2006 982
2007 947
2008 948
2009 921
2010 912
2011 890
2012 884
2013 875
2014 780
2015 816
2016 813

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

路線バス秋田中央交通大潟村マイタウンバス八郎潟駅前バス停

秋田中央交通

大潟村マイタウンバス

その他[編集]

  • 仙台・東京方面等への往復JRきっぷを購入した乗客が無料で利用できる「こまち駐車場」がある(74台分)。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
奥羽本線
快速
井川さくら駅 - 八郎潟駅 - 森岳駅
普通
井川さくら駅 - 八郎潟駅 - 鯉川駅

かつて存在した路線[編集]

秋田中央交通
秋田中央交通線
八郎潟駅 - 川崎駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]