八郎潟駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
八郎潟駅
Hachirogata Station 20190804.jpg
駅舎(2019年8月4日)
はちろうがた
Hachirōgata
井川さくら (3.9 km)
(5.5 km) 鯉川
所在地 秋田県南秋田郡八郎潟町字中田85-2
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 奥羽本線
キロ程 327.5 km(福島起点)
電報略号 ハロ
ヒト(改称前)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
759人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1902年明治35年)8月1日[1]
備考 業務委託駅
* 改称経歴
- 1926年 五城目駅→一日市駅
- 1965年 一日市駅→八郎潟駅
テンプレートを表示
八郎潟駅
はちろうがた
Hachirōgata
(1.9 km) 川崎
所属事業者 秋田中央交通
所属路線 秋田中央交通線
キロ程 0.0 km(八郎潟起点)
開業年月日 1922年大正11年)4月21日
廃止年月日 1969年昭和44年)7月11日
備考 秋田中央交通線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示

八郎潟駅(はちろうがたえき)は、秋田県南秋田郡八郎潟町字中田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線である。

概要[編集]

南秋田郡周辺の中心駅。普通・快速列車の他、特急つがる」、臨時快速リゾートしらかみ」が停車する。2008年3月のダイヤ改正より寝台特急日本海」は通過となり、残った寝台特急「あけぼの」も臨時化を経て2015年1月以降運行が途絶えている。

なお、快速列車は2018年のダイヤ改正より、秋田駅から当駅までは各駅停車となっている。

かつては秋田中央交通線が接続していた。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを持つ地上駅で、両ホームは跨線橋で連絡している。

かつては直営駅駅長助役配置)で、管理駅でもあり、奥羽本線の羽後飯塚駅 - 鹿渡駅間の各駅を管理下に置いていたが、2010年4月1日から土崎駅が管理、当駅は自駅のみの単駅管理になり、更に現在は土崎駅管理の業務委託駅となっている(JR東日本東北総合サービスが受託)。駅舎内には指定席券売機(営業時間:6時45分 - 17時00分)、待合室、タッチパネル式自動券売機2台、公衆電話、トイレなどがある。「もしもし券売機Kaeruくん」が設置されていたが、2012年2月10日をもって営業終了し撤去された。

駅前には県無形民俗文化財の願人踊り、一日市の盆踊などを描いた信楽焼の陶板壁画レリーフがある[5]。壁画は高さ3m、横幅が20mもある大きなものである[5]。また、駅東側とを結ぶ連絡通路が、駅構内の跨線橋に隣接して設けられている[5]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 奥羽本線 下り 青森方面
2・3 上り 秋田方面

(出典:JR東日本:駅構内図

3番線は当駅始発の秋田方面行きを中心に使用する。なお、上下共用の待避線であり、両方向の入線・出発に対応している。以前は夜間滞泊が設定されていたが、2019年現在は行っておらず秋田駅からの最終電車は旅客扱い終了後、秋田駅まで回送する。同駅始発の初電も秋田駅から回送してくる。なお、1987年4月1日時点では、夜間に気動車で秋田駅から往復する運用があった。[9]

利用状況[編集]

JR東日本によると、2019年度(令和元年度)の1日平均乗車人員は759人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 1,225 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 1,177 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 1,117 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 1,066 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 1,033 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 1,024 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 982 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 947 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 948 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 921 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 912 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 890 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 884 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 875 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 780 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 816 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 813 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 809 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 792 [利用客数 20]
2019年(令和元年) 759 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

路線バス秋田中央交通大潟村マイタウンバス八郎潟駅前バス停

秋田中央交通

大潟村マイタウンバス

その他[編集]

  • 仙台・東京方面等への往復JRきっぷを購入した乗客が無料で利用できる「こまち駐車場」がある(74台分)。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
奥羽本線
快速
井川さくら駅 - 八郎潟駅 - 森岳駅
普通
井川さくら駅 - 八郎潟駅 - 鯉川駅

かつて存在した路線[編集]

秋田中央交通
秋田中央交通線
八郎潟駅 - 川崎駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

  1. ^ a b 「遞信省告示第330号」『官報』1902年07月28日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 「遞信省告示第479号」『官報』1902年10月18日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 「鐵道省告示第181号」『官報』1926年09月25日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 『一本足の渡線橋登場』昭和37年5月4日読売新聞秋田読売
  5. ^ a b c d “東西連絡通路渡り初め 八郎潟駅 巨大陶板壁画も設置” 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p.13. (1989年4月9日 朝刊)
  6. ^ “JR東日本 「みどりの窓口」廃止へ 県内8駅 湯沢市など「撤回を」”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 31 朝刊. (2006年3月2日) 
  7. ^ “みどりの窓口リストラ”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 23 夕刊. (2006年7月11日) 
  8. ^ もしもし券売機『Kaeruくん』が指定席券売機に替わります! (PDF)” (日本語). 東日本旅客鉄道秋田支社. 2021年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月5日閲覧。
  9. ^ 交通公社の時刻表復刻版 1987年4月号

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2019年度)”. 東日本旅客鉄道. 2020年7月18日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月8日閲覧。
  20. ^ 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]