JR九州815系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JR九州815系電車
2両編成での運用(鹿児島本線 崇城大学前-上熊本)
2両編成での運用
(鹿児島本線 崇城大学前-上熊本)
編成 2両編成26本(52両)
営業最高速度 120(速度種別A24) km/h
設計最高速度 120 km/h
起動加速度 2.6 km/h/s
編成定員 177人(立席)+ 94人(座席)= 271人
全長 20,000 mm
全幅 2,950 mm
全高 3,680 mm
車体材質 アルミニウム合金
編成質量 59.0t
車両質量 クモハ815形33.0t
クハ814形26.0t
軌間 1,067(狭軌) mm
電気方式 交流20,000V 60Hz
架空電車線方式
編成出力 150kW×4=600kW
主電動機 かご形三相誘導電動機
主電動機出力 150kW
駆動装置 TD継手式中実軸平行カルダン駆動方式
制御装置 VVVFインバータ制御+PWMコンバーダ
IGBT素子
制動方式 回生ブレーキ純電気式)併用電気指令式空気ブレーキ
保安装置 ATS-SK
製造メーカー 日立製作所
九州旅客鉄道小倉工場
車内
固定式大窓
TR404K台車

815系電車(815けいでんしゃ)は、九州旅客鉄道(JR九州)の交流近郊形電車1999年平成11年)10月1日豊肥本線熊本駅 - 肥後大津駅)の電化開業にあわせて営業運転を開始した。

車両解説[編集]

1999年10月1日、豊肥本線熊本 - 肥後大津間の電化開業および鹿児島本線熊本地区・日豊本線大分地区でのワンマン運転開始に伴い製造された。熊本・大分地区でのワンマン運転開始は、423系および457系・475系の置換えも兼ねたものである。

JRグループでは初めて日立製作所A-trainシステムを用いて製造された車両である。デザインは、キハ200系以降のJR九州の新製系列と同様、水戸岡鋭治が手掛けている[1]

811系[2]813系[2]および817系との相互連結運転が可能となっている。このうち、813系および817系とは、貫通幌を使用することで編成間貫通とすることが可能である。また、最大12両編成での運用にも対応している[2]。最高速度は120km/hである[3]

2001年(平成13年)、グッドデザイン賞およびブルネル賞・近距離旅客列車部門で国際賞を受賞した[1][4]

車体[編集]

A-trainシステムの特徴の一つである、摩擦撹拌方式 (FSW) により製造されたダブルスキン構造アルミ合金車体となっており[3]、従来の813系よりさらに軽量化が図られた。前面部は鋼製となっている[3]。これにより生じた車体とのドッキング部はスリット状のフィンを貼ることによりデザイン面で違和感のないようにした[5]。片側3箇所に両開き扉が設置されている。客室側窓は、扉間に1枚の固定式大窓を設けている[5]。車端部の窓も固定式であり、開閉可能な客用窓はない。窓ガラスUVカットガラス (UV96) を使用し、カーテンは省略された。

前照灯尾灯は、813系よりも高い位置に上げられた。

813系との併結運転も考慮し、前面部中央に貫通扉を設け[3]塗装は無塗装を基本に外側の扉部分が赤色に塗装されたが[3]、前位側については、同系のようにステンレス構体に前頭部を接合する車体構造ではないため、前面の縁および貫通扉のみが赤く塗装された。

行先表示器は字幕式で、811系および813系の表示に、豊肥本線系統の駅名を追加した内容である。側面表示器の駅名表記は、前2系列と同様に白地に黒文字で日本語と英語の並記だが、設置箇所は第4エンド端の1箇所のみで、編成単位での片側面では1箇所に集約された。また、正面の表示器もキハ200系と同様に列車種別表示器が設置されるとともに、黒地に白文字の駅名表記も日英並記となった。

台車・機器[編集]

台車は軽量ボルスタレス台車のDT404K(電動車)、TR404K(制御車)で、低床化を図るため車輪には810mm径の小径車輪が採用された[5]。ただし813系と異なり、ヨーダンパは省略された。

制御方式は交流回生付きPWMコンバーダ+VVVFインバータ[3][6]、JR九州では初めてこの方式を採用した[3]。PWMコンバーダは3レベル方式、VVVFインバーダは2レベル4個MM一括制御方式となっている[6]。主変圧器と主変換装置もPWMコンバータ+VVVFインバーダ方式となっている[6]。また、同社の電車としては初めてIGBT素子を用いた回生ブレーキ逆相ブレーキ(後の全電気ブレーキ)が使用可能な主変換装置が採用された。回生ブレーキ時のセクション通過対策として小型のブレーキチョッパを内蔵したことにより回生ブレーキ中でもセクション通過を可能にしている[6]。部品の共通化を目的として、付随台車ではユニットブレーキを採用した[5]。車両重量の関係で、電動台車と付随台車とではシリンダ径とてこ比が異なる[2]。ブレーキ受量器は「T車遅れ込め制御」方式を採用している[7]。主変圧器は2次1巻線、3次1巻線方式の新設計で、保守費用を低減するため自冷式の油冷却器を採用している[2]。その他にも定速制御機能や、抑速制御機能、力行・回生ピークカット機能、空転・滑走制御機能などの機能が搭載されている[6]。主電動機はコスト低減を理由に813系に搭載されているMT401K形と機能、取付け互換を持ったMT401KA形を搭載している[6]。MT401K形はフレームレス構造であるが、MT401KA形はフレーム構造となっており熱容量の低下が予想されたため、シミュレーションを行った[6]。その結果、813系に取り付けても問題ないことが確認された[6]。床下の主回路機器は低騒音・低保守化を図るため、主電動機を除き完全ブロアレスとなっている[3]。補助電源装置は813系に搭載している装置から容量が見直され、3両対応から2両対応となった[7]。故障の際は、マスコン内のリセットスイッチで一括リセットができるようになっている[7]

運転台主幹制御器は、同社の電車としては、初めてワンハンドル式が採用された[6]。運転台手前より、力行5段、中立、抑速ブレーキ、常用ブレーキ7段および非常ブレーキとなっている。さらに、乗務員支援モニタは、813系と同等のものが採用されているが、使い勝手が良くなるように改善されており、検修用画面には積算電力の設定や空ノッチ関連の表示が、車掌用の画面には空調設定画面が追加されている[7]。また、乗降促進放送も搭載しており、ワンマン運転中にスイッチを押すと「ドアが閉まります、ご注意ください」という放送が2回流れる[7]

パンタグラフはJR九州の電車として、初めてシングルアーム式が採用された[5]。この方式は、本系列以降の同社の新製電車系列に採用されるとともに、883系もこの方式に交換された。

車内設備[編集]

車内設備がユニット化され[3]、製造工程の合理化が図られている点も、A-trainシステムの特徴の一つである[8]。運転室および車椅子対応便所が、完全に独立したユニットとして設置された[6][7]座席は、JR九州発足以降の新系列電車として、初めて全席ロングシートが採用され、背もたれと座布団が一人分ずつ独立した形状とされた。座席下部には電気式のヒーターが設置されている[5]空調装置は、技術の進歩と凡用インバーダの低価格化により安価で高機能な空調装置が開発可能となった背景がある[5]。そのため、インバーダ制御方式の空調装置を開発し、それを本系列に搭載した[5]。座席下部に設置のヒーターにはセンサを設け、空調装置内のマイコンによる自動制御となっている[5]

車内収受式ワンマン運転を行うため、運賃箱運賃表示器および整理券発行器を備えた[7]。ワンマン機器はキハ200系に搭載されているものをベースとしているが、本系列ではバス用の流用ではなく鉄道車両用に設計の見直されたものを設置している[7]

客室内は車体に合わせてアルミニウムの無垢材を使用し[3]、クリア塗装を施した[5]。平床構造でステップ部も含め段差はない[3]。床面高さは1115mmで813系よりも10mm低くなっている[3]。編成内の車両間の仕切り扉も廃している[3]。妻壁部に収納されていた配電盤の機器類のうち、必要性の低いものは床下の配電箱に集約され点検蓋がなくなったため、貫通幅は従来の820mmより拡幅されて1000mmとなった[3]。運転室、トイレと客用側の乗降扉は黄色に塗装されている[5]。床はブルーグレーを基調とし、四角い黒点柄のものと黒いストライプ状の柄を配置したものになっており、汚れが目立たないようにされている[5]。また、客室内の乗降扉の上部には一行表示のLED式車内案内表示器が設置された[5]。ただし、同系では日本語のみの表記であったのに対し、本系列では、日本語と英語による表記が交互に表示されるようになった。

編成[編集]

全編成とも熊本側からクモハ815形 (Mc) - クハ814形 (T'c) の2両で組成されている[3]車両番号は編成ごとに同じ番号で揃えられ、編成自体にも「Nxxx」の編成番号が与えられている。「N」は815系であることを示し、「xxx」は車両の製造番号に対応している。

車両前面に表示される編成番号は「Nxxx」だが、正式な編成番号は熊本配置車は「NTxxx」、大分配置車は「NOxxx」である。編成記号の「N」は以前715系に使用されていた(N101 - 112編成)が、同系列は1998年(平成10年)までに全車廃車されており、本系列との記号重複は生じていない。

製造[編集]

N001 - N026の2両編成26本(52両)が一度に製造された。技術上の理由により、ほとんどが日立製作所製であるが、N026編成のみ小倉工場製である。N015編成は2000年(平成12年)頃にN027に改番されており、現在の編成番号はN001 - N014, N016 - N027である。

これ以降は同一の設計思想で転換クロスシートを採用した817系に移行し、本系列の増備は行われていない。

形式別概説[編集]

クモハ815-13
クモハ815形(Mc:1 - 14、16 - 27)
上り方制御電動車。パンタグラフ、主変圧器、主変換装置およびブレーキ受量器を備える[6][7]。定員138名[6]


クハ814-4
クハ814形(T'c:1 - 14、16 - 27)[バリアフリー対応車両]
下り方制御付随車。空気圧縮機および補助電源を備える[2]。後位側に車椅子対応の洋式循環式トイレおよび車椅子スペースを備える[7]。定員133名[6]


運用[編集]

現在の運用区間は、以下のとおりである。

熊本運輸センター所属車[編集]

フレスタくまもとラッピングトレイン

1999年10月1日のダイヤ改正に併せて、熊本運転所(現・熊本鉄道事業部熊本車両センター、略号「熊クマ」)にN001 - N017の17本が配置された。このうちN007~N010は豊肥本線高速鉄道保有株式会社が保有している。その後、前述のとおりN015はN027に改番された。同時に、2両編成単独運転時は、車内収受式ワンマン運転を実施するようになった。

配置当初、運用線区は鹿児島本線銀水 - 八代間および豊肥本線熊本 - 肥後大津間が中心で、朝1本下りのみ鳥栖始発の運用があった。

2005年(平成17年)3月1日ダイヤ改正により、N016および017が大分鉄道事業部大分運輸センター(当時)に転出し、代わりに大分に配置されていた817系V012および013が当センターに転入した。また、同改正で鳥栖 - 銀水間でのワンマン運転が開始されたことから、熊本地区だけでなく、北部九州地域本社管内(現在は本社鉄道事業本部管内)でも常時運用されるようになった。これに伴い、南福岡電車区運転士も本系列の乗務を担当するように改められた。更に、この改正で当センターに転入してきた817系も、同区間で使用されるようになったが、同系とは運用が分離されている。ただし、互いに代走することがあるほか、同系との併結運用もある。2012年(平成24年)3月17日のダイヤ改正より、当センターの同系が博多 - 鳥栖間にも乗り入れるため、代走で乗り入れることがある。

1区分番台1編成の717系900番台が当センターに在籍していた時期(2004年3月 - 2007年3月)は、本系列が代走に充当されていた。

2006年(平成18年)3月のダイヤ改正で、ワンマン運転が駅収受式に改められたため、運賃箱や整理券発行器を使用しなくなった(運賃表示器の駅名表示のみ使用)。

大分車両センター所属車[編集]

熊本配置の17本と同時に、大分鉄道事業部大分運輸センター(現・大分鉄道事業部大分車両センター、略号「分オイ」)にも、N018 - N026編成の計9本が配置された。

運用区間は前述のとおりだが、中津 - 佐伯間の運用が主体であり、2009年3月14日のダイヤ改正により、中津 - 柳ヶ浦間でのワンマン運転開始され、この区間でも815系電車2両編成で運用されるようになり、大分地区での列車車両数が不足する関係で毎日811系電車が大分地区でも運用開始された。 815系電車の大部分がワンマン運転を実施している。

2005年3月に熊本からN016およびN017編成が転入したことにより、N016 - N026の11本配置となった。

大分地区でも2006年3月の改正で、ワンマン運転が駅収受式に改められた。

ちなみにN018編成の運転台の後ろ(上り方向)にブルネル賞受賞プレートが掲出されている。

出典[編集]

  1. ^ a b 電車[815系]”. GOOD DESIGN AWARD. 2015年8月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 鉄道ファン9月号, p. 58.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 鉄道ファン9月号, p. 59.
  4. ^ 主なデザイン関連受賞歴”. 九州旅客鉄道. 2015年8月25日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 鉄道ファン9月号, p. 60.
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m 鉄道ファン9月号, p. 61.
  7. ^ a b c d e f g h i j 鉄道ファン9月号, p. 62.
  8. ^ 環境対応型の新しい車両コンセプト“A-train” (PDF)” (2001年8月). 2015年8月25日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『鉄道ファン』第39巻第9号、交友社、1999年9月。

関連項目[編集]