JR九州811系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JR九州811系電車
0番台4両編成(鹿児島本線 太宰府信号所)
0番台4両編成
鹿児島本線 太宰府信号所)
基本情報
製造所 近畿車輛
日立製作所
九州旅客鉄道小倉工場
主要諸元
編成 4両
軌間 1,067 mm
電気方式 交流20,000V 60Hz
架空電車線方式
最高運転速度 120(速度種別A5) km/h
設計最高速度 120 km/h
起動加速度 2.2[1] km/h/s
編成定員

P1・P3・P5 - P17:510人(座席204人)

P1504:597人
車両定員 クモハ810形:120人(座席48人)
クハ811形:118人(座席44人)
中間車:136人(座席56人)
最大寸法
(長・幅・高)
20,000 × 2,950 × 3,670 (mm)
車体材質 ステンレス
台車 円錐積層ゴム式ボルスタレス台車
DT50QA・TR235QA
主電動機 直巻整流子電動機
MT61QA形 (150kW)(0・100番台)
駆動方式 中空軸平行カルダン駆動方式
歯車比 5.6
編成出力 150kW×8 = 1,200kW
制御装置

サイリスタ位相制御(0番台・100番台)

SiCハイブリットモジュール素子VVVFインバータ制御(1500番台)
制動装置 電気指令式
発電ブレーキ併用)(0番台)
回生ブレーキ併用)(1500番台)
保安装置 ATS-SKATS-Dk、EB装置、防護無線
備考 定員・質量は0番台のもの
テンプレートを表示

811系電車(811けいでんしゃ)は、九州旅客鉄道(JR九州)の交流近郊形電車

車両解説[編集]

北九州・福岡大都市圏における快速列車の増発と、421系の置き換えを目的として1989年平成元年)から 1993年(平成5年)まで4両編成28本(112両)が製造され[2]、1989年7月に開催された、アジア太平洋博覧会「よかトピア」の開催にあわせ、デビューした[3]。全車南福岡車両区に配属されている[4]

以下に0番台新造時の構造上の特徴を示す。番台区分ごとに異なっている仕様については、「番台区分」の節で記述する。

車体[編集]

車体は軽量ステンレス構造で片側3箇所に両開き扉を設置し、全扉または中間扉のみの選択開閉(ドアカット)が可能である[4]。扉の間にバランサ(任意の位置で窓の開口が調整できる機能)付きの一段下降窓が3枚ある。車体の大部分は無塗装であるが、側面窓下部に青色と赤色の帯が互い違いに配されている。前頭部は白色塗装をした普通鋼およびFRP[3]で、211系などの三面折れ形にカーブ面を取り付け、スピード感を出したデザインにされている[3]。また、運転台直下には"■NEW RAPID TRAIN811"の赤いロゴが張られている。先頭車前面には貫通扉を設けているが、非常用のためも幌枠もなく、編成間の貫通には使用されない。

車両番号は、783系と同様の斜体フォントを使用している。なお、783系はリニューアルにより四角囲みとなったたため、斜体フォントは811系のみとなっている。そして、車両番号の前にはJRロゴが描かれている。

主要機器[編集]

架線からの交流20kVを主変圧器で降圧した上で、シリコン整流器で整流して直流電源とした。その直流電源で主電動機(MT61QA)を駆動する。

MM'ユニットを採用し、M車(モハ811形)には主制御器と抵抗器が、M'c車(クモハ810形)には主変圧器(TM401K)・主整流器・補助電源装置・集電装置が搭載される。 デビュー当初はTAc車を開発し2両編成にする構想や閑散時にT車を抜き3両編成とする構想もあった[5]。 主回路制御方式はサイリスタ位相制御である。1-4ノッチで95%弱め界磁を行い[6]5ノッチ投入時に70%弱め界磁制御を行う[7]。主回路接続は、4基の電動機をすべて直列に接続するしたものを1回路として、これを2回路並列させた (4S2P) [7]。25‰上り勾配でMM'カットにより1Mでも勾配起動できる能力を持つという[3]

ブレーキは783系回生ブレーキから発電ブレーキに変更となった。これは783系の実運用時に発覚した、閑散線区の交流電化区間で回生を使った場合変電所の力率を落としてしまい電力会社からペナルティを受け、それが回生による節約効果を上回ってしまったことからである。 また、コストの兼ね合いからブレーキは783系のような無段階制御ではなく従来の415系などと同じカム軸制御となった[8]。 また、120km/h運転に対応するため100km/h以上からブレーキを掛けた際に制動力を増加させる増圧ブレーキを備える。

主整流器 (RS401KA) は主シリコン制御整流装置とも呼称される。1基当たり素子 (2,500V, 4,000A) を4基使用し、8基の主電動機が接続される[7]。冷却方式としてフロン沸騰冷却方式を採用するが、今後はフッ化炭素冷却方式を採用予定であるとしている[7]

空気圧縮機 (MH1084-C2000MQ) はレシプロ式を搭載する。補機用の電源として静止形変換装置 (SC400K) を搭載するほか、主変圧器3次巻線も使用する。

集電装置 (PS101QB) は、菱形パンタグラフである。上り方(門司港方)先頭車のクモハ810形の連結面寄りに設置している。

台車空気ばね方式、ヨーダンパ付き軽量ボルスタレス台車のDT50QA(電動車)/TR235QA(制御車付随車)が採用されている[2]

非常時の救援用として全段読替式のブレーキ読替装置およびジャンパ連結器を搭載し421系、423系、415系、783系などの車両と併結し相互に制動および力行が可能である。

消費電力は、415系と比較して、およそ70%程度である[9]

車内設備[編集]

車内の様子(クハ810-106)

快速列車を中心に臨時急行列車にも用いることを想定して、座席は転換式クロスシートを採用した。モケットの色は青色(サニーブルー)と紫色(レイニーパープル)の2色で、各席とも左右で異なった色とされ、座席の枕の部分は独立している。その後座席モケットについては紫色と黒の市松模様に張り替えられた。優先席は枕の色が他の座席のパープルに対しグレーとされている。さらに視認性を高めるため813系も含めて2006年(平成18年)末より「優先席」表示がされた枕カバー(白色)が装着された。当初喫煙車であった門司港方先頭車のクモハ810形では座席横の肘掛に灰皿を内蔵していたが、1995年(平成7年)にJR九州管内の普通列車が全面禁煙となったため現在は塞がれている。座席の間隔と窓配置は合っていない。これは415系1500番台と窓ガラス寸法を共通にしたためで、813系も同様である。各座席には指定席とするための席番号表示器もあり指定席として使用することも可能となっている。 また乗務員室にオルゴールチャイム装置を備える。

運転台左側には簡易的なモニター装置を備え各車の故障の発見、ユニットカットやモーター開放などといった故障時の対応が運転台から行えるようになった。後日装備であるが、運転台に取り付ける形でATS-DKのコンソールが追加装備された。

冷房装置集中式のAU403K (42000kcal/h) を各車両の屋根上中央部に1基設置し、ラインフローファンによる配風方式としている。

トイレは下り方(荒尾宇佐方)先頭車のクハ810形に設置されている。便器は和式である。また従来の近郊形電車には設置されていなかった大形くずもの入れが車端部(先頭車1箇所、中間車2箇所)に設置されている。

また、運転台後ろには温度計が設置されている。

形式[編集]

  • クモハ810形(上り方先頭車。主制御整流装置・パンタグラフ設置)
  • モハ811形(中間電動車。電動空気圧縮機設置)
  • クハ810形(下り方先頭車。トイレ・SIV・電動空気圧縮機設置)
  • サハ811形

編成は八代方からクハ810形 - サハ811形 - モハ811形 - クモハ810形の4両固定編成である。サハ811形を抜いて3両編成を組むことも可能であるほか、機器類を若干変更してクモハ810形 - クハ810形の2両編成を組むことも可能な設計とされたが、2両・3両編成は実現していない。

車両番号は基本的には編成ごとに同じ番号で揃えられている。また編成自体にも「Pxxx」の番号が与えられている[4]。「P」は本系列を示し、「xxx」は車両番号に対応している。車両に表示される編成番号は「Pxxx」だが、正式な編成番号は「PMxxx」である。「M」は南福岡車両区所属であることを表す。また、先頭車前面に編成番号が表示されるが、他系列と異なりアルファベットと数字の間にはスペースが挿入される。

編成番号
← 八代・佐伯・早岐・長崎
門司港・佐世保 →
クハ810形
(Tc')
サハ811形
(T)
モハ811形
(M)
クモハ810形
(Mc')
P1 - 17 0番台 0番台 0番台 0番台
P101 - P104, P107 - P111 100番台 100番台 100番台 100番台
P105・106 100番台 200番台 100番台 100番台

番台区分[編集]

広告車両については別に記述する。

0番台[編集]

基本番台。車両両端部以外の座席がすべて転換クロスシートとなっている[10]。1989年(平成元年)にPM1-P4、1990年(平成2年)にP5-P15、1991年(平成3年)にPM16、1992年(平成4年)にPM17の4両編成合計17本が製造されたが、PM2編成は2002年(平成14年)に列車衝突事故により電動車2両が大破し、復旧されることなく制御車付随車も含めてすべて廃車された[10]九州鉄道記念館にある本系列の運転シミュレーターはこの事故の廃車体を流用している。

PM17編成の座席仕様は次節の100番台と同一である。

100番台[編集]

100番台

1992年7月15日ダイヤ改正を前に製造されたマイナーチェンジ車である。扉寄りにある座席が固定式に変更したことで扉周辺の空間が拡がり混雑時の乗客の流動が改善され、定員が増加したが、座席数は変更されていない[11]。またつり革も増設され[11]、0番台より座席の厚みが薄くなった。

同改正までにPM101 - PM109の4両編成9本が製造され、1993年(平成5年)3月18日ダイヤ改正前にPM110, PM111の4両編成2本が増備された。

PM105, PM106編成はサハ811形200番台を組み込んでいるが、これについては次節で述べる。

サハ811形200番台[編集]

サハ811-201。写真手前の車端部にトイレがある

サハ811形のみの番台区分で、201, 202の2両が存在する。団体臨時列車や臨時急行列車などの長距離運用に使用することを考慮して車端部にトイレを設置している[11]。その関係で定員は140人で座席定員は52名に減っているが、その他の構造は他車と同一である。201はPM105編成、202はPM106編成に組み込まれ、この2本はクハ810形と合わせて編成中に2箇所のトイレを有する[11]。そのため、サハ811-105, 106は存在せず、PM107以降はサハ811-107のように編成番号と車両番号は一致している。

リニューアル車(1500番台改番)[編集]

新造から30年弱が経過し、機器の老朽化等によりリニューアル工事が計画され、2016年7月に入場したPM4編成に対し、小倉総合車両センターにて、大規模リニューアルが行われた[12][13]

制御装置等がすべて刷新し、サイリスタ位相制御+直流電動機から、JR九州では初となる、日立製SiCハイブリッドモジュールを採用した主変換装置+誘導電動機に変更され[13]、給電装置もシングルアーム式パンタグラフに変更された。ブレーキも未装備だった回生ブレーキを搭載し[12]、車内照明のLED化により、徹底的な省電力化が行われた。結果、811系従来車に対し3割の消費電力削減[13]、415系と比較して消費電力が半分程度と、省電力化に成功した。

デザイン監修は水戸岡鋭治「Old is New ~伝統と革新の電車~」のコンセプトのもと、従来のデザインを大きく変えたデザインとなった[13]

車体は前面白色・側面ステンレス無塗装を維持しつつも、前面貫通扉および側面にはJR九州の近郊系・通勤形で定着したCTロゴを新規に配し、側面帯は、青一色に白線および、白抜き文字で"Commuter Train 811"と表記され、811系では表記されていなかった英字社名も追加されている。これらは、従来の帯やCTロゴとは異なり、切手様の縁取りがされている[13]。また、運転台窓の赤い"■NEW RAPID TRAIN811"のロゴも、青い"Commuter Train 811"ロゴに変更されている[13]

305系につづく、フルカラーLEDを使用した方向幕に交換されている。

車内はラッシュ時の混雑が激しくなってきたためにロングシートへ変更され、座席生地は「博多織や小倉織などのような九州の伝統的な織物」[14]をイメージしたデザインの青いモケット(優先席のみ赤いモケット)となった[13]。照明も同様にLEDに変更され、環境にやさしい設計となっている[13]。この他、窓ガラスのカーテンを撤去しスモークガラスに変更、813系1100番台同様に連結部の仕切り戸にシリンダー取り付けや、乗降ドアにチャイムとランプ設置とガラスとボディーとの隙間を平らにする加工、LEDスクロール式案内表示器を設置、トイレの洋式化と向かい側に介助者用のジャンプシート付の車椅子スペース配置、吊革の増設も施されている。

リニューアル第1号はPM1504編成となり、2017年3月31日に本線試運転並びにデータ収集のため小倉工場を仮出場した[15]。南福岡〜肥前浜間での本線試運転を繰り返した後再度入場し、4月15日に本出場した。なお、4月27日より営業運転が開始された。

2024年までに、全27編成でリニューアルされる予定である[13][14]。改造費用は27編成で81億円[12]

広告車両[編集]

スペースワールド号(PM11)[編集]

スペースワールド色(第2次) 車内の様子(モハ811)
スペースワールド色(第2次)
車内の様子(モハ811)

PM11編成はスペースワールドPR車両として落成し、ラッピングのまま甲種輸送で近畿車庫をより出場した。当初、車体には水色の帯が全体にわたって配され、側面中央には「スペースワールド」のロゴが描かれた。スペースワールドのテーマに沿って宇宙空間をイメージした車内としており、座席はパイロットシートに似せた背もたれの高いダークブルーの転換クロスシートとし、荷物棚の色が青色であること、壁に小型の壁灯を設置しているのが特徴である。

1996年(平成8年)秋にリニューアルされ、側面はロゴの代わりに「スペースワールド」のマスコットキャラクターなどのステッカーが貼付され、前頭部は白色から赤色に変更され、座席モケットも張り替えられた。また、"■NEW RAPID TRAIN811"のロゴは、白字で貫通幕に張られた。

当初は快速「スペースワールド号」に優先的に使用されていたが、当列車が消滅したことにより、他の編成と共通運用となった。

2009年1月に標準色に戻されて小倉工場を出場し、スペースワールド色は消滅した[16]。 ただし、内装の変更はされていない[10]

三井グリーンランド号(PM8・9)[編集]

三井グリーンランド色 (PM9)

1995年7月三井グリーンランドのPRを目的に外装が変更された。対象編成はP8・9編成で、車体全体に緑色の帯が配され、「三井グリーンランド」のPRステッカーが貼付された。内装は変更されていない。

排障器の色は外装変更の時点から両編成とも緑色だったが、P 9は排障器を強化型に交換した際に灰色となっている(2007年3月現在。右の写真とは逆)。現在はP 8も強化型の排障器に交換されているが、こちらは緑色とされた。車外スピーカー取付工事については後述する。

当初は快速「三井グリーンランド号」に優先的に使用されていたが、当列車が消滅したことにより、他の編成と共通運用となった。2007年7月に「グリーンランド」に名称変更された際、2編成とも車体側面の緑色の帯を廃し従来のオリジナルの塗装に戻され、広告・イラストステッカーも撤去された。ただし側面戸袋部の「NEW RAPID TRAIN 811」ロゴは存置された。P 9編成のみ先頭車前面下部の緑色の帯がそのまま残っていたが、2009年に消され完全に原色に復元された。

日本テレコム広告車両(PM101)[編集]

2006年、P101編成に日本テレコム(現・ソフトバンクテレコム)のラッピング広告を施したもの。福岡ソフトバンクホークスの選手(順番に鳥越裕介斉藤和巳松中信彦杉内俊哉)が描かれていた。運用は他編成と共通で2007年にラッピングが撤去され、元の塗装に戻っている。

門司港レトロ号(PM8)[編集]

門司港レトロラッピング(PM8)(前4両)

九州鉄道記念館の開館5周年を記念し、P8編成にラッピングを施したもので、2008年3月29日から運行されている[17]。主に九州鉄道記念館をはじめとする門司港レトロ地区の建物のイラストが描かれている。運用は他の編成と共通である。2013年8月からは同年8月9日に九州鉄道記念館が開館10周年を迎えた事を記念して、九州鉄道記念館10周年記念のラッピングが施されている[2][10]。ラッピングには主に九州鉄道記念館に展示してある列車や門司港地区の観光名所などが描かれている。10周年記念セレモニーでは隣接する電留線にて展示された[18]

その他の広告車両[編集]

上記の他にも、どーもくんCATS(P1編成に黒帯が塗装された)、ドラえもん のび太の恐竜2006ポケモンシリーズなど期間限定で広告ペインティング・ラッピングが施される事例がある。

現況[編集]

運用[編集]

2015年現在、以下の路線で運用されている[19]

鹿児島本線門司港駅 - 荒尾駅間の快速列車・普通列車としての運用が大半を占めているが、朝夕のみ日豊本線や長崎本線での運用も存在する[19]。過去には臨時急行「ひのくに」の運用末期(1993年ごろ)において、小倉駅・博多駅 - 熊本駅・八代駅間での急行列車としての運用に充てられたこともある。

日豊本線での運用の南限は、宇佐までだが、以前は佐伯までの運用も存在していた[20]。2016年には大分地区で代走営業運転した実績がある[21]

かつては佐世保線でも定期運用が存在していた[22]。一方、長崎駅へは定期運用では入線したことがないが、臨時列車「旅博ながさき号」として入線したことがある。また、八代駅まで、イベント時に臨時列車として入線することがある。

また、九州新幹線部分開業前の試乗会において、新八代駅のアプローチ線と在来線対面接続ホームに、813系と連結して入線した実績もある。

小規模な改造工事など[編集]

2008年現在では、全編成の排障器が813系と同様の乗務員室昇降ステップ組込み大型に交換されている。一部の編成では客室側窓の一部固定化改造も施工されているが、落成当初から扉間の中央と車端部以外の側窓が固定式とされている813系と異なるのは、車端部から一箇所おきに固定式とされている点である。

2005年(平成17年)春以降、車外スピーカーの設置が進められている。 また、落成当初はドア周辺のみであったつり革がドア間の座席部分にも増設されている。これに伴い干渉する一部の吊り広告枠が移設された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 九州鉄道記念館811系シミュレータ開発記2”. 音楽館. 2011年10月19日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ a b c 「811系」、『普通列車年鑑 2015-2016』、イカロス出版、2015年8月、 102頁、 ISBN 978-4-8022-0030-1
  3. ^ a b c d 大隈 信彦「快速列車の新しい仲間I JR九州811系交流近郊形電車」『鉄道ファン』1989年9月号(通巻341号)p.51-55
  4. ^ a b c 鉄道ダイヤ情報, p. 20.
  5. ^ 電気車の科学 '89年10月号 「JR九州811系近郊電車」 九州旅客鉄道㈱運輸部車両課 立石祐輔
  6. ^ 電気車の科学 '89年10月号 「JR九州811系近郊電車」 九州旅客鉄道㈱運輸部車両課 立石祐輔
  7. ^ a b c d 諸星幸信、千崎文雄「JR在来線交流電車用電機品 (PDF) 」 、『富士時報』第62巻第8号、富士電機1989年
  8. ^ 電気車の科学 '89年10月号 「JR九州811系近郊電車」 九州旅客鉄道㈱運輸部車両課 立石祐輔
  9. ^ 九州を走る省エネ車両(JR九州環境報告書2016) - JR九州
  10. ^ a b c d 鉄道ダイヤ情報, p. 21.
  11. ^ a b c d 鉄道ダイヤ情報, p. 22.
  12. ^ a b c JR九州「811系」リニューアル - 西日本新聞(2017年4月27日朝刊)
  13. ^ a b c d e f g h i 811系リニューアルして運行開始!(PDF) - 九州旅客鉄道(2017年4月25日。同日閲覧)
  14. ^ a b 初代車両リニューアル 通勤・通学用811系 - 毎日新聞(2017年4月26日付朝刊および電子版。同日閲覧)
  15. ^ 811系リニューアル車が試運転を実施 - railf.jp(2017年4月5日。)
  16. ^ 811系スペースワールド色が消滅”. 『鉄道ファン』鉄道ニュース(交友社) (2009年1月28日). 2012年10月16日閲覧。
  17. ^ 811系にラッピングトレイン「門司港レトロ号」”. 『鉄道ファン』鉄道ニュース(交友社) (2008年4月6日). 2012年10月16日閲覧。
  18. ^ 811系PM8編成に九州鉄道記念館10周年ラッピング”. 交友社 (2013年8月11日). 2015年12月24日閲覧。
  19. ^ a b 『普通列車年鑑 2015-2016』、イカロス出版、2015年8月、 147 - 148頁、 ISBN 978-4-8022-0030-1
  20. ^ 811系が佐伯まで乗入れ”. 『鉄道ファン』鉄道ニュース(交友社) (2009年3月17日). 2012年10月16日閲覧。
  21. ^ 【JR九】811系PM9編成が大分地区で代走 - RM News (2016年8月22日。2016年8月24日閲覧)
  22. ^ 臨時快速「有田陶器市号」運転の際には入線する。

参考文献[編集]

  • 『鉄道ダイヤ情報』第346号、交通新聞社、2013年2月。
  • 『レイル マガジン』第406号、NEKO PUBLISHING

関連項目[編集]