京阪10000系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
京阪10000系電車
京阪10000系電車 (2017年5月23日)
京阪10000系電車
(2017年5月23日)
基本情報
運用者 京阪電気鉄道
製造所 川崎重工業
製造年 2002年 - 2006年(新造車)
製造数 新造24両 + 改造編入6両
(2017年現在)
運用開始 2002年4月15日
主要諸元
編成 4両編成・7両編成
軌間 1,435 mm
電気方式 直流1500V架線給電
最高運転速度 110 km/h
設計最高速度 120 km/h
起動加速度 2.8 km/h/s
減速度(常用) 4.0 km/h/s
減速度(非常) 4.3 km/h/s
編成定員 540名
車両定員 先頭車130人・中間車140人
編成重量 109.5 t
全長 先頭車 18,900 mm
中間車 18,700 mm
全幅 2,780 mm
主電動機 かご形三相誘導電動機
主電動機出力 200 kW
駆動方式 TD継手平行カルダン式 KD506-C-M
歯車比 85:14 (6.07)
編成出力 1,600 kW
制御方式 IGBT素子VVVFインバータ制御
制御装置 ATR-H4200-RG678A
制動装置 全電気指令式回生ブレーキ優先電磁直通ブレーキ HRDA-1
保安装置 K-ATS(出町柳 - 淀間・宇治線)
京阪型速度照査ATS
備考 4両編成は都市型ワンマン運転に対応
テンプレートを表示
準急ひこぼしの運用につく旧塗装の10000系(萱島駅にて)

京阪10000系電車(けいはん10000けいでんしゃ)は、2002年平成14年)4月15日に営業運転を開始した京阪電気鉄道通勤形電車

投入の経緯[編集]

本系列は、老朽化が目立ってきた1900系2600系0番台の置き換えおよび将来の支線でのワンマン運転の実施を目的として投入された。まず、2002年3月から4月にかけて4両編成3本が製造された。続いて、2006年4月16日のダイヤ改正に合わせて、4年ぶりの増備車である第4 - 6編成が投入された。この増備車は、一部の装備が2002年に製造された車両とは異なっている。2002年製造車からの主な変更点は後述の車内灯カバーの省略の他に、側面窓枠が黒色になり、側面扉の引手が片側だけになった[1]

投入以来、主に支線である宇治線交野線で運用され、2007年9月22日からは交野線で、2013年6月1日からは宇治線でワンマン運転が実施されている。本線での営業列車は、2006年4月16日のダイヤ改定で設定がなくなり、その後2009年9月12日のダイヤ改定で平日深夜に復活したものの、2011年5月28日のダイヤ改定で消滅した。

当系列が2006年までに24両製造された後、新車として投入される車両は2代目3000系[2]および当系列をベースに3000系の意匠も取り込んだ13000系に移行しており、6000系から続いた大型非常扉を採用した車両は当系列が最後となっている。

一方で、2016年には、7200系9000系から抜かれた中間車が当系列に編入の上で組み込まれて7両編成化された編成もあり、京阪本線での運用も復活している。

製造[編集]

←京都                    大阪→
形式 10000 10500 10650 10050 竣工
区分 Mc T T Mc
車両番号 10001 10501 10651 10051 2002年3月
10002 10502 10652 10052 2002年4月
10003 10503 10653 10053 2002年4月
10004 10504 10654 10054 2006年3月
10005 10505 10655 10055 2006年4月
10006 10506 10656 10056 2006年5月

車体[編集]

  • アルミ製で7200系をベースにしているが、バリアフリー化を進めるため床面を20mm下げている。この際台枠を20mm薄くすることで対応したため、台枠の強度確保のため車体裾部の絞り込みを廃止した。また一方で、屋根高さを10mm上げたため出入り口高さは7200系と比較して30mm高い1850mmとなっている。先頭車の前面形状は7200系や9000系と同一である。最高速度は120km/h(運用上は110km/h)、起動加速度は2.8km/h/sである。
  • 外板塗色は、従来の緑の濃淡のツートンカラーから45年振りに変更され、青緑の「ターコイズグリーン」一色となった。また運転台次位の窓上にメタリックシルバーで「KEIHAN」のロゴを入れた。なお、2008年より始まった塗色変更により他の通勤車と同じ塗色となった(後述)。

機器[編集]

  • 台車 - 1次車は動力車は川崎重工製のKW-77D・付随車は住友金属工業(現・新日鐵住金→日本製鉄)製のFS-517E、2次車は川崎重工製のKW-77Dに統一された。車輪はすべて防音車輪を採用して騒音低減を図っている。
  • 空調装置 - 6000系以来、連続形のクーラキセ内に3台のユニットクーラを搭載していたが、これに代わってそれぞれ独立したクーラキセ内にクーラを設置している。これにはコストと保守の削減のほかに、混雑する出入り口部を避けてクーラの吸気口を配置できるというメリットがある。
  • 制御装置 - 東洋電機製造製の「ATR-H4200-RG678A」でIGBT素子によるVVVFインバータ制御が採用された。IGBT素子インバーター制御は京津線用としては800系で採用実績があるが、京阪線用としては初採用となった。なお、800系は全電動車方式で1C8M (8個のモーターを1つのコントローラーで制御)に対して10000系では1C2M2バンク (2モーターを1つのコントローラーで制御する回路を2つを一纏めしたもの) 方式が取られている。これは編成中の電動車 (M) と付随車 (T) の両数は2M2T ( Mc-T-T-Mc ) であるため、一つの制御回路が故障しても勾配区間で立ち往生することがないようにと考えられた。
  • ブレーキ - 6000系2次車以降標準の「回生ブレーキ優先全電気指令式電磁直通ブレーキ (HRDA-1) 」が採用され、2200系発電ブレーキ車に比較すると45%の電力削減となり、省電力化が図られている。10004F - 10006Fには京阪で初めてタイヤフラット防止装置を試験的に導入した。
  • 編成中に異なる電源方式のコンプレッサー(空気圧縮機)を搭載している点も本系列の特徴の一つである。これは編成中に三相交流電源となるSIV(静止型補助電源装置)が1台のみの搭載で、編成中に2基あるコンプレッサーの双方とも三相交流式にするとSIVが故障した際にドアエンジンや空気ブレーキ用の圧縮空気が供給されなくなるため、あえて1基を1900系に使われていた直流式を採用した。
  • リサイクルパーツ - 1次車では、1900系のHB1500B形コンプレッサー(1900系のコンプレッサーは昇圧工事時に全車DH25から新製のHB1500Bに交換されており経年が浅かった)や2600系のPT-4805A-Mパンタグラフ、汎用品のヒューズ箱、棒連結器からタイフォンに至るまで廃車発生品や予備パーツの見直しによる発生品を流用してコストダウンを図ったが、2次車はほぼすべて新造品となっている。ただし、2次車のコンプレッサーに2600系のものが使われている編成もある。

内装[編集]

車内の様子(2017年1月29日撮影)
車内の様子(2017年1月29日撮影)
10053 運転台(2017年1月29日撮影)
10053 運転台(2017年1月29日撮影)
  • 基本的に7200系に準じたロングシートとなっている。座席は7200系・9000系および5000系更新車は背面が緑、座面が青の2色シートであったが、本系列では紺色に近い青色一色となった。これはシートモケットに耐久性があり価格も安くリサイクル可能なポリエステルを採用されたためである(5000系・7200系も、10000系のモケットに順次交換されたが、後に再度交換されている) 。
  • LED案内表示器は中之島線開業への対応のため、マップ式表示ではなくスクロール表示のみとした。なお、7200系・9000系・5000系も全車この仕様に変更している。
  • 窓ガラスはUVカットガラス (カット率90%) とされ、ドアガラスも複層ガラスとしている。なお、2次車の10004F以降の室内灯は難燃性基準の改正により蛍光灯カバーが省略された。
  • 側窓は、コスト低減と利用客の使用頻度が低かったことを理由に、7200系・9000系で採用されていたパワーウインドウを廃止するとともに、扉間の側窓は固定窓とされた。
  • エアコンは、代替フロンR407Cを使用したフルオートエアコンを採用して車内環境の快適化を図った。
  • 扉部分のつり革がはね上げ機構を省略した短いタイプとなる。はね上げ機構がないのは7000系以来である。

ワンマン運転への対応[編集]

ワンマン運転を実施することを見据えて自動車内放送装置を準備工事としていたが、これについては2007年夏以降で本工事を実施した。実施済み列車は開扉予告放送のフレーズが「左(右)側のドアが開きます」から「左(右)側のとびらを開けます」に変更されている。ワンマン表示は日本では希少である英文表示「Conductorless」を併記したものである。この表示は跳ね上げが可能であり、他の路線で使用される場合や、交野線でも早朝のツーマン運転の場合、および回送の際にはワンマン表示は跳ね上げられる。なお、自動放送は交野線・宇治線普通列車の放送のみの収録であり、他線での運用の際は自動放送を使用しない。また、10001Fは後述の7両編成化の際にワンマン運転装置を撤去している。

2002年の営業運転開始直後にワンマン運転時の使用を想定した「中書島宇治」「枚方市私市」の行先幕を表示して運行したが、誤乗が相次いだことにより、数日で通常の表示に戻された。しかし、交野線については2007年9月22日からワンマン運転を行うにあたり、同年8月1日より「枚方市⇔私市」[3]の表示を復活させた。宇治線でも2013年6月1日以降のワンマン運用の際は「中書島⇔宇治」を表示している。

新塗装化[編集]

2008年4月15日、京阪は本系列を含む大津線・鋼索線以外の車両の塗色を2012年度までに新塗色に変更するとともに、未塗色変更車を含めての新CIロゴの貼付を行うと発表した[4]2009年7月27日に、10004Fが、本系列で初めての新塗色編成となった。その後、他の編成の新塗色化も進み、10006Fの新塗色化により、本系列の新塗色化は終了した[5]。この結果、本系列で採用されたターコイズグリーン一色の塗色は登場から8年で消滅した。また、車両番号のフォントがFrutigerに変わり、全ての編成が新ロゴの「KEIHAN Keihan Railway」に貼り替えられた。

7200系・9000系からの編入[編集]

7両編成化された10001F
7両編成化された10001F
7200系(7301)から改造された10101号車
7200系(7301)から改造された10101号車

2016年に7200系の7301が10101に、9000系の9601・9602がそれぞれ10701・10751に改番されたうえで10001Fに編入、2017年に7200系の7302が10102に、9000系の9603・9604がそれぞれ10702・10752に改番されたうえで10002Fに編入され、7両化された[6][7]。また、同時に10651は10551に、10652は10552に改番された。従来の10000系と7200系・9000系からの編入車との間では車体やクーラーの形状が異なっている。7200系7301・7302の制御装置はGTO素子のVVVF装置であったが、10000系への改造に合わせてIGBT素子のVVVF装置に交換されている。なお、10001F・10002Fでは7両化の際にワンマン運転機器を撤去している。

10000系(カッコ内は旧車番)
 
形式 10000
10500
10700
10100
10750
10550
10050
区分 Mc T T M T T Mc
車両番号 10001 10501 10701
(9601)
10101
(7301)
10751
(9602)
10551
(10651)
10051
10002 10502 10702
(9603)
10102
(7302)
10752
(9604)
10552
(10652)
10052

運用[編集]

当初から主に宇治線交野線で運用された。2008年10月の運用改定後は基本的に交野線専用となったが、2013年6月1日から宇治線でもワンマン運転が開始されたため、これ以降は13000系の4両編成と共通運用となり、13000系の交野線運用が増え、本系列は宇治線でも定期運用されるようになった。当系列の本線での営業列車は、平日朝に設定されていた1往復の運用が2006年4月16日のダイヤ改定でなくなったことで、イベント時を除きなくなった(回送列車のみの設定)が、2009年9月12日のダイヤ改定で平日深夜に1往復のみ復活した。当系列が使用されるのは、中之島発の快速急行「ひこぼし」の1本と、その前の運用の区間急行1本であった。しかし、2011年5月28日のダイヤ改定で当系列による本線での定期営業列車は再び消滅した[8]。先述のとおり、2016年に10001Fは7両化され、同編成は2016年3月16日から本線での定期営業列車に再び使用されるようになった。また10002Fも7両化され、本線で運用されている。本線用は7両編成のため原則特急運用に充当されることはないが、8000系が2016年から2017年にかけてプレミアムカー改造のため7両編成で運用されていた時期には、8000系の運用の状況によって7両編成が定期運用の特急運用に入ることがあった[9]

組成表[編集]

2018年4月1日現在[10]

7両編成
← 出町柳・私市・宇治
淀屋橋・中之島 →

形式 10000形 10500形 10700形 10100形 10750形 10550形 10050形 備考
区分 Mc T T M T T Mc
車両番号 10001 10501 10701 10101 10751 10551 10051 2016年2月17日 7両化[10]
10002 10502 10702 10102 10752 10552 10052 2017年4月24日 7両化[10]
4両編成
← 出町柳・私市・宇治
淀屋橋・中之島 →

形式 10000形 10500形 10650形 10050形 備考
区分 Mc T T Mc
車両番号 10003 10503 10653 10053
10004 10504 10654 10054
10005 10505 10655 10055
10006 10506 10656 10056

その他[編集]

特別塗色・ラッピングなど[編集]

京阪電気鉄道10000系(10001F e-kenet PiTaPa Train、中書島駅にて)
京阪電気鉄道10000系(10001F e-kenet PiTaPa Train、中書島駅にて)
10006F (星のまち 枚方・交野 キキ&ララトレイン)
10006F (星のまち 枚方・交野 キキ&ララトレイン)
  • 2002年7月には立命館宇治高等学校校舎移転による小型の広告が10001Fに貼り付けられ、ヘッドマークも装着されていた。
  • 2002年11月にはGOGO! トレインの発売をPRをするヘッドマークが10001Fに装着された。
  • 2003年8月から9月まで10001Fはダイヤ改正の告知の広告が貼付されていた。
  • 2004年7月28日から2005年3月1日まで10001Fはe-kenet PiTaPaのラッピングが施された「e-kenet PiTaPa train」として運行されていた。
  • 10003Fは2006年7月29日より2007年1月25日にかけて「きかんしゃトーマスとなかまたち」ラッピングとなり、初日には特別に運用変更で本線区間急行で運用した(一部時間帯のみ)。
  • 10001Fは2011年3月19日より2012年3月31日にかけて「きかんしゃトーマスとなかまたち」ラッピングとなった[11]
  • 10006Fは2013年3月2日より2014年3月23日の予定で「きかんしゃトーマスとなかまたち」ラッピングとなった。さらに夏頃にはキャラクターの投票により1位となったキャラクターのラッピングが登場する予定となっている。また車内装飾がされ、10時から16時に運用される列車では、トーマスの声優を務める比嘉久美子の録音による車内自動放送に変更される[12]
  • 10005Fは2014年4月3日から2015年3月31日の間、宇治・伏見観光キャンペーン「宇治・伏見、水と歴史の、まちめぐり。」の一環として、特別ヘッドマークと宇治・伏見の名所旧跡をデザインしたイラストステッカーを装飾して運転した。昼間時(始発駅を10時から15時59分までに発車する列車)の車内アナウンスを朝日放送アナウンサーの三代澤康司が自動放送にて担当し、沿線の名所旧跡などを案内した。
  • 10006Fは2016年7月2日から10月30日の間、「リトルツインスターズ」と枚方市産業振興キャラクターである「ひこぼしくん」と交野市産業PRキャラクターである「おりひめちゃん」がラッピングされた車両による「星のまち 枚方・交野 キキ&ララトレイン」の運行が行われている[13]

臨時列車等[編集]

  • 2006年1月4日には車両故障によるダイヤ乱れにより、10001FがK特急「おりひめ」の1本に充当された。4両のK特急運用はこれが初めてである。
  • 2006年8月10日には宇治川花火開催に伴う運用変更で準急「ひこぼし」の運用に2本入った(10002F・10005Fが充当)。そのうち1本は「ひこぼし」での折り返し前に本線区間急行に充当されている。
  • 2006年10月22日には、天満橋駅で開催された鉄道の日イベント開催に伴うアクセス列車として10003Fを使用した臨時K特急「おりひめ」が私市 → 天満橋間で運転された。土曜・休日のK特急運用はこれが初めてである。「おりひめ」のヘッドマークとともに「鉄道の日」のキャラクター「テッピー」副標識を付けての運転となった。天満橋到着後は同じく「きかんしゃトーマスとなかまたち」ラッピングとなった7203Fとともに展示され、展示後は特別に運用変更で本線区間急行で運用された。
  • 2006年11月19日にも10003Fによりファミリーレールフェア直通臨時列車で天満橋から寝屋川車庫まで運行し、約1か月ぶりに本線を走行した。
トーマスラッピングラストランより 臨時特急おりひめで運用中の10000系(2007年1月21日 野江駅にて撮影)
  • 2007年1月21日には「きかんしゃトーマス」ラッピング電車ラストランとして10003Fを使用した臨時列車が運転された。特に、宇治始発の天満橋行は宇治快速以来のことであり、また特急が新停車駅になってからは初めてのこと、宇治線での特急設定は臨時ながらも初であったため、多くのファンが撮影などに押しかけた。ただし、停車駅は宇治快速時代と異なり、宇治線内は各駅に停車していた。
  • 2007年8月10日には宇治川花火開催に伴う運用変更で準急「ひこぼし」の運用に1本入った(10001Fが充当)。
  • 2008年7月7日には「七夕伝説」イベントに伴う「おりひめ」「ひこぼし」の出逢いとして、10001Fに「おりひめ」のヘッドマークを取り付け、準急「ひこぼし」に充当された1929Fと共に、私市駅で19:04 - 19:07の3分間「おりひめ」「ひこぼし」の並びが演出された。この「おりひめ」ヘッドマークは、通常のK特急としては運転されなかった代わりに、交野線内の普通列車1往復に取り付けたため、通常の「直通K特急 私市 → 淀屋橋」の表記を、「七夕伝説 枚方市⇔私市」と差し替えた、7月7日限定の特別のものであった。
  • 2011年3月19日には「きかんしゃトーマス」ラッピング電車運行開始記念として10001Fを使用した臨時快速急行が中之島 → 私市間で、臨時普通が私市 → 枚方市間でそれぞれ運転された。土曜・休日の交野線直通快速急行運用はこれが初めてである。
  • 2011年5月5日には「きかんしゃトーマス」ラッピング電車の10001Fを使用した臨時快速急行「私市ハイキング号」が中之島 → 私市間で、臨時普通が私市 → 枚方市間でそれぞれ運転された。「私市ハイキング号」は約9年ぶりの運転となった(ただし当時の名称は「きさいちハイキング号」)。
  • 2011年7月9日には「きかんしゃトーマス」ラッピング電車の10001Fが宇治線で運用された。
  • 2013年6月15日・16日には宇治線開業100周年記念イベントに併せて「きかんしゃトーマス」ラッピング電車の10006Fが宇治線で運用された。

履歴[編集]

予算区分 編成番号 竣工日 運用開始日 ワンマン化改造 ABS取付 粘着剤噴射装置取付 新塗色化
2001年度分 10001F 2002年3月18日 2002年4月15日 2007年7月31日 2009年9月9日
2002年度分 10002F 2002年4月19日 2002年4月24日 2007年7月27日 2009年12月2日
2002年度分 10003F 2002年4月25日 2002年4月27日 2007年7月24日 2010年2月26日
2005年度分 10004F 2006年3月27日 2006年4月15日 2007年7月23日 2006年3月27日 2009年7月27日
2006年度分 10005F 2006年4月28日 2006年5月3日 2007年7月25日 2007年3月5日 2010年1月25日
2006年度分 10006F 2006年5月19日 2006年5月23日 2007年7月26日 2007年3月15日 2007年3月15日 2010年4月23日

その他の改造工事[編集]

2015年度には、一部の編成でヘッドライトのLED化が施工された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『京阪電車』 JTBパブリッシング 清水祥史 139頁
  2. ^ 2008年に製造された2代目3000系は主に快速急行や特急など優等列車に重点的に運用されており、京阪でいうほかの「一般車」とは性格が大いに異なる。
  3. ^ ただし2008年の幕交換以降は行先幕の様式が異なっている。
  4. ^ 実際の塗装変更の完了は、予定より若干遅れた2013年6月となった。
  5. ^ 京阪10000系全編成が新塗装に - 鉄道ファン railf.jp 2010年4月29日
  6. ^ 京阪10000系10001編成が7連化されて試運転 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2016年2月18日
  7. ^ 京阪10000系第2編成も7両編成化される - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2017年4月25日
  8. ^ 再び回送列車のみとなったが、2009年以前と異なり、土曜・休日深夜に中書島 - 三条 - 淀という変則的な回送列車が設定された。
  9. ^ 京阪10000系10002編成が特急運用を代走 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2017年8月20日
  10. ^ a b c ジェー・アール・アール編『私鉄車両編成表 2018』交通新聞社、2018年、138頁。
  11. ^ 今年もまた会える!交野線と大津線で「きかんしゃトーマス号2011」を運転します&今年は交野線が“きかんしゃトーマスとなかまたち”でいっぱいに! (PDF, 80.5 KiB) 2011年2月17日、京阪電気鉄道
  12. ^ 3月2日(土)から「きかんしゃトーマス号2013」の運転を開始します! 今回は4編成が登場&うち1編成のメインキャラクターは投票で決定! (PDF) 2013年2月18日、京阪電気鉄道
  13. ^ 星のまち枚方・交野 キキ&ララ トレイン”. 京阪電気鉄道株式会社. 2016年8月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • 福島温也「京阪電気鉄道 現有車両プロフィール 2009」、『鉄道ピクトリアル2009年8月臨時増刊号』第822巻、電気車研究会、2009年8月 266 - 268頁。

外部リンク[編集]