京阪30型電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
京阪30型電車
基本情報
運用者 京阪電気鉄道
製造所 東洋車輌梅鉢鉄工所日本車輌製造
製造年 1925年 - 1928年
製造数 12両
改造所 ナニワ工機
改造年 1950年
廃車 1965年 - 1968年
投入先 大津線京津線石山坂本線
主要諸元
編成 1両→2両編成
軌間 1,435 mm
電気方式 直流600 V
架空電車線方式
車両定員 60人(着席28人)(改造後)
66人(着席30人)(改造後:32、34、36)
車両重量 23.8 t(261 - 273)
23.5 t(274 - 280)
全長 10,110 mm(登場時)
10,452 mm(改造後)
10,562 mm(改造後:32、34、36)
全幅 2,280 mm(登場時)
2,345 mm(改造後)
全高 4,000 mm
車体高 3,196 mm
車体 半鋼製
台車 住友 ST-18
車輪径 690 mm
動力伝達方式 吊り掛け駆動方式
主電動機出力 37.5 kw(新造時)
45 kw(改造後)
出力 75 kw(新造時)
90 kw(改造後)
定格速度 25.1 km/h
定格引張力 1,320 kg/h
制御装置 間接非自動制御(改造後)
制動装置 電空併用ブレーキ
備考 主要数値は[1][2][3][4]に基づく。
テンプレートを表示

30型[注釈 1]は、かつて京阪電気鉄道京都府滋賀県の路線網である大津線京津線石山坂本線)向けに所有していた電車路面電車車両)である[1][2][4]

概要・運用[編集]

「逢坂の関」を越え京都大津を結ぶインターアーバンとして1910年に開通した京津電気軌道は1924年に京阪電気鉄道に吸収され、京津線となった。その翌年の1925年から、京津電気鉄道開業時から使用されていた1型の置き換え用として製造された、京津線初となる半鋼製車両が30型である[1][6][2]

車体長は10 m級で、京津電気軌道時代に導入された20型と同様のボギー車であったが、オープンデッキであった20型とは異なり車端に2枚引き戸が設置され、屋根も二重屋根から丸屋根に変更された。また台車は車輪径690 mmの住友ST-18形を採用し、併用軌道区間からも乗降が容易なよう低床化が図られた。集電装置は廃車までポールを用いた。計12両が製造されたが、そのうち「42」については1930年に「43」への改番が行われた[1][7]

製造後は京津線の普通列車として使用されたが、1949年に発生した四宮車庫の火災により5両が被害を受けた。翌1950年ナニワ車輌で復旧工事を受けたが、その際に損傷を免れた他車も含めて片運転台化が行われた他、乗降扉の高床プラットホームへの対応工事、自動ブレーキの搭載などの改造を受け、以降は2両固定編成で使用された。また火災から復旧した一部の車両(32、34、36)については車体長が窓1つ分長く、定員数も多かった。この30型から始まった「2両編成」は、以降の大津線(京津線、石山坂本線)における編成の標準となった[注釈 2][1][2][4][9]

改造後は車体の上半分がマンダリンオレンジ、下半分がカーマインレッドという京阪特急色を纏い、京津線の急行列車に用いられたが、1957年以降大津線全体の近代化のため260型の導入が始まった事から、30型は順次石山坂本線へ転属し、塗装も上半分がライトグリーン、下半分がダークグリーンという一般色に変更された。だがその後も300型350型の増備が進んだ結果、1965年から1968年にかけて全車廃車された[2][1][9][10][11]


編成(改造後)[編集]

京阪30型(1963年度[10][12]
車両番号 廃車日
32 31 1967年2月5日
34 33 1968年11月26日
36 35
38 37 1967年2月5日
40 39 1965年11月27日
43 41

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1986年まで京阪電気鉄道では車両形式に「型」という漢字を使用していた[5]
  2. ^ 1970年以降は大津線の全列車が2両編成となっている[8]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 奥田行男, 野村薫 & 諸河久 1981, p. 122.
  2. ^ a b c d e 清水祥史 2017, p. 151-152.
  3. ^ 清水祥史 2017, p. 186.
  4. ^ a b c 朝日新聞社「日本の路面電車車両諸元表(旅客車のみ)」『世界の鉄道 昭和39年版』、1963年、174-175頁。doi:10.11501/2456138
  5. ^ 清水祥史 2017, p. 3.
  6. ^ 奥田行男, 野村薫 & 諸河久 1981, p. 121.
  7. ^ 清水祥史 2017, p. 151.
  8. ^ 飯島巌, 青野邦明 & 諸河久 1986, p. 85.
  9. ^ a b 飯島巌, 青野邦明 & 諸河久 1986, p. 107.
  10. ^ a b 飯島巌, 青野邦明 & 諸河久 1986, p. 177.
  11. ^ 飯島巌, 青野邦明 & 諸河久 1986, p. 8.
  12. ^ 清水祥史 2017, p. 184.

参考資料[編集]

  • 奥田行男、野村薫、諸河久『京阪』保育社〈日本の私鉄〉、1981年8月5日。ISBN 4-586-50541-9
  • 飯島巌、青野邦明、諸河久『京阪電気鉄道』保育社〈私鉄の車両〉、1986年4月25日。ISBN 4-586-53215-7
  • 清水祥史『京阪電車 1号型・「びわこ号」から「テレビカー」・「プレミアムカー」まで』JTBパブリッシング〈キャンブックス〉、2017年8月26日。ISBN 978-4533120817