修善寺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
修善寺駅
北口
北口
しゅぜんじ
Shuzenji
◄IS12 牧之郷 (1.2km)
所在地 静岡県伊豆市柏久保631-7
駅番号 IS13
所属事業者 伊豆箱根鉄道
所属路線 駿豆線
キロ程 19.8km(三島起点)
駅構造 地上駅
ホーム 3面5線
乗車人員
-統計年度-
2,378人/日(降車客含まず)
-2017年-
乗降人員
-統計年度-
4,899人/日
-2017年-
開業年月日 1924年大正13年)8月1日
テンプレートを表示

修善寺駅(しゅぜんじえき)は、静岡県伊豆市柏久保にある伊豆箱根鉄道駿豆線である。駅番号はIS13。駿豆線の終点である。ここから隣接する市や町にバスが出ている。

2014年(平成26年)に、駅舎の建て替えと北口と南北自由通路を新設し、駅舎には土産物屋や観光案内所、駅弁売り場なども設置された[1]

なお、この北口の供用開始後も、バスやタクシーの発着は南口となっている[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

  • 島式ホーム単式ホームの複合型の3面5線のホームを有する地上駅である。有人駅で自動券売機、自動改札機(いずれもTOICASuicaなどには非対応)などの設備がある。
  • 出札口ではJRに直通する乗車券と特急踊り子」の特急券や新幹線特急券の発券を行っている。POS端末マルス端末が設置されており、そのうち乗車券はPOS端末で、特急券はマルス端末で発券される(ただし、踊り子が駿豆線内での料金設定がないため特急券の取り扱いは新幹線在来線いずれも三島駅発のみ)。
  • 特急「踊り子」号は3・4番線から発車する。普通列車は2・3番線の発着が基本だが、3番線に特急列車が停車している場合は5番線、早朝の1本と折り返し回送列車となる列車は1番線も使用する。土曜日の夜間に特急「踊り子」が翌日曜日の運用のために留置される。
  • 列車発車時には電子電鈴から発車ベルが鳴る。このベルはホームの島ごとに音程が異なる。
  • 駅舎の中にセブンイレブンが併設されている。
  • かつては駅構内に機回し線を含めて3本の側線があったが、駅改良工事により機回し線だった線路に5番線ホームが建設され、2012年12月1日より使用開始された。5番線ホームの有効長は3両分であり、普通列車のみが発着できる。残る2本の側線も1本が撤去されている。
  • 駅構内には、伊豆箱根鉄道など西武鉄道グループ各社がタイアップを行っているアニメ作品「ラブライブ!サンシャイン!!」のキャラクターパネルなどが設置されている。また、ライブツアーで実際に使用されたSL型の大型セットが2017年11月21日より展示されている。[3]

のりば[編集]

1 駿豆線普通 伊豆長岡大場三島方面(早朝の1本以外は回送)
2 駿豆線普通 伊豆長岡・大場・三島方面
3 駿豆線普通、特急「踊り子」号 伊豆長岡・大場・三島・熱海小田原横浜東京方面
4 特急「踊り子」号 伊豆長岡・大場・三島・熱海・小田原・横浜・東京方面
5 駿豆線普通 伊豆長岡・大場・三島方面(一部列車のみ)

利用状況[編集]

「静岡県統計年鑑」によると、2004年度の一日平均乗車人員は2,889人、降車人員は3,270人であった。なお、2001〜2003年度の乗車人員は以下の通りである。

  • 3,205人(2001年度)
  • 3,094人(2002年度)
  • 3,050人(2003年度)

駅周辺[編集]

バスのりば[編集]

1番のりば[編集]

No. 経由・行先 運行会社 備考
C10 修善寺駅→修善寺温泉 新東海バス 修10と同区間
修10 修善寺駅→修善寺温泉 伊豆箱根バス C10と同区間
C11 修善寺駅→修善寺温泉→湯舟口 新東海バス

2番のりば[編集]

No. 経由・行先 運行会社 備考
修22 修善寺駅→地蔵堂→筏場新田 伊豆箱根バス
修23 修善寺駅→姫の湯→筏場新田 伊豆箱根バス
修24 修善寺駅→貴僧坊→筏場 伊豆箱根バス
修25 修善寺駅→地蔵堂→筏場 伊豆箱根バス
修26 修善寺駅→上和田橋→入屋 伊豆箱根バス


3番のりば[編集]

No. 経由・行先 運行会社 備考
C30 修善寺駅→戸田 新東海バス
C32 修善寺駅→虹の郷→戸田 新東海バス
C33 修善寺駅→虹の郷 新東海バス
C34 修善寺駅→修善寺ニュータウン→虹の郷 新東海バス
C35 修善寺駅→修善寺ニュータウン→修善寺駅 新東海バス
C38 修善寺駅→修善寺ニュータウン→もみじ林 新東海バス

4番のりば[編集]

No. 経由・行先 運行会社 備考
W30 修善寺駅→土肥温泉→堂ヶ島→松崎 西伊豆東海バス・新東海バス 一部便は本立野経由
W30 修善寺駅→土肥温泉→堂ヶ島→松崎→長八美術館 西伊豆東海バス・新東海バス
W30 修善寺駅→土肥フェリーターミナル→堂ヶ島→松崎 西伊豆東海バス・新東海バス
W38 三島駅→修善寺駅→土肥温泉→堂ヶ島→松崎 西伊豆東海バス 西伊豆特急

5番のりば[編集]

No. 経由・行先 運行会社 備考
C50 修善寺駅→湯ヶ島→昭和の森会館→天城峠→河津駅 新東海バス・南伊豆東海バス
S90 修善寺駅→湯ヶ島→昭和の森会館→天城峠→河津駅→白浜海岸→下田駅 南伊豆東海バス
C51 修善寺駅→修善寺温泉→湯ヶ島→昭和の森会館→天城峠→河津駅 新東海バス
C52 修善寺駅→本立野→湯ヶ島→昭和の森会館 新東海バス
C53 修善寺駅→本立野→湯ヶ島→昭和の森会館→天城の杜 新東海バス
C54 修善寺駅→本立野→湯ヶ島 新東海バス
C55 修善寺駅→本立野→湯ヶ島→湯ヶ島温泉→持越温泉 新東海バス
C56 修善寺駅→本立野→湯ヶ島→湯ヶ島温泉 新東海バス
C58 修善寺駅→本立野→吉奈温泉→湯ヶ島→湯ヶ島温泉→持越温泉 新東海バス
C59 修善寺駅→本立野→吉奈温泉→湯ヶ島→湯ヶ島温泉 新東海バス
C61 修善寺駅→下柿木→柿木大野 新東海バス
C62 修善寺駅→日活ホテル口→下柿木→修善寺駅 新東海バス
C63 修善寺駅→湯ヶ島→昭和の森会館→天城峠→八丁池口 新東海バス 運行日注意

6番のりば[編集]

No. 経由・行先 運行会社 備考
伊豆長岡・修善寺温泉ライナー 修善寺年川車庫→修善寺駅→修善寺温泉→長岡温泉(→三島駅)→池尻大橋→新宿駅西口→バスタ新宿 新東海バス 乗車専用
伊豆長岡・修善寺温泉ライナー バスタ新宿(→三島駅)→長岡温泉→修善寺駅→修善寺温泉→修善寺年川車庫 新東海バス 降車専用
貸切バス

7番のりば[編集]

No. 経由・行先 運行会社 備考
C71 修善寺駅→下尾野口→沢口 新東海バス
C72 修善寺駅→下尾野口 新東海バス
C74 修善寺駅→中伊豆温泉病院 新東海バス
I41 修善寺駅→下尾野口→冷川峠→伊東市民病院→伊東駅 新東海バス・伊豆東海バス

8番のりば[編集]

No. 経由・行先 運行会社 備考
C80 修善寺駅→大仁駅前→浮橋→亀石峠 新東海バス
C80 修善寺駅→大仁駅前→田京駅→浮橋→亀石峠 新東海バス
C84 修善寺駅→大仁橋→熊坂→上大沢 新東海バス
C85 修善寺駅→大仁橋→熊坂 新東海バス

9番のりば[編集]

No. 経由・行先 運行会社 備考
C90 修善寺駅→サイクルスポーツセンター 新東海バス
C91 修善寺駅→競輪学校正門→サイクルスポーツセンター 新東海バス
C92 修善寺駅→競輪学校 新東海バス

10番のりば[編集]

No. 経由・行先 運行会社 備考
修善寺駅→ラフォーレ修善寺入口 新東海バス

11番のりば[編集]

No. 経由・行先 運行会社 備考
貸切バス専用

ギャラリー[編集]

隣の駅[編集]

伊豆箱根鉄道
駿豆線
特急「踊り子 」(三島駅 - 当駅間は快速)
大仁駅 (IS11) - 修善寺駅 (IS13)
普通
牧之郷駅 (IS12) - 修善寺駅 (IS13)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “修善寺新駅舎が完成 伊豆で記念式典”. 静岡新聞 (静岡新聞社). (2014年9月14日)
  2. ^ 超電導き電ケーブルを用いた列車走行実験について (PDF) - 鉄道総研、2015年1月16日閲覧。
  3. ^ ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 2nd LoveLive!「HAPPY PARTY TRAIN TOUR」で使用されたSL模型を展示します!”. 伊豆箱根鉄道ニュースリリース. 2018年5月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]