坂上駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
坂上駅
駅舎(2007年9月)
駅舎(2007年9月)
さかかみ
Sakakami
角川 (4.9km)
(9.9km) 打保
所在地 岐阜県飛騨市宮川町林
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 高山本線
キロ程 166.6km(岐阜起点)
電報略号 サミ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
開業年月日 1933年昭和8年)11月12日
備考 駅員無配置駅
テンプレートを表示

坂上駅(さかかみえき)は、岐阜県飛騨市宮川町林にある、東海旅客鉄道(JR東海)高山本線である。

概要[編集]

岐阜県北部の山間部にあり、2004年に成立した飛騨市の宮川地区に位置する。この宮川地区は飛騨市成立前は吉城郡宮川村で、当時役場などがあり村の中心部であった場所に当駅がある。なお駅名は宮川村の前身の一つ坂上村に由来する。

停車する列車は、高山駅方面と猪谷駅を結ぶ普通列車のみで、高山本線で運行される特急ひだ」は通過している。普通列車は、上下ともに1時間から3時間に1本程度の本数で発着する。また、夜に運行される高山駅発下り最終列車は、当駅で運行を終了する。

駅の開業は1933年(昭和8年)である。当時は国有鉄道の飛越線という路線の終着駅であったが、その翌年に高山本線の中間駅に変更された。国鉄分割民営化ではJR東海に継承され、現在に至っている。

駅近くに宗教団体の世界聖誠会本部があり、 2004年(平成16年)10月に当駅を含む区間が不通となる前は、行事の際に一部の特急「ひだ」が臨時停車していた。2007年(平成19年)9月の復旧以降は停車していない[1]

歴史[編集]

備考[編集]

  • 高山本線は、岐阜駅側から「高山線」として、富山駅側から「飛越線」としてそれぞれ建設された経緯がある。当駅は、このうち飛越線が杉原駅から先に延伸した際、その新たな終着駅として開業した。その翌年の1934年(昭和9年)10月25日には、飛騨小坂駅から高山駅を経由し当駅に至る区間が開業し、高山線と飛越線が一体となり「高山本線」となっている。

駅構造[編集]

ホーム・駅構内[編集]

坂上駅は、ホームが地面に接する地上駅として建設されている。ホームは合計2面あり、片側(南側)のみに線路が接する単式ホームが北側に、南北両側に線路が接する島式ホームが南側に配置されている。乗り場は合計3線で、北側から順に1番線・2番線・3番線とされている。1番線は下り列車、2・3番線は上り列車が使用する。

乗り場の使用状況
番線 路線 方向 行先
1 高山本線 下り 富山方面[3]
2・3 高山本線 上り 高山下呂方面[3]

ホームに接する線路のほかにも、ホームに接しない線路(側線)が東側(猪谷駅方)の上下線それぞれに付属しており、保線車両用の車庫が設置されている。

ホーム間の移動用に、跨線橋が設置されている。

駅舎[編集]

駅舎は構内北側の単式ホーム(1番線)側にあり、漫画による村おこしを狙って旧宮川村が設置した「遊ingギャラリー」(ベルギー絵本の図書館)が併設されている。ただし駅員無配置駅(無人駅)であり[4]、乗車券の販売などは行われていない。なお、駅の管理は高山駅が行っている[4]

駅周辺[編集]

駅の西側から北側にかけて宮川が流れている。高山本線はこの宮川に沿って建設されているが、当駅周辺はやや川から離れている。この駅と川に挟まれた地域に、宮川振興事務所(旧・宮川村役場)や市立宮川小学校市立宮川中学校、坂上郵便局、JAひだ宮川支店などが集まる。

駅前には岐阜県道481号が接続する。この県道は、より宮川に近い場所を通る国道360号に繋がっている。

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道(JR東海)
高山本線
角川駅 - 坂上駅 - 打保駅

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『JR時刻表』(編集・発行 弘済出版社)2004年3月号、p.114(特急「ひだ」の時刻)に6月3日「ひだ12号」臨時停車の記載あり。復旧以降、同ページに坂上駅の欄が残るものの、臨時停車の記載なし。
  2. ^ a b c 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』2、JTB、1998年、167頁。
  3. ^ a b 駅掲示用時刻表の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(2015年1月現在)。
  4. ^ a b 東海旅客鉄道 『東海旅客鉄道20年史』、2007年、732・733頁。