美女平駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
美女平駅
美女平駅舎
美女平駅舎
びじょだいら
Bijodaira
立山(1.3km)
所在地 富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂
所属事業者 立山黒部貫光
所属路線 立山ケーブルカー(鋼索線)
キロ程 1.3km(立山起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1954年昭和29年)8月13日
乗換 立山トンネルトロリーバス室堂駅へはバス乗り換え
備考 標高:977m
テンプレートを表示
美女平駅の位置(富山県内)
美女平駅
ホームとケーブルカー

美女平駅(びじょだいらえき)は、富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂[1]にある立山黒部貫光立山ケーブルカー

標高977mに位置する。駅からは立山高原バス弥陀ヶ原室堂方面へ通じている。なお、バス道は1963年までは弥陀ヶ原が、1964年までは天狗平が終点だった。室堂までバスが通うようになったのは1964年のことであるが、そこからさらに信濃大町駅方面に抜けることができるようになったのは、立山黒部アルペンルートが全通した1971年のことだった。

駅にはかつてホテルが併設されていた。1961年に美女平ロッジとして開業し、1967年に美女平ホテルに改称していたが、室堂や弥陀ヶ原などのより標高の高い場所に開業した新しいホテルや、大町温泉郷宇奈月温泉のような温泉地に宿泊地としての人気が移り、1997年に宿泊部門を休業した。その後は売店と食堂部門だけが営業を続けていたが、2006年8月限りですべて廃業し、駅舎の改築に伴いホテルの建物も解体された。現在の駅舎は2007年7月に完成したものである。

駅周辺[編集]

  • 展望台
  • 立山道路
  • 歩くアルペンルート(登山道:弥陀ヶ原まで約7時間、立山駅まで約1時間30分)[2]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

立山黒部貫光
鋼索線(立山ケーブルカー)
立山駅 - 美女平駅

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1952年(昭和27年)8月11日運輸省告示第246号「運輸審議会件名表に登載された件」
  2. ^ 歩くアルペンルートガイドブック”. 立山町観光協会. 2018年3月20日閲覧。

外部リンク[編集]