加賀一の宮駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
加賀一の宮駅
駅舎(2009年8月)
駅舎(2009年8月)
かがいちのみや
Kaga-Ichinomiya
中鶴来 (1.3km)
(2.7km) 手取中島
所在地 石川県白山市白山町
所属事業者 北陸鉄道
所属路線 石川線
金名線
キロ程 15.9km(野町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 単式ホーム1面1線
乗降人員
-統計年度-
67人/日
-2015年-
開業年月日 1927年昭和2年)6月12日
廃止年月日 2009年平成21年)11月1日
備考 金名線白山下起点16.8km
テンプレートを表示
ホームと改札付近(2007年5月)
駅舎は木造だがホーム屋根の柱の一部には古レールが使われている

加賀一の宮駅(かがいちのみやえき)は、石川県白山市白山町にあった北陸鉄道石川線廃駅)。1987年以前は金名線の終着駅でもあった。廃駅後はバス停「一の宮」となっているが駅舎はそのまま残っている[1](理由は後述)。

駅前、「一の宮」バス停には白山ろく方面バスのほとんどが停車する(一部経由しない便あり)。

普段は静かな駅ではあるが、毎年大晦日から元旦にかけて白山比咩(しらやまひめ)神社の初詣に合わせた臨時列車を野町 - 加賀一の宮間で運行していた。多くの参拝客が鉄道を利用し訪れ、このときは一年で一番駅が賑やかになっていた。

駅名は白山比め神社が白山七社一宮であることから[要出典](神社の住所が三宮町なのは一宮[要出典]が以前三宮のあった現地に移転したため、なお当駅の所在地はかつての本宮所在地付近である)。

なお、白山比め神社は、加賀国一宮とされる。

利用可能だった鉄道路線[編集]

駅構造[編集]

1面1線の地上駅。かつては神社参拝客で賑わい自動券売機も備えられていたが末期は無人駅であった。無人化された後も窓口や券売機設置スペースは残されており、駅舎内床面に残る乗降客整理のための柵の跡など参宮駅としての名残が散見できた。2006年頃には地元のNPO法人が事務所を置き観光案内所業務を行っていたが、神社表参道に面した「おはぎや」へ移転している。

廃止前には夜間滞泊の設定はなく、列車は折り返しになっていた(朝の始発は回送列車の折り返し)。

金名線があったころは2面2線で、日中の列車はすべてここで折り返していた。

駅舎[編集]

1927年竣工。白山神社総本社の門前駅であることから、唐破風の車寄せが付く入母屋造りの瓦屋根や、木製の駅名看板など、純和風の風格のある造りが特徴だった。廃駅後は取り壊される予定だったが、この駅舎を惜しむ地域住民から反対運動が起こり、そのまま置かれることとなった。

利用状況[編集]

「白山市統計書」によると、近年の1日平均乗降人員は以下の通りである。

年度 1日平均
乗降人員
2000年 49
2001年 64
2002年 71
2003年 95
2004年 105
2005年 79
2006年 79
2007年 96
2008年 100
2009年 67

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

北陸鉄道
石川線
中鶴来駅 - 加賀一の宮駅
金名線
加賀一の宮駅 - 手取中島駅

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 加賀一の宮駅跡地google street view
  2. ^ 桜の開花情報[リンク切れ] 白山市役所

外部リンク[編集]