鶴来駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鶴来駅
鶴来駅駅舎(2009年8月)
鶴来駅駅舎(2009年8月)
つるぎ
Tsurugi
日御子 (1.6km)
所在地 石川県白山市鶴来本町4丁目ニ69[1]
所属事業者 北陸鉄道
所属路線 石川線
キロ程 13.8km(野町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 対面式ホーム2面2線
乗降人員
-統計年度-
1,070人/日
-2015年-
開業年月日 1915年(大正4年)6月22日
備考  
テンプレートを表示
駅舎
鶴来駅で発車を待つ列車

鶴来駅(つるぎえき)は、石川県白山市鶴来本町4丁目にある北陸鉄道石川線終着駅である。

駅構造[編集]

2面2線の対面式ホームを有する地上駅で、有人駅である。

駅舎側が1番線、向い側が2番線で、その反対側は能美線廃止以前は3番線とされ、同線へ入る列車が発着していた。当駅と加賀一の宮駅の間が廃止された後も1番線に到着した列車は旧加賀一の宮方へ引き込み、入れ換えを行なって2番線から野町行として発車することが多いが、1番線からそのまま折り返すことも可能であるため必ず2番線が野町行と決まってない。

利用状況[編集]

「白山市統計書」によると、近年の1日平均乗降人員は以下の通りである。

年度 1日平均
乗降人員
2000年 979
2001年 861
2002年 885
2003年 849
2004年 801
2005年 771
2006年 755
2007年 801
2008年 792
2009年 803
2010年 842
2011年 830
2012年 922
2013年 980
2014年 979
2015年 1,070

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

主に加賀白山バスが白山ろく・松任方面へ運行。

車両基地[編集]

車両基地が併設されており、夜間滞泊も設定されている。

鶴来駅ホームより車両基地を望む 車窓からの車両基地の眺め
鶴来駅ホームより車両基地を望む
車窓からの車両基地の眺め

サイクルトレイン[編集]

1人1台まで自転車を電車に持ち込むことが可能(3月16日~11月30日の期間、月~金曜は9時台~15時台に発車する電車、土・日・祝日は終日)である。

歴史[編集]

  • 1915年(大正4年)6月22日 - 旧石川鉄道の新野々市駅 - 当駅間の開業にあわせて開設される。
  • 1980年(昭和55年)9月14日 - 能美線が廃止。
  • 2007年(平成19年)
    • 4月1日 - 白山市コミュニティバス『めぐーる』公立つるぎ病院ルートが接続開始。
    • 12月31日 - 鉄道廃止路線を代替してきた能美線路線バスが廃止。
  • 2008年(平成20年)10月23日 - 当駅 - 加賀一の宮駅間(2.1キロメートル)の廃止届(廃止予定日2009年11月1日)を国土交通省北陸信越運輸局に提出。
  • 2009年(平成21年)11月1日 - 当駅 - 加賀一の宮駅間が廃止され、終着駅となる。

隣の駅[編集]

北陸鉄道
石川線
日御子駅 - 鶴来駅

脚注[編集]

関連項目[編集]