石川県道302号手取川自転車道線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般県道独立専用自歩道石川県道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
石川県道302号標識
石川県道302号
手取川自転車道線
手取キャニオンロード
路線延長 16.021km(実延長)
陸上区間 1996年平成8年)
起点 石川県白山市白山町
主な
経由都市
白山市
終点 白山市木滑
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0157.svg国道157号
Japanese National Route Sign 0360.svg国道360号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
白山市釜清水町付近(画像左が本線、画像中央は石川県道178号木滑釜清水線、2010年撮影)

石川県道302号手取川自転車道線(いしかわけんどう302ごう てどりがわじてんしゃどうせん)は、石川県白山市手取川沿いに整備が進められている一般県道自転車道自転車歩行者専用道路)である。通称手取キャニオンロード(てどりキャニオンロード)という。

路線概要[編集]

  • 起点:石川県白山市白山町タ189番1地先
  • 終点:石川県白山市木滑セ22番1地先

実延長は約16kmであるが、白山市美川南町からの計画区間を含めると、総延長41.5kmにのぼる。幅員4mの自転車道で、現在は終点側の北陸鉄道金名線廃止区間を中心に整備が行われている。実質、北陸鉄道金名線の跡地利用と考えてよい。白山市鶴来地区以北は手取川の堤防を利用して整備を進める予定である。

白山市中島町と同市広瀬町を結ぶ金名橋は、石川県道146号金沢停車場南線金沢市中央通町・中村町間の、犀川に架けられていた先代の御影大橋が架け替えで不要になったため、再利用[1]されたものである。橋の名は金名線にちなんで名づけられた。

六角形型の案内標識の標示は、上部は「県道」ではなく「手取」、また県道番号の「302」ではなく「キャニオンロード」と記されたものが使われている。

歴史[編集]

  • 1995年(平成7年):測量開始
  • 1996年 (平成8年):着工。
  • 1996年(平成8年)1月30日:路線認定。
  • 1999年(平成11年):石川郡鳥越村広瀬(現在の白山市広瀬) - 同村河合(現在の白山市河合)の約3.5kmが完成。
  • 2005年(平成17年):金名橋完成。
  • 2006年(平成18年):白山市白山町 - 同市木滑 - 同市瀬戸 I期区間19.6km完成。

周辺施設[編集]

接続道路[編集]

冬期閉鎖区間[編集]

  • 白山市白山町 - 同市河原山町 15.6km
    • 概ね12月上旬から翌年4月下旬まで閉鎖される。

参考文献[編集]

  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2010年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 不要が確定した時点では廃棄予定だったトラス橋であるが、鋼材の接合に現在の工法ではみられないリベット接合が用いられているため、技術資料保存の観点から再利用先が探された。金名橋として再架橋されるにあたって幅、長さともに短縮されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]