白山七社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

白山七社(はくさんしちしゃ)は、石川県白山市にある白山信仰関係7社の総称。

一覧[編集]

  • 本宮四社
    • 白山本宮 (はくさんほんぐう) - 現在の白山比咩神社(白山市三宮町)。現在の古宮公園(白山市白山町)の地にあったが、15世紀末、火災により三宮の地へ遷座。
    • 金剱宮 (きんけんぐう、白山市鶴来日詰町)
    • 三宮 (さんのみや) - 現在の白山比咩神社鎮座地にもとあった神社
    • 岩本宮 (いわもとぐう) - 現在の岩本神社能美市岩本町)
  • 中宮三社

平安時代白山登拝の起点の馬場(ばんば)が加賀越前美濃に設けられた。加賀の馬場では「本宮四社」とされる白山本宮・金剱宮・三宮・岩本宮と「中宮三社」とされる中宮・佐羅宮・別宮の総称として、日吉七社に倣い「白山七社」の語が用いられた。

また、中宮三社と中宮八院(護国寺、昌隆寺、松谷寺、蓮花寺、善興寺、長寛寺、涌泉寺、隆明寺)を併せて「三社八院」と総称する。

白山七社は、白山禅定道の一つである加賀禅定道の中心的神社となった。

白山本宮の神宮寺(別当寺)の長である長吏(ちょうり)は、他の6社の長吏をまとめ惣長吏を兼ね、馬場を統括した。

関連項目[編集]