海山道駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海山道駅
西駅舎
西駅舎
みやまど - MIYAMADO
新正 (1.5km)
(1.2km) 塩浜
所在地 三重県四日市市海山道二丁目80-1
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 名古屋線
キロ程 39.6km(*近鉄名古屋起点)
電報略号 ミヤ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
902人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1919年大正8年)10月25日
備考 * 正式な起点は伊勢中川駅

海山道駅(みやまどえき)は、三重県四日市市海山道二丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)名古屋線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅。ホーム有効長は3両編成分ある。駅舎は、上り(西)側・下り(東)側双方の津寄りにあり、2つのホームは構内踏切で連絡している。

近鉄四日市駅管理の終日無人駅。無人化直前までは上り西側改札口に駅員が配置され、下り東側改札口は無人化されていた。自動改札機及び自動精算機を設置。自動精算機ではICOCAへのチャージができる。スルッとKANSAIは使用不可。

のりば[編集]

1 名古屋線(下り) 大阪賢島方面
2 名古屋線(上り) 四日市名古屋方面

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 1,483
1998年 1,386
1999年 1,282
2000年 1,178
2001年 1,106
2002年 1,047
2003年 984
2004年 1,006
2005年 1,033
2006年 1,032
2007年 1,023
2008年 1,087
2009年 1,005
2010年 980
2011年 944
2012年 927
2013年 902

海山道駅の利用状況の変遷を下表に示す。

  • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
  • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
  • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。
年度別利用状況(海山道駅)
年 度 当駅分輸送実績(乗車人員):人/年度 乗降人員調査結果
人/日
特 記 事 項
通勤定期 通学定期 定期外 合 計 調査日 調査結果
1950年(昭和25年) 225,270 ←←←← 230,089 455,359      
1951年(昭和26年) 214,620 ←←←← 231,854 446,474      
1952年(昭和27年) 187,530 ←←←← 174,325 361,855      
1953年(昭和28年) 204,120 ←←←← 185,842 389,962      
1954年(昭和29年) 201,090 ←←←← 158,738 359,828      
1955年(昭和30年) 198,840 ←←←← 160,830 359,670      
1956年(昭和31年) 201,090 ←←←← 187,823 388,913      
1957年(昭和32年) 250,380 ←←←← 143,421 393,801      
1958年(昭和33年) 426,960 ←←←← 163,459 590,419      
1959年(昭和34年) 518,700 ←←←← 184,493 703,193      
1960年(昭和35年) 646,020 ←←←← 198,059 844,079      
1961年(昭和36年) 854,520 ←←←← 236,486 1,091,006      
1962年(昭和37年) 1,019,130 ←←←← 240,839 1,259,969      
1963年(昭和38年) 1,063,020 ←←←← 221,671 1,284,691      
1964年(昭和39年) 1,134,060 ←←←← 227,921 1,361,981      
1965年(昭和40年) 1,091,850 ←←←← 226,379 1,318,229      
1966年(昭和41年) 1,095,480 ←←←← 221,393 1,316,873      
1967年(昭和42年) 1,107,000 ←←←← 228,522 1,335,522      
1968年(昭和43年) 1,057,050 ←←←← 248,447 1,305,497      
1969年(昭和44年) 1,113,330 ←←←← 243,245 1,356,575      
1970年(昭和45年) 897,720 ←←←← 237,648 1,135,368      
1971年(昭和46年) 879,150 ←←←← 212,985 1,092,135      
1972年(昭和47年) 866,940 ←←←← 203,391 1,070,331      
1973年(昭和48年) 783,720 ←←←← 183,284 967,004      
1974年(昭和49年) 753,390 ←←←← 182,045 935,435      
1975年(昭和50年) 757,170 ←←←← 175,715 932,885      
1976年(昭和51年) 689,040 ←←←← 154,830 843,870      
1977年(昭和52年) 651,150 ←←←← 150,309 801,459      
1978年(昭和53年) 632,190 ←←←← 154,273 786,463      
1979年(昭和54年) 661,560 ←←←← 155,223 816,783      
1980年(昭和55年) 633,000 ←←←← 156,307 789,307      
1981年(昭和56年) 625,110 ←←←← 166,468 791,578      
1982年(昭和57年) 636,720 ←←←← 164,584 801,304 11月16日 3,788  
1983年(昭和58年) 596,100 ←←←← 161,059 757,159 11月8日 3,372  
1984年(昭和59年) 580,980 ←←←← 160,211 741,191 11月6日 3,494  
1985年(昭和60年) 574,470 ←←←← 160,757 735,227 11月12日 3,401  
1986年(昭和61年) 596,100 ←←←← 170,587 766,687 11月11日 3,321  
1987年(昭和62年) 584,370 ←←←← 161,058 745,428 11月10日 3,607  
1988年(昭和63年) 567,750 ←←←← 159,979 727,729 11月8日 3,266  
1989年(平成元年) 556,950 ←←←← 162,960 719,910 11月14日 3,256  
1990年(平成2年) 534,930 ←←←← 163,803 698,733 11月6日 3,091  
1991年(平成3年) 524,370 ←←←← 170,863 695,233      
1992年(平成4年) 523,020 ←←←← 170,356 693,376 11月10日 3,081  
1993年(平成5年) 505,710 ←←←← 152,557 658,267      
1994年(平成6年) 477,990 ←←←← 144,387 622,377      
1995年(平成7年) 453,930 ←←←← 149,110 603,040 12月5日 2,562  
1996年(平成8年) 434,520 ←←←← 132,225 566,745      
1997年(平成9年) 414,900 ←←←← 126,493 541,393      
1998年(平成10年) 387,390 ←←←← 118,345 505,735      
1999年(平成11年) 360,600 ←←←← 108,536 469,136      
2000年(平成12年) 326,730 ←←←← 103,332 430,062      
2001年(平成13年) 300,300 ←←←← 103,254 403,554      
2002年(平成14年) 281,940 ←←←← 100,230 382,170      
2003年(平成15年) 265,950 ←←←← 94,055 360,005      
2004年(平成16年) 279,480 ←←←← 87,563 367,043      
2005年(平成17年) 285,510 ←←←← 91,379 376,889 11月8日 1,572  
2006年(平成18年) 282,930 ←←←← 93,858 376,788      
2007年(平成19年) 277,410 ←←←← 97,189 374,599      
2008年(平成20年)   ←←←←     11月18日 1,741  
2009年(平成21年)   ←←←←          
2010年(平成22年)   ←←←←          
2011年(平成23年)   ←←←←          
2012年(平成24年)   ←←←←          
2013年(平成25年)   ←←←←          


駅周辺[編集]

駅の西側は海山道稲荷神社の参道があり、ホームから赤い鳥居が見える。また、駅の東側をJR関西本線貨物支線(通称塩浜線)が通っている。付近一帯は工場をはじめ、化学コンビナートの集積地帯となっている。

歴史[編集]

その他[編集]

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
名古屋線
急行
通過
普通
新正駅(E22) - 海山道駅(E23) - 塩浜駅(E24)
  • ()内は駅番号を示す。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]