近鉄弥富駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
近鉄弥富駅*
駅舎とホーム(2008年4月4日)
駅舎とホーム(2008年4月4日)
きんてつ やとみ
Kintetsu-Yatomi
E10 佐古木 (2.4km)
(3.4km) 近鉄長島 E12
所在地 愛知県弥富市鯏浦町西前新田51
駅番号  E11 
所属事業者 社章近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 E 名古屋線
キロ程 16.1km(**近鉄名古屋起点)
電報略号 ヤト
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
6,121人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1938年昭和13年)6月26日
乗換 弥富駅JR関西本線名鉄尾西線
備考 ** 正式な起点は伊勢中川駅
* 改称経歴
- 1940年 関急弥富駅→参急弥富駅
- 1941年 参急弥富駅→関急弥富駅
- 1944年 関急弥富駅→近畿日本弥富駅
- 1970年 近畿日本弥富駅→近鉄弥富駅
テンプレートを表示

近鉄弥富駅(きんてつやとみえき)は、愛知県弥富市鯏浦町西前新田にある、近畿日本鉄道(近鉄)名古屋線である。駅番号はE11

近鉄線では愛知県最西端の駅になる。地上にあるが標高は海面を下回っている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

待避可能な島式2面4線のホームを持つ橋上駅である。名古屋方面のホームには6両分の屋根があるが四日市方面には両端1両分ずつ屋根がない。改札口は1ヶ所のみ。出入口は南北双方、桑名寄りに1ヶ所ずつとなっている。エレベーターは各ホームとコンコースを結ぶものと改札外の各出口とコンコースを結ぶものの計4基が設置されている。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1・2 E 名古屋線 下り 四日市大阪神戸賢島方面
3・4 E 名古屋線 上り 名古屋方面

内側2線(2番線と3番線)が主本線、外側2線(1番線と4番線)が待避線である。

特徴[編集]

停車列車[編集]

  • 特急以外の全一般列車が停車する[5]。日中は急行が毎時3本、準急(近鉄蟹江駅 - 近鉄四日市駅間各駅停車)が毎時2本、普通列車が毎時1本発着している[5]
  • 夕方ラッシュ時には伊勢中川方面への全ての急行が、当駅で準急・普通に連絡する[5]
  • 伊勢中川方面への急行が待避可能な駅は、当駅を発車すると近鉄四日市駅か塩浜駅までない(急行停車駅である桑名駅近鉄富田駅は駅構造の関係で待避不可。近鉄四日市駅も普通列車の特急・急行待避および接続に使用しているため)。
    • 近鉄名古屋駅を急行の4分後に発車する特急(概ね25分発名伊・名阪甲特急、夕方の45分発名伊乙特急)は、当駅で急行を追い越す[5]
  • 名古屋方面への急行は近鉄蟹江駅と桑名駅でも待避は可能であるが、両駅とも普通列車の特急・急行待避に使用することや、日中は塩浜駅や江戸橋駅にて乙特急を待避した後に続行して急行が運転されるダイヤであるため、当駅における急行の特急待避はほとんどないが、夕方以降を中心に当駅にて特急待避を行う列車が一部存在する[5]

営業面・駅設備関係[編集]

  • 近鉄蟹江駅管理の有人駅である。
  • 自動改札機・自動精算機設置駅(回数券カードに対応)。改札機は日本信号製で出場時2枚一括処理、PiTaPaICOCA対応。
  • 定期券・特急券自動発売機にて特急券及び定期券の購入が可能[5]
  • ホームの列車案内は液晶ディスプレイ式で、編成両数案内・次発列車案内付きである。乗車位置は整備されていない。

その他[編集]

  • 総合駅にはなっておらず、JR・名鉄の弥富駅との乗り換えには一旦改札を出る必要がある(両駅間は徒歩約3分)。弥富駅接続の名鉄・近鉄連絡IC定期乗車券の販売もなく、乗り換え案内の車内アナウンスもない。
  • 1967年富吉検車区開業前は、名古屋方面からの普通列車は原則として当駅(終日)または近畿日本蟹江駅(現・近鉄蟹江駅、朝夕の増発分)で折り返していた。その後は1983年まで早朝・深夜に当駅始発・終着列車が存在したが、現在では異常時を除いて運転されることはない。ただし現在も一部の電車の方向幕には「普通 弥富」の表示が残っている。

当駅乗降人員[編集]

近年における当駅の1日乗降人員の調査結果は以下の通り[6]

  • 2015年11月10日:12,304人
  • 2012年11月13日:11,374人
  • 2010年11月9日:11,187人
  • 2008年11月18日:12,124人
  • 2005年11月8日:12,343人

利用状況[編集]

利用者数は、近隣のJR・名鉄の弥富駅を大きく上回り、弥富市の中心市街地の真ん中にある。

近鉄弥富駅の利用状況の変遷を下表に示す。

  • 輸送実績(乗車人員)の単位は人/年度である。
  • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
  • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。
年度別利用状況(近鉄弥富駅)
年 度 当駅分輸送実績(乗車人員):人/年度 乗降人員調査結果
人/日
特 記 事 項
通勤定期 通学定期 定期外 合 計 調査日 調査結果
1978年(昭和53年) 2,010,420 ←←←← 918,298 2,928,718      
1979年(昭和54年) 1,992,120 ←←←← 941,420 2,933,540      
1980年(昭和55年) 1,992,030 ←←←← 954,036 2,946,066      
1981年(昭和56年) 2,070,780 ←←←← 936,483 3,007,263      
1982年(昭和57年) 2,032,410 ←←←← 948,534 2,980,944 11月16日 14,338  
1983年(昭和58年) 2,044,500 ←←←← 953,160 2,997,660 11月8日 14,271  
1984年(昭和59年) 2,044,980 ←←←← 922,070 2,967,050 11月6日 14,169  
1985年(昭和60年) 2,129,670 ←←←← 914,012 3,043,682 11月12日 14,770  
1986年(昭和61年) 2,208,360 ←←←← 930,136 3,138,496 11月11日 14,692  
1987年(昭和62年) 2,305,020 ←←←← 903,982 3,209,002 11月10日 14,405  
1988年(昭和63年) 2,291,550 ←←←← 907,782 3,199,332 11月8日 14,143  
1989年(平成元年) 2,274,510 ←←←← 879,874 3,154,384 11月14日 15,203  
1990年(平成2年) 2,285,550 ←←←← 919,796 3,205,346 11月6日 15,591  
1991年(平成3年) 2,364,240 ←←←← 903,603 3,267,843      
1992年(平成4年) 2,370,450 ←←←← 886,687 3,257,137 11月10日 15,483  
1993年(平成5年) 2,349,840 ←←←← 870,294 3,220,134      
1994年(平成6年) 2,253,300 ←←←← 850,246 3,103,546      
1995年(平成7年) 2,258,670 ←←←← 853,334 3,112,004 12月5日 15,471  
1996年(平成8年) 2,155,050 ←←←← 839,640 2,994,690      
1997年(平成9年) 2,042,760 ←←←← 817,388 2,860,148      
1998年(平成10年) 2,008,980 ←←←← 812,586 2,821,566      
1999年(平成11年) 1,941,480 ←←←← 812,333 2,753,813      
2000年(平成12年) 1,901,850 ←←←← 812,068 2,713,918      
2001年(平成13年) 1,843,590 ←←←← 812,774 2,656,364      
2002年(平成14年) 1,779,870 ←←←← 793,344 2,573,214      
2003年(平成15年) 1,699,530 ←←←← 777,335 2,476,865      
2004年(平成16年) 1,668,240 ←←←← 752,858 2,421,098      
2005年(平成17年) 1,649,250 ←←←← 774,967 2,424,217 11月8日 12,343  
2006年(平成18年) 1,648,740 ←←←← 757,449 2,406,189      
2007年(平成19年) 1,629,540 ←←←← 775,636 2,405,176      
2008年(平成20年) 1,627,470 ←←←← 758,878 2,386,348 11月18日 12,124  
2009年(平成21年)   ←←←←          
2010年(平成22年)   ←←←←          
2011年(平成23年)   ←←←←          
2012年(平成24年)   ←←←←          
2013年(平成25年)   ←←←←          
2014年(平成26年)   ←←←←          

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

弥冨市コミュニティバス(きんちゃんバス)
のりば 形態 路線名 主な経由地 行先 備考
近鉄弥富駅前 コミュニティバス 北部ルート(右) 弥生・桜・白鳥学区方面 循環
北部ルート(左)
南部ルート(右) 大藤・栄南学区方面
南部ルート(左)
木曽岬町自主運行バス
近鉄弥富駅前 コミュニティバス 中央線 加路戸 上松永
源緑見入線 和泉神社 木曽岬温泉
三重交通
弥富 路線バス 50系統名古屋桑名線 伊勢大橋 桑名駅前 深夜一便のみ

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
E 名古屋線
急行
近鉄蟹江駅 (E08) - 近鉄弥富駅 (E11) - 桑名駅 (E13)
準急・普通
佐古木駅 (E10) - 近鉄弥富駅 (E11) - 近鉄長島駅 (E12)
  • 括弧内は駅番号を示す。
    • なばなの里ウインターイルミネーション開催期間中土日祝日の一部の急行は近鉄長島駅 (E11) に臨時停車。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』2号 近畿日本鉄道 1、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月22日、18-23頁。ISBN 978-4-02-340132-7
  2. ^ a b c d 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』8 関西1、新潮社2008年、29頁。ISBN 978-4-10-790026-5
  3. ^ 近畿日本鉄道株式会社 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』 近畿日本鉄道、2010年12月、156頁。全国書誌番号:21906373
  4. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年3月16日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f 近鉄時刻表2016年3月19日ダイヤ変更号、p.146 - p.153・p.158 - p.180・p.304 - p.311・p.316 - p.338
  6. ^ 駅別乗降人員 名古屋線 - 近畿日本鉄道

関連項目[編集]

外部リンク[編集]