黄金駅 (愛知県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黄金駅
駅舎
駅舎
こがね
Kogane
E02 米野 (1.0km)
(0.7km) 烏森 E04
所在地 名古屋市中村区黄金通八丁目16
駅番号  E03 
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 E 名古屋線
キロ程 2.1km(*近鉄名古屋起点)
電報略号 コカネ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,105人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1938年昭和13年)6月26日
備考 * 正式な起点は伊勢中川駅
テンプレートを表示

黄金駅(こがねえき)は、愛知県名古屋市中村区黄金通8丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)名古屋線である。駅番号はE03

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ地上駅。ホーム長は3両分。駅舎(改札口)は2番ホーム側に設けられており、反対側の1番ホームへは地下道で連絡している。トイレは2番ホーム上にある。

近鉄名古屋駅管理の無人駅で、PiTaPaICOCA対応の自動改札機および自動精算機回数券カードおよびICカードのチャージに対応)が設置されている。

のりば [編集]

のりば 路線 方向 行先
1 E 名古屋線 下り 四日市大阪難波賢島方面
2 E 名古屋線 上り 名古屋

当駅乗降人員[編集]

近年における当駅の1日乗降人員の調査結果は以下の通り[5]

人数
2015 11 10 2475
2012 13 2151
2010 9 2252
2008 18 2307
2005 8 2129

利用状況[編集]

黄金駅の利用状況の変遷を下表に示す。輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。

年度別利用状況(黄金駅)
年度 当駅分輸送実績(乗車人員):人/年度 乗降人員調査結果:人/日 特記事項
通勤定期 通学定期 定期外 合 計 調査日 調査結果
1978年(昭和53年) 491,520 ←←←← 242,122 733,642      
1979年(昭和54年) 501,270 ←←←← 239,215 740,485      
1980年(昭和55年) 534,870 ←←←← 237,187 772,057      
1981年(昭和56年) 534,240 ←←←← 227,680 761,920      
1982年(昭和57年) 499,500 ←←←← 221,287 720,787 11月16日 4,869  
1983年(昭和58年) 480,210 ←←←← 219,779 699,989 11月8日 4,812  
1984年(昭和59年) 456,360 ←←←← 214,348 670,708 11月6日 4,654  
1985年(昭和60年) 429,090 ←←←← 216,874 645,964 11月12日 4,240  
1986年(昭和61年) 415,470 ←←←← 214,977 630,447 11月11日 3,899  
1987年(昭和62年) 399,780 ←←←← 206,587 606,367 11月10日 4,077  
1988年(昭和63年) 392,700 ←←←← 206,103 598,803 11月8日 3,888  
1989年(平成元年) 398,130 ←←←← 210,810 608,940 11月14日 4,224  
1990年(平成2年) 379,500 ←←←← 212,711 592,211 11月6日 3,926  
1991年(平成3年) 374,760 ←←←← 215,520 590,280      
1992年(平成4年) 367,980 ←←←← 210,408 578,388 11月10日 3,882  
1993年(平成5年) 346,980 ←←←← 214,072 561,052      
1994年(平成6年) 322,170 ←←←← 203,536 525,706      
1995年(平成7年) 336,390 ←←←← 197,715 534,105 12月5日 3,513  
1996年(平成8年) 313,800 ←←←← 193,356 507,156      
1997年(平成9年) 310,800 ←←←← 189,939 500,739      
1998年(平成10年) 308,700 ←←←← 182,914 491,614      
1999年(平成11年) 290,220 ←←←← 180,371 470,591      
2000年(平成12年) 282,900 ←←←← 173,693 456,593      
2001年(平成13年) 269,910 ←←←← 168,927 438,837      
2002年(平成14年) 252,360 ←←←← 162,475 414,835      
2003年(平成15年) 229,080 ←←←← 164,593 393,673      
2004年(平成16年) 214,980 ←←←← 159,008 373,988      
2005年(平成17年) 207,690 ←←←← 155,809 363,499 11月8日 2,129  
2006年(平成18年) 209,550 ←←←← 159,977 369,527      
2007年(平成19年) 217,110 ←←←← 163,581 380,691      
2008年(平成20年) 215,550 ←←←← 166,253 381,803 11月18日 2,307  
2009年(平成21年)   ←←←←          
2010年(平成22年)   ←←←←          
2011年(平成23年)   ←←←←          
2012年(平成24年)   ←←←←          
2013年(平成25年)   ←←←←          
2014年(平成26年)   ←←←←          


駅周辺[編集]

名古屋高速万場線の高架「黄金跨線橋」と立体交差しており、付近には黄金跨線橋が存在する。

公共施設
その他
周辺道路

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
E 名古屋線
急行・準急
通過
普通
米野駅 〔E02〕 - 黄金駅 〔E03〕 - 烏森駅 〔E04〕
  • 括弧内は駅番号を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』2号 近畿日本鉄道 1、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月22日、18-23頁。ISBN 978-4-02-340132-7
  2. ^ 近畿日本鉄道株式会社 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』 近畿日本鉄道、2010年12月、156頁。全国書誌番号:21906373
  3. ^ a b 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』8 関西1、新潮社2008年、29頁。ISBN 978-4-10-790026-5
  4. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年3月14日閲覧。 
  5. ^ 駅別乗降人員 名古屋線 - 近畿日本鉄道

関連項目[編集]

外部リンク[編集]