百五銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社百五銀行
THE HYAKUGO BANK, LTD.
Hyakugo bank.jpg
本店
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8368
名証1部 8368
本社所在地 日本の旗 日本
514-8666
三重県津市岩田21番27号
設立 1878年(明治11年)12月4日
業種 銀行業
金融機関コード 0155
SWIFTコード HYKGJPJT
事業内容 預金業務、貸出業務、有価証券売買業務・投資業務、為替業務など
代表者 代表取締役会長 上田 豪
代表取締役頭取 伊藤歳恭
(2015年6月19日現在[1]
資本金 200億円
(2015年3月31日現在[2]
発行済株式総数 2億5,411万9千株
(2015年3月31日現在[2]
純利益 連結:106億48百万円
単体:100億25百万円
(2015年3月31日現在[2]
純資産 連結:3,570億52百万円
単体:3,332億10百万円
(2015年3月31日現在[2]
総資産 連結:5兆3,345億40百万円
単体:5兆3,007億97百万円
(2015年3月31日現在[2]
従業員数 連結:2,712人
単体:2,409人
(2015年3月31日現在[2]
決算期 3月31日
主要株主 三菱東京UFJ銀行 3.99%
明治安田生命保険 3.97%
日本生命保険 3.30%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口)3.12%
損害保険ジャパン日本興亜 2.68%
百五銀行従業員持株会 2.32%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口)1.89%
CBNY DFA INTL SMALL CAP VALUE PORTFOLIO(常任代理人 シティバンク銀行) 1.69%
日本マスタートラスト信託銀行(トヨタ自動車口)1.57%
清水建設 1.54%
(2015年3月31日現在[2]
主要子会社 百五ディーシーカード
百五証券
関係する人物 川喜田半泥子
(元頭取で陶芸家)
外部リンク 百五銀行 公式サイト
テンプレートを表示
百五銀行のデータ
店舗数 本支店107、出張所27
貸出金残高 2兆8,180億04百万円
預金残高 4兆4,144億67百万円
特記事項:
(2015年3月31日現在[1][2]
テンプレートを表示

株式会社百五銀行(ひゃくごぎんこう、The Hyakugo Bank, Ltd. )は、三重県津市に本店を置く地方銀行。コーポレートステートメントは「FRONTIER BANKING(フロンティア・バンキング)」。行章(○)とバツ(×)を組み合わせたもので、2代目頭取で魚問屋出身の岡嘉平治が創作したものである[1]。丸は100、バツは5を意味する魚問屋の符牒に由来する[1]

概要

三菱銀行の親密地銀である。三重県と県下大半の市町の指定金融機関であるが、最大都市である四日市市は地元の三重銀行を指定金融機関としている。多くの店舗で三重県収入証紙を販売しており、三重県外でも愛知県2店舗(名古屋支店・弥富支店)、和歌山県1店舗(新宮支店)、大阪府1店舗(大阪営業部)で取り扱っている[3]

2015年の竣工を目指し新本館とする本部棟と、本店営業部棟の2つのビルの建設工事が進められている[4][5][6]

沿革

格付け

百五銀行の格付けは、2015年(平成27年)3月31日現在においては以下のとおりになっている[1]

ATM提携

関連会社

  • 株式会社百五ディーシーカード
  • 百五リース株式会社
  • 株式会社百五経済研究所
  • 百五コンピュータソフト株式会社
  • 百五ビジネスサービス株式会社
  • 百五管理サービス株式会社
  • 百五不動産調査株式会社
  • 百五オフィスサービス株式会社
  • 百五スタッフサービス株式会社
  • 株式会社百五証券

CM

  • 現在は堀由希奈をイメージキャラクターとして起用しているほか、一部カードローンのイメージキャラクターに内山理名を起用している。
  • 近年はオアシス21などでCM撮影されたものが放送されているほか、名古屋など三重県外にも店舗出店を進めていることなどから、従来の三重テレビFM三重などの地元三重のマスコミに加え、在名放送各局・新聞でも広告が出稿されることが増えた。
  • 2015年現在放映中の「赤い糸」篇では、音楽に三重県出身の花井悠希を起用している[11]

ギャラリー

脚注

[ヘルプ]

  1. ^ アプリケーションサーバ、データベースサーバにMicrosoft Windows Server 2003 Datacenter Edition、オンラインデータベースにMicrosoft SQL Server 2005を採用し、全てをWindows上で実現させた大規模な勘定系システムとしては世界初の導入と喧伝される。

出典

  1. ^ a b c d e 株式会社百五銀行経営企画部 (2015年6月). “平成27年3月期ディスクロージャー誌”. 2015年7月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 有価証券報告書”. 百五銀行 (2015年6月22日). 2015年7月27日閲覧。
  3. ^ 三重県出納局"三重県出納局/三重県収入証紙販売所"平成25年4月1日現在(2013年6月5日閲覧。)
  4. ^ “百五銀、新本館15年度完成 2棟建てリスク分散”. 日本経済新聞. (2012年4月4日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFD0401E_U2A400C1L91000/ 2014年6月5日閲覧。 
  5. ^ 新本館ビル2棟の建設開始について (PDF)”. 百五銀行 (2012年4月4日). 2014年6月5日閲覧。
  6. ^ 新本館ビル2棟の建設について (PDF)”. 百五銀行 (2013年5月13日). 2014年6月5日閲覧。
  7. ^ 稲本ほか(2000):279ページ
  8. ^ “百五銀行のWindows勘定系が稼働、フルバンキングで世界初”. 日経コンピュータ. (2007年5月7日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070507/270070/ 2014年6月5日閲覧。 
  9. ^ “東京駅前への「アフターサービス共同窓口」の設置について” (プレスリリース), 株式会社百五銀行 株式会社京葉銀行 株式会社十六銀行 株式会社第三銀行 株式会社筑波銀行株式会社富山銀行 株式会社長野銀行 株式会社名古屋銀行 日本ATM株式会社, (2015年4月21日), http://www.hyakugo.co.jp/news/img/20150421-1news.pdf 2015年4月22日閲覧。 
  10. ^ 「ファミマに銀行窓口、地銀8行 通帳再発行など」 『日本経済新聞電子版』2015年4月21日
  11. ^ CM”. 百五銀行. 2015年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月27日閲覧。

参考文献

関連項目

外部リンク