伊勢若松駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊勢若松駅
駅舎
駅舎
いせ わかまつ - Ise-Wakamatsu
所在地 三重県鈴鹿市若松西四丁目17-8
所属事業者 社章近畿日本鉄道(近鉄)
電報略号 ワマ
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
1,025人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1917年大正6年)12月22日
乗入路線 2 路線
所属路線 E 名古屋線
駅番号  E29 
キロ程 48.3km(*近鉄名古屋起点)
E28 箕田 (1.3km)
(1.8km) 千代崎 E30
所属路線 L 鈴鹿線
駅番号  L29 
キロ程 0.0km(伊勢若松起点)
(2.2km) L30
備考 * 正式な起点は伊勢中川駅
テンプレートを表示
伊勢若松駅プラットホーム

伊勢若松駅(いせわかまつえき)は、三重県鈴鹿市若松西四丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)のである。駅番号は名古屋線がE29、鈴鹿線がL29

名古屋線と当駅を起点とする鈴鹿線が乗り入れ、接続駅となっている。

歴史[ソースを編集]

駅構造[ソースを編集]

島式ホーム2面4線を持つ待避可能な地上駅。名古屋方の西側に引き上げ線があり、当駅終着の電車で鈴鹿線運用を終え、車庫へ回送される車両が時間まで待機することがある。引き上げ線の有効長は3両分である。ホーム有効長は6両編成に対応している。ホーム南寄り西側に駅舎があり、跨線橋で連絡している。ホーム上屋は名古屋方面は6両分、津方面は4両分設置されている。2015年10月よりホーム改良工事、エレベーター新設設置工事、新設跨線橋設置工事が行われている。

のりば[ソースを編集]

駅舎反対側から以下の通り。

のりば 路線 方向 行先 備考
1 E 名古屋線 下り 大阪神戸賢島方面  
L 鈴鹿線 - 鈴鹿市平田町方面 名古屋線からの直通急行・平日1本のみ
2 E 名古屋線 下り 津・大阪・神戸・賢島方面  
3 E 名古屋線 上り 四日市名古屋方面  
4 E 名古屋線 上り 四日市・名古屋方面  
L 鈴鹿線 - 鈴鹿市・平田町方面 通常はこのホーム

名古屋線を基準として、内側2線(2番線・3番線)が主本線、外側2線(1番線・4番線)が待避線となっている。鈴鹿線列車は基本的に4番のりばに発着するが、平日朝ラッシュ時の近鉄四日市駅からの直通急行が1番のりばから発車する[5]

特徴[ソースを編集]

停車列車[ソースを編集]

  • 特急以外の全一般列車が停車する[6]
  • 日中は急行と普通列車が毎時3本ずつ、鈴鹿線普通列車が毎時2本発着している[6]
  • 名古屋線における急行の待避可能駅の一つで、塩浜駅と同様に急行による特急待避が頻繁に行われる[6]
    • 方面の急行は日中の大多数と夕方の一部が当駅で特急を待避する[6]
    • 名古屋方面の急行は日中の列車が当駅で名阪甲特急を待避する。乙特急に関しては2つ隣の急行停車駅である江戸橋駅で特急待避を完了するか、次の停車駅である塩浜駅で待避を行うため、当駅での乙特急待避はほとんどない[6]
  • 普通列車に関しては朝の一部に急行との緩急接続を行う列車が存在する以外に当駅での待避はほとんど行われない[6]
    • 津方面の普通列車は日中は急行の到着直前に発車し、急行の次の停車駅・白子駅にて特急・急行に連続して追い抜かれる[6]四日市方面の列車はこの逆で、特急通過・急行発着に続行して普通列車が到着する[6]

駅設備・営業面[ソースを編集]

  • 白子駅管理の有人駅。
  • ホームの発車標は、全て反転フラップ式案内表示機(ソラリー)を使用している。2010年2月14日に構内アナウンスの自動放送が更新されて列車接近時の放送に両数案内を行う。アナウンス更新に伴い、次の停車駅の案内がなくなった。
  • かつて近鉄名古屋線の急行停車駅では唯一、自動改札機が導入されていなかったが、2013年10月に設置された。
  • 窓口にて特急券及び定期券の購入が可能である[6]

当駅乗降人員[ソースを編集]

近年における当駅の1日乗降人員の調査結果は以下の通りで、近鉄名古屋線の急行停車駅では利用者が最も少ない[7]

  • 2015年11月10日:1,999人
  • 2012年11月13日:1,697人
  • 2010年11月9日:1,839人
  • 2008年11月18日:1,911人
  • 2005年11月8日:1,890人

利用状況[ソースを編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。この数字には各線の乗り換え客は含まれていない。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 1,155
1998年 1,082
1999年 1,082
2000年 1,076
2001年 1,071
2002年 1,072
2003年 1,063
2004年 1,035
2005年 1,059
2006年 1,073
2007年 1,065
2008年 1,061
2009年 1,025
2010年 1,027
2011年 990
2012年 992
2013年 1,025

伊勢若松駅の利用状況の変遷を下表に示す。

  • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。
  • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
    • 2008年11月18日の調査結果によると、1日の利用客は1,911人(前回2005年11月8日の調査では1,890人)。
    • 近鉄の全調査対象駅(287駅)中、201位。
    • 名古屋線の駅(44駅、他線接続駅含む)の中では、33位。
    • 三重県内の近鉄の駅(116駅、但し調査当時の数)の中では、44位。
  • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。
年度別利用状況(伊勢若松駅)
年 度 当駅分輸送実績(乗車人員):人/年度 乗降人員調査結果
人/日
特 記 事 項
通勤定期 通学定期 定期外 合 計 調査日 調査結果
1950年(昭和25年) 286,080 ←←←← 177,109 463,189      
1951年(昭和26年) 328,050 ←←←← 166,634 494,684      
1952年(昭和27年) 297,210 ←←←← 163,804 461,014      
1953年(昭和28年) 278,340 ←←←← 160,822 439,162      
1954年(昭和29年) 301,800 ←←←← 163,902 465,702      
1955年(昭和30年) 298,440 ←←←← 161,813 460,253      
1956年(昭和31年) 287,490 ←←←← 106,388 393,878      
1957年(昭和32年) 321,630 ←←←← 159,088 480,718      
1958年(昭和33年) 316,230 ←←←← 168,668 484,898      
1959年(昭和34年) 342,300 ←←←← 157,817 500,117      
1960年(昭和35年) 367,440 ←←←← 136,362 503,802      
1961年(昭和36年) 383,460 ←←←← 136,835 520,295      
1962年(昭和37年) 404,490 ←←←← 143,098 547,588      
1963年(昭和38年) 419,460 ←←←← 151,558 571,018      
1964年(昭和39年) 475,590 ←←←← 160,388 635,978      
1965年(昭和40年) 376,170 ←←←← 164,021 540,191      
1966年(昭和41年) 445,710 ←←←← 209,021 654,731      
1967年(昭和42年) 444,090 ←←←← 164,178 608,268      
1968年(昭和43年) 459,630 ←←←← 218,520 678,150      
1969年(昭和44年) 453,570 ←←←← 219,929 673,499      
1970年(昭和45年) 443,820 ←←←← 221,144 664,964      
1971年(昭和46年) 434,310 ←←←← 242,781 677,091      
1972年(昭和47年) 443,160 ←←←← 252,862 696,022      
1973年(昭和48年) 443,400 ←←←← 246,537 689,937      
1974年(昭和49年) 505,500 ←←←← 257,849 763,349      
1975年(昭和50年) 507,540 ←←←← 248,969 756,509      
1976年(昭和51年) 465,420 ←←←← 258,041 723,461      
1977年(昭和52年) 460,560 ←←←← 277,744 738,304      
1978年(昭和53年) 435,270 ←←←← 278,923 714,193      
1979年(昭和54年) 419,250 ←←←← 270,865 690,115      
1980年(昭和55年) 422,520 ←←←← 259,829 682,349      
1981年(昭和56年) 406,260 ←←←← 253,522 659,782      
1982年(昭和57年) 380,850 ←←←← 249,816 630,666 11月16日 2,553  
1983年(昭和58年) 384,900 ←←←← 247,153 632,053 11月8日 2,466  
1984年(昭和59年) 374,310 ←←←← 232,917 607,227 11月6日 2,526  
1985年(昭和60年) 367,950 ←←←← 226,185 594,135 11月12日 2,486  
1986年(昭和61年) 359,070 ←←←← 214,249 573,319 11月11日 2,337  
1987年(昭和62年) 357,120 ←←←← 205,182 562,302 11月10日 2,259  
1988年(昭和63年) 352,830 ←←←← 200,131 552,961 11月8日 2,358  
1989年(平成元年) 342,960 ←←←← 196,751 539,711 11月14日 2,440  
1990年(平成2年) 353,250 ←←←← 194,382 547,632 11月6日 2,515  
1991年(平成3年) 355,110 ←←←← 197,841 552,951      
1992年(平成4年) 333,240 ←←←← 200,078 533,318 11月10日 2,291  
1993年(平成5年) 324,000 ←←←← 195,015 519,015      
1994年(平成6年) 311,670 ←←←← 180,533 492,203      
1995年(平成7年) 306,120 ←←←← 173,662 479,782 12月5日 2,088  
1996年(平成8年) 292,020 ←←←← 160,860 452,880      
1997年(平成9年) 276,240 ←←←← 145,280 421,520      
1998年(平成10年) 266,670 ←←←← 128,304 394,974      
1999年(平成11年) 261,570 ←←←← 134,517 396,087      
2000年(平成12年) 255,810 ←←←← 136,825 392,635      
2001年(平成13年) 258,390 ←←←← 132,518 390,908      
2002年(平成14年) 261,240 ←←←← 129,976 391,216      
2003年(平成15年) 258,810 ←←←← 130,369 389,179      
2004年(平成16年) 251,610 ←←←← 126,342 377,952      
2005年(平成17年) 254,910 ←←←← 131,717 386,627 11月8日 1,890  
2006年(平成18年) 263,070 ←←←← 128,563 391,633      
2007年(平成19年) 261,000 ←←←← 128,906 389,906      
2008年(平成20年)   ←←←←     11月18日 1,911  
2009年(平成21年)   ←←←←          
2010年(平成22年)   ←←←←          
2011年(平成23年)   ←←←←          
2012年(平成24年)   ←←←←          

駅周辺[ソースを編集]

隣の駅[ソースを編集]

近畿日本鉄道
E 名古屋線
急行
塩浜駅 (E24) - 伊勢若松駅 (E29) - 白子駅 (E31)
普通
箕田駅 (E28) - 伊勢若松駅 (E29) - 千代崎駅 (E30)
L 鈴鹿線(線内は全列車各駅停車)
急行(名古屋線直通運転)
(塩浜駅 - ) 伊勢若松駅 (L29) - 柳駅 (L30)
普通
伊勢若松駅 (L29) - 柳駅 (L30)

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』2号 近畿日本鉄道 1、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月22日、18-23頁。ISBN 978-4-02-340132-7
  2. ^ 近畿日本鉄道『近畿日本鉄道100年のあゆみ』2010年、p.156
  3. ^ 近畿日本鉄道株式会社 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』 近畿日本鉄道、2010年12月、294頁。全国書誌番号:21906373
  4. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年3月17日閲覧。 
  5. ^ 駅掲出時刻表 - 近畿日本鉄道公式サイト。2016年3月11日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i 近鉄時刻表2016年3月19日ダイヤ変更号、p.146 - p.153・p.158 - p.180・p.304 - p.311・p.316 - p.338
  7. ^ 駅別乗降人員 名古屋線 - 近畿日本鉄道

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]