福岡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福岡駅
駅舎(2008年8月)
駅舎(2008年8月)
ふくおか
Fukuoka
石動 (7.3km)
(3.5km) 西高岡
所在地 富山県高岡市福岡町下蓑321
所属事業者 Ainokaze Toyama Railway logo.png あいの風とやま鉄道
所属路線 あいの風とやま鉄道線
キロ程 14.0km(倶利伽羅起点)
金沢から31.8km
米原から208.4km
電報略号 フオ←フヲ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
1,041人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1898年明治31年)11月1日
備考 業務委託駅
テンプレートを表示

福岡駅(ふくおかえき)は、富山県高岡市福岡町下蓑にある、あいの風とやま鉄道線である。現在、駅前再開発中(平成30年度終了予定)[1]。中部の駅百選に指定されている[2]

歴史[編集]

  • 1898年明治31年)11月1日 - 官設鉄道北陸線の金沢駅 - 高岡駅間延伸により一般駅として西礪波郡福岡町下蓑に開業する[3][4][5]
  • 1909年(明治42年)10月12日 - 線路名称制定、北陸本線所属駅となる[6]
  • 1956年(昭和31年)11月19日 - 当駅 - 高岡駅間に西高岡信号場が開業する[3]
  • 1957年(昭和32年)4月25日 - 当駅 - 高岡駅間の西高岡信号場が西高岡駅として開業する[7]
  • 1960年(昭和35年)9月30日 - 当駅 - 石動駅間が複線化する[8]
  • 1962年(昭和37年)8月10日 - 当駅 - 西高岡駅間が複線化する[8]
  • 1964年(昭和39年)8月24日 - 金沢駅 - 富山操車場間が交流電化する[8]
  • 1969年(昭和44年)10月1日 - 営業範囲を改正し、手荷物及び小荷物の配達取扱を廃する[9]
  • 1974年(昭和49年)10月1日 - 営業範囲を改正し、旅客、荷物及び車扱貨物を取扱う駅となる[10]
  • 1980年(昭和55年)9月25日 - 営業範囲を改正し、貨物取扱を専用線発着車扱貨物に限定する[11]
  • 1984年(昭和59年)2月1日 - 営業範囲を改正し、専用線発着車扱貨物の取扱を廃する[12]
  • 1985年(昭和60年)3月14日 - 営業範囲を改正し、荷物の取扱を廃する[13]
  • 1987年(昭和62年)
  • 1992年平成4年)11月 - みどりの窓口の営業を開始する[15]
  • 2000年(平成12年)4月13日 - 観光物産館等の施設を併設した三角屋根の新駅舎が完成する[16]。総工費4億5千万円、鉄骨2階建てにして延床面積は680平米[16]
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 日本貨物鉄道の駅を廃止する[17]
  • 2015年(平成27年)

駅構造[編集]

改札付近

単式ホーム1面1線、島式ホーム1面2線を有する地上駅[2]。駅舎は西側(単式の1番ホーム側)にあり、三角屋根の木造の山小屋風で、観光案内所・物産館・図書館分室などの市の施設を併設している[16][2]。島式ホームとは跨線橋で連絡している。

JR北陸本線時代末期は富山地域鉄道部管轄でジェイアール西日本金沢メンテックが駅務を受託する業務委託駅であり、みどりの窓口も開設されていた[2]。あいの風とやま鉄道への経営移管後も業務委託駅の形態が維持されているが、みどりの窓口は経営移管に合わせて廃止された[20]

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先[21] 備考
1 あいの風とやま鉄道線 下り 高岡富山方面  
2 一部の列車
上り 金沢方面
3  
  • 2016年(平成28年)10月29日現在、2番のりばには一日上下1本ずつ旅客列車が設定されている[22]

貨物取扱[編集]

当駅は1984年(昭和59年)2月1日に専用線発着車扱貨物の取扱を廃し一旦は旅客駅となったが[12]、その後国鉄末期の1987年(昭和62年)3月31日より臨時に車扱貨物の取扱を開始し[14]、同年4月1日発足の日本貨物鉄道においてもこれが継承されていた[3]。その後、2006年(平成18年)4月1日に日本貨物鉄道が営業実態のない駅を廃止した際に当駅における貨物取扱は廃止された[17]

1953年(昭和28年)10月10日付『鉄道公報』第1254号通報専用線一覧別表掲載中、当駅接続の専用線は次の通りであった[23]

  • 鉄道機器線(第三者使用:日本通運、動力:国鉄機関車及び手押、作業粁程:0.1粁)
  • 日大鋼業線(動力:手押、作業粁程:0.1粁)

1970年(昭和45年)10月1日現在における当駅接続の専用線は以下の通りであった[24]

  • 鉄道機器線(通運事業者:日本通運、動力:国鉄動車及び手押、作業粁程:0.1粁、総延長粁程:0.1粁)
  • 富山製錬所線(通運事業者:日本通運、動力:国鉄動車及び手押、作業粁程:0.3粁、総延長粁程:0.5粁)

利用状況[編集]

「富山県統計年鑑」及びあいの風とやま鉄道発表資料によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである[25][26]

年度 1日平均
乗車人員
1997 1,434
1998 1,434
1999 1,404
2000 1,364
2001 1,309
2002 1,258
2003 1,235
2004 1,220
2005 1,207
2006 1,204
2007 1,177
2008 1,173
2009 1,089
2010 1,088
2011 1,089
2012 1,074
2013 1,105
2014 927[27]
2015 1,041

駅周辺[編集]

駅西方の町並みの中を流れる岸渡川の堤には約3,000本の桜並木があり、花見の名所の一つとなっている。

駅名[編集]

駅名は所在地名である福岡町によるもので、九州福岡県福岡市とは関係がないが、駅名の紛らわしさや、きっぷを発券するマルスシステムの仕様からか、主に外国人が福岡市の駅と勘違いしてやって来たという逸話がある[28]

隣の駅[編集]

Ainokaze Toyama Railway logo.png あいの風とやま鉄道
あいの風とやま鉄道線
石動駅 - 福岡駅 - 西高岡駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 福岡駅前土地区画整理事業概要図 - 高岡市
  2. ^ a b c d 郡司武編、『週刊朝日百科 JR全駅・全車両基地』43号、2013年(平成25年)6月、朝日新聞出版
  3. ^ a b c d e 石野哲、『停車場変遷大事典 国鉄・JR編Ⅱ』、1998年(平成10年)10月、JTB
  4. ^ 明治31年逓信省告示第288号(『官報』、1898年(明治31年)10月27日、印刷局)
  5. ^ 鉄道省編、『昭和十二年十月一日現在 鉄道停車場一覧』、1937年(昭和12年)12月、川口印刷所出版部
  6. ^ 明治42年鉄道院告示第54号(『官報』、1909年(明治42年)10月12日、内閣印刷局)
  7. ^ 昭和32年日本国有鉄道公示第145号(『官報』、1957年(昭和32年)4月19日、大蔵省印刷局)
  8. ^ a b c 日本国有鉄道編、『日本国有鉄道百年史年表』、1972年(昭和47年)10月、日本国有鉄道
  9. ^ 昭和44年日本国有鉄道公示第309号(『官報』、1969年(昭和44年)10月1日、大蔵省印刷局)
  10. ^ 昭和49年日本国有鉄道公示第208号(『官報』、1974年(昭和49年)9月12日、大蔵省印刷局)
  11. ^ 昭和55年日本国有鉄道公示第108号(『官報』、1980年(昭和55年)9月20日、大蔵省印刷局)
  12. ^ a b 昭和59年日本国有鉄道公示第174号(『官報』、1984年(昭和59年)1月30日、大蔵省印刷局)
  13. ^ 昭和60年日本国有鉄道公示第181号(『官報』、1985年(昭和60年)3月12日、大蔵省印刷局)
  14. ^ a b 昭和62年日本国有鉄道公示第210号(『官報』、1987年(昭和62年)2月5日、大蔵省印刷局)
  15. ^ JR時刻表1992年(平成4年)11月号・12月号
  16. ^ a b c 「JR駅と一体化の観光物産館が完成 福岡町」、『朝日新聞』2000年(平成12年)4月14日、朝日新聞社
  17. ^ a b 貨物駅の廃止及び呼称の統一について - 2006年(平成18年)3月16日、日本貨物鉄道
  18. ^ 「県民の足」新たな船出 あいの風鉄道も開業 - 2015年(平成27年)3月15日、北日本新聞
  19. ^ “ICカードサービス開始日について” (プレスリリース), あいの風とやま鉄道株式会社, (2015年1月30日), http://ainokaze.co.jp/727 2015年7月10日閲覧。 
  20. ^ あいの風とやま鉄道 利用の手引き - あいの風とやま鉄道(2015年3月16日閲覧)
  21. ^ 福岡駅発車時刻表 - あいの風とやま鉄道(2015年4月14日閲覧)
  22. ^ あいの風とやま鉄道福岡駅発車時刻表 - あいの風とやま鉄道
  23. ^ 名取紀之・瀧澤隆久編、『RM POCKET 11 トワイライトゾ~ン・マニュアルⅣ』、1995年(平成7年)10月、ネコ・パブリッシング
  24. ^ 日本国有鉄道貨物局編、『専用線一覧表 昭和45年10月1日』、1970年(昭和45年)、日本国有鉄道貨物局
  25. ^ 統計年鑑 - 富山県
  26. ^ あいの風とやま鉄道H27年度利用状況等 (PDF) - あいの風とやま鉄道
  27. ^ 2015年3月13日までの347日間における1日平均乗車人員は927人、3月14日から3月31日までの18日間における1日平均乗車人員は1,218人
  28. ^ 博多のはずが高岡に 「福岡」違いで思わぬ交流 台湾人留学生から駅員に礼状富山新聞、2007年1月12日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]