立山黒部貫光無軌条電車線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
立山黒部貫光無軌条電車線
立山トンネルトロリーバスの車両
立山トンネルトロリーバスの車両
概要
通称 立山トンネルトロリーバス
種別 無軌条電車
起終点 起点:室堂駅
終点:大観峰駅
駅数 2駅
運営
開業 1971年4月25日 (1971-04-25)
(専用道経由の路線バスとして)
無軌条電車化 1996年4月23日
所有者 立山黒部貫光
使用車両 車両の節を参照
路線諸元
路線総延長 3.7 km (2.3 mi)
電化 直流600 V 架空電車線方式
最高地点 標高 2,450 m (8,040 ft)
高低差 134 m (440 ft)
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
AETRAM
立山ロープウェイ
utSTR+l
utSTR+r
0.0 大観峰駅
utSTRl utSTRq utABZg+r
uetABZg+l uextSTRq
雷殿駅出入口通路
uetHST
0.6 雷殿駅 -2013
utBS2rf utBS2lf
utBS2l utBS2r
utSTR+l utSTRq utABZgr
utSTRl utBHFq utSTRr
3.7 室堂駅
BUS
立山高原バス美女平方面)

立山黒部貫光無軌条電車線(たてやまくろべかんこうむきじょうでんしゃせん)は、富山県中新川郡立山町芦峅寺室堂にあり、標高2450 mの室堂平の中央に位置する室堂駅から、立山ロープウェイとの連絡駅である大観峰駅(同 芦峅寺大観峰)までを結ぶ立山黒部貫光の無軌条電車線(トロリーバス)である。立山黒部アルペンルートを構成する交通機関の一つ。通称は立山トンネルトロリーバスで、全区間立山直下の立山トンネルの中を通る。

元々この区間はディーゼルバスにより運行されていたが、観光客の増加による増便に伴ってトンネル内に排気が滞留するようになり、換気装置を設置しても大した効果が見られなかったため、環境的な理由もあってトロリーバスに転換したものである。

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ) : 3.7 km
  • 駅数 : 2駅(起終点駅含む)
  • 複線区間 : 全線単線
  • 電化方式 : 直流600 V
  • 閉塞方式 : 自動信号式(到着台数をチェックして区間開通を確認)
    • 続行運転が行われ、また鉄道線のように軌道回路を設けることができないので、出発時には一定時間進行信号を現示してその間に出発させ、台数をカウントする。

運行形態[編集]

立山トンネル中央にある交換所。鉄道用の信号機がある。

大観峰 - 室堂間の所要時間は10分。 冬期は運休する。

車両[編集]

ディーゼルバス時代はいすゞ自動車製の大型バス(車体は富士重工業製)を使用していて、途中1984年ごろに更新し、トロリーバス化される1996年まで使用されていた。

歴史[編集]

  • 1965年(昭和40年)6月30日 - 専用自動車道の工事施行の認可を受ける[1]
  • 1971年(昭和46年)4月25日 - 立山トンネルバス 室堂 - 大観峰間ディーゼルバスで営業開始。
  • 1996年(平成8年)4月23日 - トロリーバス化。ディーゼルバスからの転換とはいえ観光用トロリーバスとしては日本で2路線目で、トロリーバスの新規路線開設は32年ぶり。
  • 1998年(平成10年)8月10日 - 雷殿駅に繋がる登山道が崩壊したため、雷殿駅を休止。
  • 2013年(平成25年)度内(月日不明) - 雷殿駅を廃止[2]

駅一覧[編集]

室堂駅 - 大観峰駅

接続路線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1965年(昭和40年)7月16日運輸省告示第242号「専用自動車道の工事施工を認可した件」
  2. ^ 立山黒部アルペンルート 2014安全報告書 (PDF) 、p.5。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]