立山高原バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
立山高原バス(立山黒部アルペンルート)、天狗平周辺

立山高原バス(たてやまこうげんバス)は、富山県中新川郡立山町にある立山ケーブルカーとの連絡駅である美女平駅立山トンネルトロリーバスとの連絡駅である室堂駅を結ぶ、立山黒部貫光が運営する路線バスである。

概要[編集]

美女平駅 - 室堂駅間で運行される路線バスであり、立山黒部アルペンルートを構成する交通機関の一つである。全線で富山県道6号富山立山公園線立山有料道路)を通っており、マイカー規制が行われているため、一般客は必ずこの路線バスを利用することになる[1]。4月 - 11月のみ運行し、冬期は運行しない。

なお、立山ケーブルカーの混雑状況によっては立山駅前から室堂駅まで直行バスが運行されることがある[2]

もともとはディーゼルバスを使用していたが、現在はハイブリッドバスへの置き換えを進めている。

歴史[編集]

  • 1954年(昭和29年) - 美女木 - 弘法間で営業開始。
  • 1955年(昭和30年) - 弥陀ヶ原まで延長。
  • 1963年(昭和38年) - 天狗平まで延長。
  • 1964年(昭和39年) - 室堂まで延長。全線開通。
室堂に到着したハイブリッドバス
  • 1998年(平成10年) - ハイブリッドバスへの置き換え開始。

バス停一覧[編集]

美女平 - ブナ坂 - 滝見台 - 上ノ小平 - 弘法 - 追分 - 弥陀ヶ原 - 美松 - 天狗口 - 天狗平 - 室堂

  • 弘法バス停は7月 - 11月のみ開設である[2]
  • 弘法、弥陀ヶ原、天狗平の各バス停は乗車・途中下車可能[2]
  • ブナ坂、滝見台、上ノ小平、追分、美松、天狗口の各バス停はバス停自体は設置されておらず、降車のみ可能である[3]

乗車方法[編集]

  • 美女平および室堂ではきっぷうりばで乗車券を購入し、バスに乗車する形となる。
  • 弥陀ヶ原では「弥陀ヶ原ホテル」[4]、天狗平では「天狗平山荘」[5]で乗車予約を行い[2]、バス停で乗車券を購入する。
  • 弘法から乗車する場合は事前に電話予約をするか、バス到着時に確認を行う形となる。後者の場合、空席があればそのまま乗車、満席の場合は後続のバスに乗車する形となる。
  • なお、弘法、弥陀ヶ原、天狗平で途中下車し、再び乗車する場合は、途中下車時に係員に予約する形となる[2]

立山高原バスからの風景[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]