扇沢駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
扇沢駅
Ogizawa Station, ekisha.jpg
駅舎
おうぎざわ
Ogizawa
(6.1km) 黒部ダム
所在地 長野県大町市平2117
所属事業者 関西電力
所属路線 関電トンネル電気バス
キロ程 0.0km(扇沢起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1964年昭和39年)8月1日
廃止年月日 2018年(平成30年)12月1日
(鉄道駅として)
備考 標高:1,433m
キロ程はトロリーバス時代のもの
トロリーバスから電気バスへの転換により、現在はバス停留所となっている。
テンプレートを表示
全景(柏原新道より望む)

扇沢駅(おうぎざわえき)は、長野県大町市にある、関西電力が運営している関電トンネル電気バスバス停留所自動車駅)である。

かつては関電トンネルトロリーバスの鉄道駅であったが、2018年11月に鉄道事業廃止、翌2019年4月より電気バスに転換され[1]、当駅は事実上の「自動車駅」となった。

概要[編集]

立山黒部アルペンルートの長野県側の入口となる駅であり、トロリーバス時代はアルペンルート内の鉄道事業法で運営されていた交通機関の駅としては唯一長野県内にある駅であった。なお、営業期間に合わせて長野県道45号扇沢大町線の一部も閉鎖されるため、冬季は信濃大町駅側からも行くことはできない。

駅舎は地上3階建てで、1階にきっぷうりば、2階に「レストラン扇沢」と改札口、3階にホームと屋上展望台がある。

出札・改札などの旅客関係業務は関電アメニックスに委託。通行票(タブレット)の授受や出発合図などの運行管理業務は関電本体所属の社員が行う。

利用可能な路線[編集]

歴史[編集]

  • 1964年昭和39年)8月1日 - 開業
  • 2018年(平成30年)12月1日 - 関電トンネルトロリーバスの鉄道事業廃止に伴い、鉄道駅としては廃止。
  • 2019年(平成31年)4月15日 - 関電トンネル電気バスの運行開始により、自動車駅形態での営業を開始。

駅周辺[編集]

  • 扇沢総合案内センター
  • レストラン扇沢
  • 扇沢ロッジ - 2008年(平成20年)廃業

バス路線[編集]

他に、扇沢駅駐車場が満車の際、約8km大町寄りの籠川臨時駐車場(籠川大橋近く)~当駅間の、無料シャトルバスが随時運行される(片道所要約15分)。

隣の駅[編集]

関西電力
関電トンネル電気バス
扇沢駅 - 黒部ダム駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 関電トンネルにおけるトロリーバスの電気バスへの変更について - 関西電力株式会社(2017年8月28日)
  2. ^ 2009年12月15日までは松本電気鉄道(現:アルピコ交通)も共同運行に参加していた。
  3. ^ 白馬営業所・大町営業所の移管について Archived 2010年2月1日, at the Wayback Machine.(アルピコグループ:2009年12月9日発表)
  4. ^ 中央高速バス「新宿~安曇野・白馬線」扇沢系統新設 - 京王グループ 2012年4月9日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 扇沢 - 立山黒部アルペンルート