坂祝駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
坂祝駅
坂祝駅 駅舎 2022.jpg
駅舎(2022年9月)
さかほぎ
Sakahogi
CG05 鵜沼 (5.2 km)
(4.8 km) 美濃太田 CG07
所在地 岐阜県加茂郡坂祝町取組363
北緯35度25分35秒 東経136度58分36秒 / 北緯35.42639度 東経136.97667度 / 35.42639; 136.97667
駅番号 CG  06 
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 CG 高山本線
キロ程 22.5 km(岐阜起点)
電報略号 サホ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
397人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1921年大正10年)11月12日[1]
備考 駅員無配置駅[1]
テンプレートを表示

坂祝駅(さかほぎえき)は、岐阜県加茂郡坂祝町取組にある、東海旅客鉄道(JR東海)高山本線である[1]。難読駅の一つ。駅番号CG06

歴史[編集]

駅構造[編集]

駅全景

相対式ホーム2面2線を有し、列車交換が可能な地上駅[1]。線路・ホームは東西に伸びており、南側のホームは上り列車が使用する1番線(上り本線)、北側のホームは下り列車が使用する2番線(下り本線)である。下り本線側(北側)のホームへの移動手段として、屋根のない跨線橋が設置されている。貨物取扱駅であった名残で、下り本線の北側には側線が4線引かれている。

木造の駅舎が1番線に接して設置されているが、美濃太田駅管理の無人駅である。2010年3月にTOICA専用の簡易改札機が設置された。かつてはJR貨物が駅業務を受託する業務委託駅であり、みどりの窓口も開設されていた。しかし、鵜沼駅からの名鉄電車犬山方面)の乗車券は発売されていなかった。トイレが駅舎内に併設されている。

高山本線の北側には駅側から西側へデンカ坂祝サービスステーション、太平洋セメント(旧・日本セメント)坂祝サービステーション、太平洋セメント(旧・小野田セメント)美濃サービスステーションが並んでいる。各施設へ側線から専用線が分岐し、専用線上に貨車からセメントを降ろすための荷役設備がある。しかし2007年3月に美濃サービスステーションのものを最後にすべて使用されなくなった。また、駅東側の小西砕石工業所へ至る専用線もあった。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 CG 高山本線 上り 岐阜名古屋方面[注釈 1]
2 下り 美濃太田高山方面[注釈 1]

利用状況[編集]

「岐阜県統計書」によると、1日平均の乗車人員は以下の通りである。

  • 2005年度 - 477人
  • 2007年度 - 479人
  • 2008年度 - 496人
  • 2009年度 - 479人
  • 2010年度 - 449人
  • 2011年度 - 436人
  • 2012年度 - 429人
  • 2013年度 - 451人
  • 2014年度 - 432人
  • 2015年度 - 411人
  • 2016年度 - 402人
  • 2017年度 - 397人
  • 2018年度 - 401人

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道(JR東海)
CG 高山本線
鵜沼駅 (CG05) - 坂祝駅 (CG06) - 美濃太田駅 (CG07)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 駅掲示用時刻表の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(2015年1月現在)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『週刊 JR全駅・全車両基地』 48号 岐阜駅・高山駅・奈良井駅 ほか68駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年7月21日、24頁。 
  2. ^ “平成22年3月 TOICAがますます便利になります!!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東海旅客鉄道, (2009年12月21日), オリジナルの2020年12月19日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201219161536/https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000006922.pdf 2020年12月19日閲覧。 

関連項目[編集]