JR北海道マヤ35形客車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JR北海道マヤ35形客車
JRHokkaido seriesmaya35 TestRan photo1.jpg
本格導入前の(検測機器試験中)マヤ35形
基本情報
運用者 北海道旅客鉄道
製造所 日立製作所
製造年 2017年
主要諸元
軌間 1,067 mm
最高速度 110 km/h
車両定員 10名
自重 42.8 t
全長 21,300 mm
全幅 2,900 mm
全高 3,277 mm
車体 アルミニウム合金
台車 軸梁式ボルスタレス台車
N-TR35
制動装置 自動空気ブレーキ
テンプレートを表示

マヤ35形客車(マヤ35がたきゃくしゃ)は、北海道旅客鉄道(JR北海道)の軌道検測用の事業用客車である。

概要[編集]

製造から39年を超え老朽化したマヤ34形の置換えを目的に開発された車両であり、製造は日立製作所が担当した。

形式名について[編集]

JR北海道の客車形式は国鉄客車の付番規則をおおむね踏襲し、マヤ34形の次の形式であることから、マヤ35形とした。

車体[編集]

車体はアルミニウム合金製のダブルスキン構造で、車体断面形状はJR東日本E491系電車をベースとした。

参考文献[編集]

  • 池田 篤 (2018-08-01). “JR北海道 マヤ35形軌道検測車”. 鉄道ファン (交友社) 58 (8(通巻688)): pp.74-77.