JR北海道キハ283系気動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JR北海道キハ283系気動車
Kiha-283 Nemuro-Main-Line.jpg
キハ283系 特急「おおぞら
(2021年5月7日 大成駅 - 芽室駅間)
基本情報
運用者 北海道旅客鉄道
製造所 富士重工業
北海道旅客鉄道苗穂工場
製造年 1995年 - 2001年
製造数 63両
運用開始 1997年3月22日
主要諸元
軌間 1,067 mm
最高運転速度 130 km/h[1](2013年10月まで)
110 km/h(2013年11月以降)[JR 1]
設計最高速度 145 km/h[1]
起動加速度 2.0 km/h/s(0→60km/h)[2]
減速度(常用) 4.2 km/h/s [2]
減速度(非常) 4.7 km/h/s [2]
編成定員 293名(6両編成)
編成重量 254.3 t(6両編成)
全長 21,300 mm
全幅 2,840 mm
全高 3,375 mm
車体 ステンレス
台車 N-DT283形
(自己操舵付振子台車)
動力伝達方式 液体式
機関 N-DMF11HZA形
機関出力 355ps/2,100rpm ×2 / 両
変速機 N-DW18形
変速段 変速1段・直結4段 パワーオン制御付
制動装置 電気指令式空気ブレーキ
機関ブレーキ排気ブレーキ併用)
保安装置 ATS-SN
ATS-DN
テンプレートを表示

キハ283系気動車(キハ283けいきどうしゃ)[注 1]は、北海道旅客鉄道(JR北海道)が1995年平成7年)から導入、1997年(平成9年)から営業運転を開始した特急形気動車である。

概要

釧路市からの要望で第三セクターの道東高速鉄道開発(現・北海道高速鉄道開発)が事業主体となって1994年から着手された石勝線根室本線南千歳駅 - 釧路駅間)の高速化事業に合わせ、281系気動車の発展形として開発された振子式気動車である[3]。営業最高速度は130km/h、設計最高速度は145km/hである。

1995年に1次試作車が完成し、翌1996年に2次試作車、同年より量産され2001年まで製造された。

1997年3月22日のダイヤ改正から特急スーパーおおぞら」として営業運転を開始し、札幌駅 - 釧路駅間の最短所要時間は、従来の183系気動車による特急「おおぞら」の4時間25分から3時間40分へと大幅に短縮された[注 2]。1998年には特急「スーパー北斗」、2000年には「スーパーとかち」の一部列車にも投入された。

製造メーカーは2次試作車のキハ282-2001のみJR北海道苗穂工場である以外はすべて富士重工業である。

構造

車体

側面のロゴマーク
"FURICO 283"
根室本線 新得駅

車体はキハ281系と同様の軽量ステンレス製で、前頭部のみが普通鋼製になっているのは踏切での事故や、北海道特有である大型野生動物との衝突を考慮したものである。見通し向上と車両や大型動物との衝突事故時の運転士保護のため、前面貫通扉付きの高運転台構造[注 3]としている[4]ほか、客用扉に気密性の高いプラグドアを採用している点もキハ281系と同様である。の発生日数が多い根室本線を走行するため、前照灯は計9灯(内2灯はHID[4])に増やされた。その他、空調装置が屋根上から床下に移される[4][5]など、車体は徹底的な低重心化が行われ、乗り心地を大幅に改善している。完成時は狭軌気動車として最も高速走行が可能な高性能列車であった。

外部の配色は前頭部と客用扉周囲はコバルトブルー、ステンレス地の無塗装部分との境界は萌黄色(ライトグリーン)、客用扉の窓周囲は赤としている[4]。側窓周囲はキハ281系と異なり無塗装のままである。前頭部側面には形式称号と振子機能をイメージした「FURICO 283」のロゴマークリサジュー図形が配されている[4]

主要機器

台車

N-DT283形台車

台車は制御付自然振子式の諸機構を装備するN-DT283形で、傾斜機構はキハ281系と同様の曲線ベアリングガイド式である。本系列では根室本線の急曲線と脆弱な路盤に対応するため、車体支持機構に枕梁を介在させるボルスタ付台車になり、自己操舵(セルフステアリング)機構を組み込んだ[5]。これは前後の軸箱に繋がれたリンクが曲線通過時に伸縮し、車軸を常に軌道と直角に保つものである。あわせて、車体の傾斜角度をキハ281系の5度から6度に拡大した[1]

これらの改良により、半径600m以上の曲線では本則 + 40km/hでの通過が可能である。振子動作を制御・指令するコンピュータは、摩耗による車輪径の減少によって生じる車輪回転数の誤差を自動補正し、振子動作開始地点のずれを解消する機能も有している。また、運用開始当初は1編成の最大連結可能両数が9両であったが、乗車率の高さから増結が常態化したためコンピュータを改良し、現在では最大11両編成までの組成が可能である。

走行機関

N-DMF11HZB形エンジン
N-DM283形油圧駆動式発電機

コマツ製の直列6気筒ディーゼルエンジンN-DMF11HZA形(355ps/2,100rpm)を各車とも2台搭載する[5]。これはキハ281系と同様のものであるが、本系列の液体変速機は変速1段直結4段・パワーオン制御(自動車半クラッチと類似の機構)を採用したN-DW18形を装備している[5]。これにより、中速域からの加速性能と登坂性能の向上、変速ショックの軽減が図られている。

補機類や室内設備などの電源供給用として、油圧駆動式交流ブラシレス発電機 N-DM283 を備える。従来、走行用機関に交流発電機を直結させる方式では、走行用機関の回転数変動による出力電圧を一定制御することはできても、出力周波数が一定制御ができないことが課題となっていたが[6]、本形式に搭載された N-DM283 は走行用機関で油圧ポンプを駆動させ、発生する流体エネルギーを制御することで油圧モータを定速回転させる「油圧駆動式」を初めて採用しており[6]。発電機により発生した交流電源は、その後に冷暖房用の電源として使用されるほか、コンバータ(サイリスタ整流器)により降圧・整流され直流電源として使用されるとともに、さらにインバータで交流に変換され交流電源として使用される。

ブレーキ装置

ブレーキシステムは機関ブレーキ排気ブレーキ併用の電気指令式空気ブレーキ[5]で、高速からの安定したブレーキ性能を有する「マルチモードブレーキ制御システム」[注 4]を搭載している。基礎ブレーキ装置は踏面ブレーキ方式で、制輪子JR北海道苗穂工場製の特殊鋳鉄制輪子を使用しており、凍結した線路上でも最高速度から600m以内での停止が可能である。

接客設備

空調装置は、床置き式でヒーター内蔵のN-AU183Bとなり、腰掛下の吊下げ式電気ヒーターと合わせて暖房の強化が図られている。暖房に機関排熱を利用しないことから、温水艤装も軽減された。これらの空調装置の電源は、前述の発電機から供給される。

座席はフリーストップ式のリクライニングシートで、片持支持方式となったため足元が広くなった[7]。座席モケットの色調は、標準では釧路方面を象徴する「タンチョウ」柄入りのグレー地、背ずりのつかみ手は赤である[7]。「スーパー北斗」用に投入された1998年製(2次量産車)の普通車は、座席モケットの色がキハ281系同様の紫に、背ずりのつかみ手がグレーに変更された。

トイレの汚物処理装置はキハ281系と同様の真空式が採用された。

その他設備

(函館本線 札幌駅 - 千歳線 南千歳駅間、2001年5月11日)

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

自動放送はキハ281系気動車と同じ仕様であるが、側面の行先表示器と先頭車前面の愛称表示器は従来の電照式方向幕から3色LED式に変更された[4][7]。側面の行先表示器にはタンチョウが飛び立つ様子を表した簡易アニメーションが発車時に、車内案内表示装置には列車の現在位置を示す簡易アニメーションが走行中に表示される。

2001年製の5次量産車は、客用扉にドアチャイムを装備し、デッキと客室、連結部の仕切扉の動作を従来の人感式からタッチセンサー式に変更している。また、普通車の座席テーブルや肘掛けを大型のものに変更している。

形式別概説

本系列の形式番号は、製作当初は運転台の有無にかかわらずトイレ付きを283形式、トイレなしを282形式として、同形の車両であっても編成内の連結位置によって番台区分していた。これは、登場当初のキハ283系が1編成単位での運用を前提としていたことによる。

しかし、「スーパーおおぞら」の増結が常態化したことや、「スーパー北斗」・「スーパーとかち」などへの車両運用の拡大によって1編成単位での運用が次第に困難となった。このため、2001年(平成13年)3月に運転台付き車を283形式に、運転台なし車を282形式にし、異なる番台の同仕様車は通し番号に改番した。

2001年(平成13年)製の5次量産車は、当初から新形式番台で落成している。

キハ283形
編成の先頭または中間に組成される、運転台付の普通車である。客用扉は片側2箇所に設置されている。2001年(平成13年)3月までは車椅子対応設備を持つ中間車も同形式を名乗っていた。
900番台 (901, 902)
1次試作車。試運転時はそれぞれ釧路向き、札幌向きに分かれていたが、「スーパーおおぞら」運転開始後は、2両とも札幌向きになっている。定員48名。自重は43.6t。客用扉周囲の塗装パターンが量産車と異なり、ライトグリーンを破線状に配した塗り分け[注 5]としていた。
前照灯ケーシングの形状[注 6]も量産車と異なる。内装ではトイレのドアの色が黄緑色、客室の床の模様が異なる。
洋式トイレと男子用のトイレを設置している。
2015年(平成27年)3月31日付で2両とも廃車され、区分消滅した[8]
0番台 (1 - 21)
基本的には1次試作車(900番台)と同一仕様で、洋式トイレと男子用トイレを設置している。定員48名。自重は43.7t。4, 5, 9, 10(9, 10は落成当初は104, 105)の4両は1998年(平成10年)製の2次量産車で、紫色の座席モケットで落成した。
9両 (6 - 14) は当初、100番台 (101 - 109) として落成したが、2001年(平成13年)3月に改番・編入されて区分消滅した。
2007年(平成19年)10月1日のダイヤ改正で札幌運転所から釧路運輸車両所へ一部車両が転属したのに伴い、3両 (14, 16, 19) が方向転換を実施した。このため、以降は10両 (1 - 5, 12, 14 - 17) が釧路向き、11両 (6 - 11, 13, 18 - 21) が札幌向きの先頭車となった。
キハ282形
編成の中間に組成される、運転台のない普通車。客用扉は片側1箇所である。一部に切妻形運転台[注 7]を設置または準備工事の車両があり、番台で区分される。
0番台 (1 - 8)
車椅子対応車両で、札幌側に車椅子対応の座席とトイレが設置されている。ほかに、男子用トイレ・多目的室・テレホンカード公衆電話(2009年9月30日まで設置[JR 2])がある。定員51名。自重は41.4t。4(落成当初はキハ283-204)は1998年(平成10年)製の2次量産車で、紫色の座席モケットで落成した。
5両 (1 - 5) は当初、キハ283形200番台 (201 - 205) として落成したが、2001年(平成13年)3月に改番・編入されて区分消滅した。同時に、それまでキハ282形基本番台を名乗っていた3両 (1 - 3) はキハ282形100番台 (103 - 105) に改番された。
100番台 (101 - 111)
トイレ・洗面所はない。札幌側に荷物置き場と喫煙コーナー兼ミニラウンジを設ける。定員64名。自重は40.6t。
落成当初は、1次量産車の3両 (103 - 105) が基本番台 (1 - 3) 、2両 (106, 107) が1000番台 (1001, 1002) を名乗っていたが、いずれも2001年(平成13年)3月に100番台に改番・編入されて区分消滅した。
2000番台 (2001 - 2009)
途中駅等における付属編成の増解結を想定し、釧路側に保安装置付きの簡易運転台を備える。このため、付属編成の先頭車として本線での運転が可能である。
トイレ・洗面所はない。札幌側に荷物置き場と喫煙コーナー兼ミニラウンジを設ける。定員60名。自重は41.1t。他の設備は100番台と同一である。
2次試作車の 2001 は本系列唯一の苗穂工場製である。2003, 2004 は1998年(平成10年)製の2次量産車で、紫色の座席モケットで落成した。
2001は2015年3月31日付で廃車された[8]
3000番台 (3001 - 3004)
2000番台と同一の車体構造であるが、簡易運転台は準備工事のみで、運転台窓部分に塞ぎ板が填められている。札幌側に荷物置き場と喫煙コーナー兼ミニラウンジを設ける。定員60名。自重は41.4t。他の設備は2000番台と同一である。
全車とも1998年(平成10年)製の2次量産車で、紫色の座席モケットで落成した。基本的に「スーパー北斗」の中間車として使用されていた[9]
キロ282形 (1 - 8)
中間に組成される、運転台のないグリーン車。座席数は26席。配置は横1 + 2列で、中央で配置が逆転する。車端部には、車内販売準備室・車掌室・男子用および共用洋式トイレ・喫煙コーナーを設置。
各座席はリクライニング、レッグレストなどの操作が電動化され、ヘッドフォンオーディオパソコン用電源(1人がけ座席のみ)などの装備も搭載する。
4次量産車までの5両 (1 - 5) はキロ283形 (1 - 5) として落成した。仕様はほぼ同一だが、登場当初は各座席に電動カーテンが設置されていたが、カーテンの電動設備は順次壁のスイッチ部分にふたをして使用を停止し、手動扱いに改められている。また、電動だった座席も順次交換されている。また、荷物棚にはふたが設置されていたが、使い勝手の面および荷棚ふた取扱時の安全上の問題などから順次撤去された[10]。2001年(平成13年)3月にキロ282形に改番・編入されて形式消滅した。
キハ283系年次別製造番号一覧
製造年次 製造区分 両数 キハ283 キハ282 キロ282 備考
1995 1次試作車 2 901・902      
1996 2次試作車 1   2001   苗穂工場製
1次量産車 20 1・2
(101・102→)6・7
(キハ283-201 - 203→)1 - 3
101・102
(1 - 3→)103 -105
(1001・1002→)106・107
2002
   
1997 3
(103→)8
  (キロ283-1 - 3→)1 - 3  
1998 2次量産車 12 4・5
(104・105→)9・10
(キハ283-204→)4
2003・2004
3001 - 3004
(キロ283-4→)4 S北斗用編成
3次量産車 4 (106→)11 2005・2006 (キロ283-5→)5  
1999 4次量産車 4 (107 - 109→)12 - 14 (キハ283-205→)5    
2001 5次量産車 20 15 - 21 6 - 8
108 - 111
2007 - 2009
6 - 8 側窓強化仕様

改造

140km/h化対応工事
2000年4月から6月にかけ、キハ283-101・106-109に対し実施された[11]
側窓強化改造
酷寒地での高速運転によって車体に付着した氷塊が走行中に落下し、跳ね上げたバラストが側窓を破損する事例が多発した。これを防止するため、2001年から全車に側窓保護改造を行った。側窓の外側にサッシを設け、ポリカーボネート製の透明保護カバーを填め込んでいる。この改造により側面の外観は大きく変化している。2001年製の5次量産車は、当初から保護カバー付で落成した。
ハイブリッド車体傾斜システム試験
2006年3月、283系の振子装置と261系の車体傾斜システムを組み合わせたハイブリッド車体傾斜システムの開発を川崎重工業鉄道総合技術研究所(JR総研)などと共同で行った。振子装置による6度+車体傾斜装置による2度の傾斜で車体を最大8度まで傾斜でき、制限速度90km/hの曲線を140km/hで通過可能とされている。
試験用の台車N-DT283HX形はキハ282-2007に実装され、一般の台車を履いたキハ283系に挟まれた3両編成として札幌駅 - 函館駅間で試運転が行われた。この装置を使っての試験は函館本線八雲駅付近で実施[注 8]された。この試験に使用された先頭車は試運転終了後すぐに定期運用に復帰、ハイブリッド台車を装着したキハ282-2007は苗穂工場で元に戻されたのち定期運用に復帰している。
室内設備改装
2006年3月18日のダイヤ改正で北海道内完結の特急列車を全車禁煙とするため、キロ282形の喫煙コーナー・キハ282形100・2000・3000番台のミニラウンジ内灰皿を撤去して携帯電話使用スペースに変更した。キハ282形基本番台では公衆電話を撤去し、業務用スペースとしている[JR 2]
同時に自動放送が更新され、「アルプスの牧場」・「ハイケンスのセレナーデ」・「鉄道唱歌」のチャイムが流されるようになり、同時に車内案内表示器で英文による案内が開始されている。
座席モケット交換
「スーパー北斗」用に投入された1998年製の2次量産車について、モケット生地の交換を順次実施している。当初装備の紫色モケットは標準仕様のタンチョウ柄に変更された。
特別保全工事
2012年4月現在、特別保全工事施工済みの車両は以下の通り[12]
  • キハ283形(1 - 7・10 - 14・901・902):1は事故廃車。
  • キハ282形(1 - 5・8・102 - 107・2001 - 2006・3002 - 3004):1は事故廃車。
  • キロ282形(1 - 4・6)
グレードアップ座席 正面
グレードアップ座席 背面
グレードアップ指定席[12]
2006年12月17日から、普通車指定席[注 9]の座席改装が開始された[JR 3]
これは座席幅の拡大・背もたれ枕の設置・快速エアポート」などに設定されている「uシート」と同様なチケットホルダーなどの設備を導入し、居住性の向上を図るものである。キハ283形の施工車では1番AB席を撤去して代わりに大型荷物置場が設置され、定員が46名に改められた。
  • キハ283形(1 - 5・12・14 - 17・19 - 21・901・902):1は事故廃車。
  • キハ282形(1 - 8・105 - 111・2001 - 2009・3003・3004):1は事故廃車。
グリーン車リニューアル[12]
2011年10月から2013年3月にかけて、「北斗・スーパー北斗」・「スーパーおおぞら」・「スーパーとかち」に使用されるキハ183系・キハ281系・キハ283系のグリーン車も座席改装が実施された。変更点は座席・仕切り壁・カーペット・カーテン・天井・荷棚・灯具の取替えなどである[JR 4]
  • キロ282形(1 - 6・8):7はリニューアル施行前に事故廃車。

運用の変遷

1995年に先頭車のキハ283-901・902、1996年に中間車のキハ282-2001が製造され、長期試験に供された。

試験走行用編成
← 釧路
札幌 →
号車 1 2 3
形式 キハ283
-901
キハ282
-2001
キハ283
-902

1996年下期から翌年にかけて量産車20両(1次量産車)が製造され、1997年3月22日のダイヤ改正から特急「スーパーおおぞら」として営業運転を開始した。

スーパーおおぞら用編成
← 釧路
札幌 →
号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9
形式 キハ283-
0/900
キハ282
-0
キロ283
-0
キハ283
-200
キハ282
-100
キハ283
-100
+ キハ282
-2000
キハ282
-1000
キハ283
-100/900

1998年に「スーパー北斗」増発用に12両(2次量産車)が増備されたほか、同年下期に「スーパーおおぞら」増発用として4両(3次量産車)が、1999年に4両(4次量産車)が増備された。2000年には「スーパーとかち」にも投入された。

スーパー北斗用編成
← 函館
札幌 →
号車 1 2 3 4 5 6 7
形式 キハ283
-0/900
キハ282
-3000
キロ283
-0
キハ282
-3000
キハ283
-200
キハ282
-3000
キハ283
-100/900

2001年には最終増備車の20両(5次量産車)が増備され、札幌駅 - 釧路駅間の特急列車は、夜行列車を除いてすべて本系列による「スーパーおおぞら」に統一された。なおその後のキハ183系気動車の置換えには、キハ261系気動車(1000番台)が製造されている。

運用開始以来全車を札幌運転所に配置してきたが、2007年10月に半数の31両が釧路運輸車両所に転配された。

現況

キハ281系と連結時の様子
(函館本線 函館駅)

本系列は全38両を釧路運輸車両所に配置し、以下の列車で使用する。

本系列はキハ281系と相互連結が可能となっていた。この場合、編成全体の各機能はキハ281系の仕様に合わせて制御され、振子作用時の車体最大傾斜角はキハ281系に合わせた5度となる。実際の運用では、「スーパー北斗」の運用において、キハ281系編成に本系列車両を増結車として組み込む運用が恒常的に行われていた。「スーパーおおぞら」・「スーパーとかち」の運用において、キハ281系との混結運用はなかった[注 10]

2011年5月27日に石勝線清風山信号場で発生した脱線火災事故の影響により、キハ283形2両(1・9)、キハ282形3両(1・101・3001)、キロ282形1両(7)の計6両(すべて釧路運輸車両所所属)が全焼した[JR 5]。事故車両は損傷が激しく現場からの移動が困難になったため、切断したうえで苗穂工場へと搬送され、同年6月30日付ですべて廃車となった[13]。なお、事故車両の一部は、事故資料として、JR北海道社員研修センター敷地内の専用の建屋にて保存されている[JR 6]

この影響で予備編成が不足し、所定の運用が不可能となったため、同年7月21日 - 2013年10月31日の「スーパーとかち」5・8号、「スーパーおおぞら」2・13号は普通車のみのモノクラス編成とされ(多客時などはグリーン車を連結する場合がある)、ほかの列車についてもバリアフリー対応設備を外した編成で運行される場合があった[JR 7]。その後、廃車となった6両の代替分として、2013年にキハ261系1000番台が製造されている。

2013年11月1日のダイヤ改正でキハ283系の運転最高速度が130km/hから110km/hに引き下げられ[JR 1]、定期運用では「スーパーおおぞら」のみとなる。ただし、車両故障の際の代走[14]および繁忙期の臨時列車に使われることがあるが、いずれも283系単独での運用で最高速度の異なる281系との混結はない。

2015年3月31日付で試験走行用編成の3両(キハ283-901・902、キハ282-2001)が除籍された[8]。所属は偶数番号と試作車は札幌、奇数番号は釧路の配置。

2020年より経年廃車が始まり、同年3月31日付で16両が廃車された。うち8両が五稜郭車両所で、6両が苗穂工場で解体される。また、釧路運輸車両所での廃車解体も現在進行中である。

2022年春のダイヤ改正で「おおぞら」全列車がキハ261系気動車(1000番台)に統一され、定期運用を終了する予定[JR 8]

車歴表

特記ない限りは2021年(令和3年)4月1日現在の情報を示す。

改造歴

  • 改造所…札幌:札幌運転所、苗穂:苗穂工場

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ JR北海道ではWebサイトなど外部文書において「283系気動車」と表記しているが、慣例的なものや、JR西日本283系電車との混同を防ぐため、一般には「キハ283系」と呼ばれることが多い。
  2. ^ 所要時間は翌1998年に最短3時間32分まで短縮された後、その後は停車駅の追加等により、2012年時点では3時間35分となっている。
  3. ^ かつては前面貫通扉と出入台との間は開放されており、乗客が前面展望を楽しむことも可能であったが、2010年1月に発生した函館本線踏切事故で当該列車(789系1000番台)の先頭車前頭部が大破したことを受け、2010年5月1日以降は一般客の立ち入りは禁止されている。
  4. ^ 鉄道総合技術研究所(JR総研)との共同開発。
  5. ^ 現在では量産車とほぼ同様の塗り分けに改められたが、帯幅が若干異なる。
  6. ^ 1次試作車が長方形であるのに対して、量産車では上下辺にR(曲線)が付いている。
  7. ^ 通常の運用では使用されないが、独立した運転室構造で、保安装置および計器類は本線運転用のものを装備する。
  8. ^ 試験実施区間以外の区間は振子を固定して走行していた。
  9. ^ 指定席用ではあるものの、運用の都合上自由席車に充当される場合もある。
  10. ^ これはキハ281系の車両数が少数(27両)であることと、同系列が石勝線・根室本線への乗り入れを想定していないことによる。
  11. ^ 電子レンジと車内販売室スピーカの設置が実施された[18]

転属

  1. ^ 札幌→釧路:2007年10月01日
  2. ^ 札幌→釧路:2007年10月01日
  3. ^ 札幌→釧路:2020年03月14日[21]
  4. ^ 札幌→釧路:2007年10月02日
  5. ^ 札幌→釧路:2020年03月25日[21]
  6. ^ 札幌→釧路:2007年10月01日
  7. ^ 札幌→釧路:2020年03月25日[21]
  8. ^ 札幌→釧路:2007年10月02日
  9. ^ 札幌→釧路:2020年03月25日[21]
  10. ^ 札幌→釧路:2007年10月01日
  11. ^ 札幌→釧路:2020年03月14日[21]
  12. ^ 札幌→釧路:2007年10月01日
  13. ^ 札幌→釧路:2007年10月02日
  14. ^ 札幌→釧路:2020年03月14日[21]
  15. ^ 札幌→釧路:2007年10月01日
  16. ^ 札幌→釧路:2020年03月25日[21]
  17. ^ 札幌→釧路:2007年10月01日
  18. ^ 札幌→釧路:2020年03月25日[21]
  19. ^ 札幌→釧路:2007年10月05日
  20. ^ 札幌→釧路:2007年10月05日
  21. ^ 札幌→釧路:2007年10月01日
  22. ^ 札幌→釧路:2020年03月25日[21]
  23. ^ 札幌→釧路:2007年10月01日
  24. ^ 札幌→釧路:2020年03月14日[21]
  25. ^ 札幌→釧路:2007年10月02日
  26. ^ 札幌→釧路:2007年10月01日
  27. ^ 札幌→釧路:2020年03月25日[21]
  28. ^ 札幌→釧路:2007年10月02日
  29. ^ 札幌→釧路:2020年03月14日[21]
  30. ^ 札幌→釧路:2007年10月01日
  31. ^ 札幌→釧路:2007年10月02日
  32. ^ 札幌→釧路:2007年10月12日
  33. ^ 札幌→釧路:2007年10月01日
  34. ^ 札幌→釧路:2020年04月26日[19]
  35. ^ 札幌→釧路:2020年03月14日[21]

出典

  1. ^ a b c 『鉄道ファン』通巻418号 p.57
  2. ^ a b c 日本鉄道車輌工業会「車両技術」209号「JR北海道283系振子式特急気動車」68P記事。
  3. ^ 『鉄道ファン』通巻418号 p.53
  4. ^ a b c d e f 『鉄道ファン』通巻418号 p.54
  5. ^ a b c d e 『鉄道ファン』通巻418号 p.56
  6. ^ a b “在来線車両用VVVF駆動システムと補助電源システム” (PDF). 富士時報 (富士電機) 第72巻 (第2号): 138-139. (1999). http://www.fujielectric.co.jp/company/jihou_archives/pdf/72-02/FEJ-72-02-133-1999.pdf 2018年1月閲覧。. 
  7. ^ a b c 『鉄道ファン』通巻418号 p.55
  8. ^ a b c 「別冊付録 JR旅客会社の車両配置表/JR車両のデータバンク」『鉄道ファン』2015年7月号、交友社、2015年。
  9. ^ 『列車編成席番表 JR・私鉄』'06夏秋、ジェー・アール・アール、2006年。
  10. ^ 行政相談事例 - JR特急車両の荷棚の改善 (Report). 総務省北海道管区行政評価局釧路行政評価分室. オリジナルの2011-03-23時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110323032648/http://www.soumu.go.jp/kanku/hokkaido/kushiro/060208_06.html 2012年10月14日閲覧。. 
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj 『鉄道ファン』通巻484号 p.86
  12. ^ a b c 「JR各社の車両配置表 北海道旅客鉄道」『鉄道ファン』2012年7月号、交友社、2012年、 1-2頁。
  13. ^ 『JR電車編成表』2012冬、ジェー・アール・アール、交通新聞社、2012年、359頁。ISBN 9784330256115
  14. ^ 特急“スーパー北斗”、キハ283系で代走運転 - 交友社「鉄道ファン」railf.jp 鉄道ニュース 2014年2月9日
  15. ^ a b 『鉄道ファン』通巻423号 p.79
  16. ^ a b c d e f g h i 『鉄道ファン』通巻435号 p.75
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『鉄道ファン』通巻711号 別冊付録 p.32
  18. ^ a b c d e f g h i j k l m 『鉄道ファン』通巻447号 p.71
  19. ^ a b c d e f g h i j k l 『鉄道ファン』通巻723号 別冊付録 p.32
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag 『鉄道ファン』通巻484号 p.87
  21. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 『鉄道ファン』通巻711号 別冊付録 p.33
  22. ^ a b c 『鉄道ファン』通巻459号 p.70
  23. ^ a b 『鉄道ファン』通巻471号 p.70
  24. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 『鉄道ファン』通巻687号 別冊付録 p.33
  25. ^ a b 『鉄道ファン』通巻699号 別冊付録 p.33

JR北海道

  1. ^ a b “安全性向上に向けた輸送サービス抑制へのご理解について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2013年9月4日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/130904-1.pdf 2013年9月5日閲覧。 
  2. ^ a b “北海道内特急列車公衆電話サービス終了のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2009年9月10日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2009/090910-1.pdf 2014年9月6日閲覧。 
  3. ^ “特急列車の指定席にグレードアップ座席が新登場!” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2006年12月13日), オリジナルの2006年12月27日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20061227220215/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2006/061213-1.pdf 2014年9月6日閲覧。 
  4. ^ “グリーン車の座席をリニューアル!” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2011年10月13日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2011/111013-2.pdf 2014年9月6日閲覧。 
  5. ^ “石勝線 清風山信号場構内で発生した列車脱線事故について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2011年5月28日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2011/110528-1.pdf 2014年7月6日閲覧。 
  6. ^ “事業改善命令・改善指示に対する報告について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2011年9月16日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2011/110916-1.pdf 2014年9月6日閲覧。 
  7. ^ “帯広・釧路方面特急列車の一部編成変更について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2011年6月20日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2011/110620-1.pdf 2014年7月6日閲覧。 
  8. ^ “来春のダイヤ見直しについて” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2021年9月15日), オリジナルの2021年9月15日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210915064355/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20210915_KO_3.pdf 2021年9月15日閲覧。 

参考文献

  • イカロス出版 イカロスMOOK 名列車列伝シリーズ5 『特急おおぞら&北海道の特急列車』 1998年
  • 鉄道ジャーナル社鉄道ジャーナル』 2004年12月号 No.458 特集:JR北海道の幹線輸送
  • 交友社鉄道ファン
    • 柏谷秀憲「新車ガイド1 JR北海道キハ283系気動車900番台」『鉄道ファン』第36巻第2号(通巻418号)、交友社、1996年2月1日、 pp.53-57。
    • 編集部「JRグループ 車両のデータ・バンク95/96」『鉄道ファン』第36巻第7号(通巻423号)、交友社、1996年7月1日、 pp.79-89。
    • 編集部「JRグループ 車両のデータ・バンク96/97」『鉄道ファン』第37巻第7号(通巻435号)、交友社、1997年7月1日、 pp.75-90。
    • 編集部「JRグループ 車両のデータ・バンク97/98」『鉄道ファン』第38巻第7号(通巻447号)、交友社、1998年7月1日、 pp.71-89。
    • 編集部「JRグループ 車両のデータ・バンク98/99」『鉄道ファン』第39巻第7号(通巻459号)、交友社、1999年7月1日、 pp.70-89。
    • 編集部「JRグループ 車両のデータ・バンク1999/2000」『鉄道ファン』第40巻第7号(通巻471号)、交友社、2000年7月1日、 pp.70-93。
    • 編集部「JRグループ 車両のデータ・バンク2000/2001」『鉄道ファン』第41巻第8号(通巻484号)、交友社、2001年8月1日、 pp.86-97。
    • 特別付録 「JR各社の車両配置表・平成20年4月1日現在」 - 2008年7月号 No.567
    • 特別付録 「JR旅客会社の車両配置表/JR車両のデータバンク」 - 2015年7月号 No.651
    • 編集部「別冊付録『JR旅客会社の車両配置表2018/JR車両のデータバンク2017-2018』」『鉄道ファン』第58巻第7号(通巻687号)、交友社、2018年7月1日、 pp.33-40。
    • 編集部「別冊付録『JR旅客会社の車両配置表2019/JR車両のデータバンク2018-2019』」『鉄道ファン』第59巻第7号(通巻699号)、交友社、2019年7月1日、 pp.33-40。
    • 編集部「別冊付録『JR旅客会社の車両配置表2020/JR車両のデータバンク2019-2020』」『鉄道ファン』第60巻第7号(通巻711号)、交友社、2020年7月1日、 pp.32-39。
    • 編集部「別冊付録『JR旅客会社の車両配置表2021/JR車両のデータバンク2020-2021』」『鉄道ファン』第61巻第7号(通巻723号)、交友社、2021年7月1日、 pp.32-39。

関連項目

外部リンク