清風山信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

座標: 北緯42度57分00秒 東経142度18分29秒 / 北緯42.95000度 東経142.30806度 / 42.95000; 142.30806

清風山信号場
信号場構内(2010年3月)
信号場構内(2010年3月)
せいふうざん
Seifūzan
(10.0km) 占冠
所在地 北海道勇払郡占冠村字ニニウ2953
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 石勝線
キロ程 67.3km(南千歳起点)
電報略号 セサ
駅構造 地上
ホーム 2線(乗降設備なし)
開業年月日 1981年(昭和56年)10月1日[1]
テンプレートを表示

清風山信号場(せいふうざんしんごうじょう)は、北海道勇払郡占冠村字ニニウ2953にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石勝線信号場である。

概要[編集]

建設当初はニニウの名称でとして計画されていた[2]。近辺にあったニニウ集落は、陸の孤島状態であり鉄道を待ちわびていたが、石勝線の開業前に全戸離村し無人地帯となってしまった。このため開業時には現在の名称で信号場として開業した。

歴史[編集]

構造[編集]

2線を有する単線行き違い型の信号場である。両方の分岐器スノーシェルターで覆っている。

周辺[編集]

占冠村からの長い山道の奥にあり、原生林が広がる。信号場の周囲には柵も何もないが、線路内に無許可で立入ることは禁じられている。

隣の施設[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
石勝線
新夕張駅 (K20) - (楓信号場) - (オサワ信号場) - (東オサワ信号場) - (清風山信号場) - 鬼峠信号場 - 占冠駅 (K21)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』24号 石勝線・千歳線・札沼線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2009年12月27日、15頁。
  2. ^ 岩田伸雄 (1974年1月). “石勝線建設の工事現況”. 建設の機械化 (日本建設機械化協会) (287): pp.11-17. http://jcma.heteml.jp/bunken-search/wp-content/uploads/1974/jcma-1974_01.pdf. 
  3. ^ 石勝線 清風山信号場構内で発生した列車脱線事故について (PDF) - 北海道旅客鉄道プレスリリース 2011年5月28日