追分駅 (北海道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
追分駅
JR Muroran-Main-Line・Sekisho-Line Oiwake Station building.jpg
駅舎(2018年9月)
おいわけ
Oiwake
所在地 北海道勇払郡安平町追分中央
北緯42度52分23.74秒 東経141度48分38.57秒 / 北緯42.8732611度 東経141.8107139度 / 42.8732611; 141.8107139 (追分駅)
駅番号 K15
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
電報略号 オイ←ヲイ
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
492人/日
-2018年-
開業年月日 1892年明治25年)8月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 室蘭本線
キロ程 170.8 km(長万部起点)
安平 (6.8 km)
(8.0 km) 三川
所属路線 石勝線
キロ程 17.6 km(南千歳起点)
H14 南千歳 (17.6 km)
(9.4 km) 川端 K17
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
テンプレートを表示

追分駅(おいわけえき)は、北海道勇払郡安平町追分中央1番地にある北海道旅客鉄道(JR北海道)のである。駅番号K15電報略号オイ[1]事務管コードは▲130330[2]特急とかち」の全列車と、「おおぞら」5号を除く下り全列車、上り2・8・10号が停車する。

概要[編集]

室蘭本線所属線としており[3]石勝線を加えた2路線が乗り入れている。駅番号は石勝線に準拠したK15が与えられている。かつては夕張線(現:石勝線)からの石炭貨物列車が多く往来して栄え、広々とした構内にその面影を残す。

切符には奥羽本線追分駅との区別のため「(室)追分」と表示される。札幌から旭川方面・苫小牧室蘭方面以外で唯一、特急定期券「かよエール」を発売している。

駅構内にあった「追分機関区」や運転士の所属していた「追分運転所」については追分機関区を参照。

歴史[編集]

1975年9月の追分駅と周囲1.5km範囲。上が左から貨物仕分用引き上げ線、室蘭本線岩見沢方面、及び夕張線(当時)夕張方面。ホームは間に2本の待避用中線を挟む単式と島式の複合2面3線で、切り欠きの4番ホームはまだ無い。この内単式ホーム1番線は夕張線が発着していた。駅裏北側にある機関区の大きな扇型車庫は、この写真の約7ヶ月後に焼失した。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成

駅名の由来[編集]

もともとはこの地方の呼称である「植苗」(植苗については植苗駅#駅名の由来を参照)を駅名とする予定であったが、夕張線(→石勝線)の分岐駅となる予定から、古くから分岐路を表す語として用いられた「追分」を駅名とし、後に安平村から駅周辺地域を分村する際には村(→町)の名称となった。

なお、追分町(←追分村)は2006年(平成18年)に早来町(←安平村)と再度合併し安平町となった。

駅構造[編集]

駅舎に面した単式ホーム1面1線(1番のりば)、島式ホーム1面2線(2・3番のりば)および2番のりばの岩見沢・新得方を切り欠いた切り欠き式ホーム1線(4番のりば)、計2面4線を有する地上駅。各ホーム間は跨線橋で連絡している。駅の南側で石勝線室蘭本線を跨ぐ形で立体交差している。1・2番のりばの間に中線があり、石勝線の通過線となっている。

社員配置駅。営業担当(出札改札)は平日の日中のみ配置だが、輸送担当(信号扱い)は終日配置されている。みどりの窓口(営業時間:7時45分 - 18時30分、日祝休業)、自動券売機が設置されている。以前はキヨスクもあった。駅舎の半分は追分保線所(旧・追分工務所)となっている。

管理駅として、室蘭本線遠浅駅 - 栗丘駅の各駅と、石勝線川端駅を管理下に置いている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 石勝線 上り 千歳札幌方面
下り 新夕張帯広釧路方面
2 室蘭本線 上り 苫小牧糸井方面
下り 岩見沢方面 当駅始発
石勝線 下り 新夕張方面
3 室蘭本線 下り 岩見沢方面
石勝線 下り 新夕張方面
4 (定期列車は降車専用)

利用状況[編集]

  • 2012 - 2016年(平成24 - 28年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は245.8人[8]
  • 2013 - 2017年(平成25 - 29年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は242.2人[9]
  • 2014 - 2018年(平成26 - 30年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は235.8人[10]
  • 2015 - 2019年(平成27 - 令和元年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は225.8人[11]

1日の平均乗降人員は以下の通りである。[12][13]

乗降人員推移
年度 1日平均人数
2011 576
2012 554
2013 556
2014 540
2015 530
2016 522
2017 532
2018 492

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
室蘭本線
安平駅 - 追分駅 (K15) - 三川駅
石勝線
普通
南千歳駅 (H14) - (駒里信号場) - (西早来信号場) - 追分駅 (K15) - (東追分信号場) - 川端駅 (K17)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “道央の新しい動脈 石勝線 プロフィールと撮影ガイド”. 鉄道ジャーナル 16 (1(通巻179)): 22-27. (1982-01-01). 
  2. ^ 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。
  3. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  4. ^ a b c 『北海道鉄道百年史 下巻』1981年3月 日本国有鉄道北海道総局 編集・発行。第5編資料/1年表。
  5. ^ a b c 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 II』1998年JTB発行。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l 『追分町史』 1986年8月発行。
  7. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 I』1998年JTB発行。
  8. ^ 駅別乗車人員(2016), (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために) (北海道旅客鉄道株式会社): p. 8, (2017年12月8日), オリジナルの2018年8月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180817124109/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/region/pdf/koumoku/03.pdf 2018年8月18日閲覧。 
  9. ^ 室蘭線(沼ノ端・岩見沢間), (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために) (北海道旅客鉄道株式会社): p. 3, (2018年7月2日), オリジナルの2018年8月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180817154319/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/region/pdf/senku/07.pdf 2018年8月18日閲覧。 
  10. ^ 室蘭線(沼ノ端・岩見沢間) (PDF)”. 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために). 北海道旅客鉄道. p. 3 (2019年10月18日). 2019年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月18日閲覧。
  11. ^ 室蘭線(沼ノ端・岩見沢間) (PDF)”. 地域交通を持続的に維持するために > 輸送密度200人以上2,000人未満の線区(「黄色」8線区). 北海道旅客鉄道. p. 3 (2020年10月30日). 2020年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月4日閲覧。
  12. ^ 国土数値情報 駅別乗降客数データ - 国土交通省、2020年9月24日閲覧
  13. ^ 北海道の交通関係 2020年9月24日閲覧

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]