安平川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安平川
安平川 2012年6月30日撮影
安平川(安平町遠浅) 源武橋より上流を望む
水系 二級水系 安平川
種別 二級河川
延長 49.8[1] km
平均流量 3.8 [1] /s
(静川橋水位観測所)
流域面積 539.2[1] km²
水源 シアビラヌプリ[1]安平町由仁町
水源の標高 364 m
河口・合流先 太平洋苫小牧市
流域 北海道胆振総合振興局管内
テンプレートを表示

安平川(あびらがわ)は、北海道胆振総合振興局管内を流れ勇払川と合流した後に太平洋に注ぐ二級河川。安平川水系の本流である。

地理[編集]

北海道胆振総合振興局勇払郡安平町追分地区と空知総合振興局夕張郡由仁町との境界にあるシアビラヌプリに源を発し、追分地区から早来地区を貫流し、苫小牧市勇払付近で支流の勇払川と合流し太平洋に注ぐ。

地名由来[編集]

アイヌ語でアラは、「片側、片方、一方(対をなすものの片一方)」の意味でビラは「崖」でベッは「川」の意味。川岸の片方が崖になっている地形から付けられた。

治水および利水[編集]

安平町の区間は築堤護岸で治水工事を施されているが、苫小牧(勇払原野)の区間は河道調整地方式[2]である。下流湿地帯の区間では二連の大型樋門で氾濫時の逆流に備えている。支流の支安平川上流に稲作灌漑用の瑞穂ダム - ダム便覧 が築造されている他に一定スパンで揚水機場が設けられている。

二連で動力ラック方式の四号樋門(安平町遠浅)

流域の自治体[編集]

北海道
胆振総合振興局安平町,苫小牧市

支流[編集]

括弧内は流域の自治体

  • 支安平川(安平町)
  • ニタツポロ川(安平町)
  • 東遠浅幹線排水川(安平町)
  • 勇払川(苫小牧市)
  • 明野川(苫小牧市)

関連項目[編集]

主な橋梁[編集]

出典・外部リンク[編集]

脚注[編集]