早来駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
早来駅
早来駅舎(2005年4月)
早来駅舎(2005年4月)
はやきた
Hayakita
遠浅 (5.4km)
(5.7km) 安平
所在地 北海道勇払郡安平町早来大町
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 室蘭本線
キロ程 158.3km(長万部起点)
電報略号 ハヤ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1894年明治27年)8月1日
備考 簡易委託駅
テンプレートを表示
早来駅
はやきた
Hayakita
(3.1km) 中土場
所属事業者 早来鉄道
所属路線 早来鉄道線
キロ程 0.0km(当駅起点)
開業年月日 1922年大正11年)1月18日
廃止年月日 1951年(昭和26年)3月27日
テンプレートを表示
1975年の早来駅と周囲約750m範囲。左下が苫小牧方面。中線を挟んだ相対式ホーム2面2線で、駅舎横の岩見沢側に設置されたストックヤードへ引込み線が若干斜めに引き込まれ、折り返し東にある木工場前へ伸びる。苫小牧側にも貨物ホームと引込み線を有している。このストックヤードへは明治から大正にかけて三井物産の馬鉄森林軌道が南東側にある山林から敷かれて木材を運び入れ、室蘭線の名物と言われた程山積みされた。軌道はヤードに設けられた停留所から近くを流れる沢沿いに標高70m程度の峠を越えて厚真まで伸びていた。後に地元有志の手で設立された早来軌道に引き継がれて、幌内や厚真との間で木材の他に人や物資の輸送を行なった。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

早来駅(はやきたえき)は、北海道胆振総合振興局勇払郡安平町早来大町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線である。電報略号ハヤ

早来町の代表駅であった。かつては早来軌道(後の早来鉄道)の分岐駅で、現在もあつまバスとしてバス運行がされる同区間との接続駅である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する複線区間の地上駅。互いのホームは1番線ホーム北側と2番線ホーム北側を結んだ跨線橋で連絡している[3]。跨線橋はコの字型である[3]。線路南東側の駅舎側ホームが上り1番線、対向側ホームが下り2番線となっている[3]。そのほか1993年(平成5年度)3月時点では、1番線の長万部方から分岐し駅舎南側のホーム切欠き部分の貨物ホームへの貨物側線を1線、2番線の長万部方から長万部方面へ戻る形で分岐する行き止まりの短い側線を1線有していた[3]。また、1983年(昭和58年)4月時点では、貨物列車の待避に使用された上下共用の中線を1線有していた[4]

簡易委託駅となっている(窓口営業時間8時30分‐18時00分)。駅舎は構内の東側(岩見沢方面に向かって右手側)に位置し1番線ホーム中央部分に接している[3]有人駅時代の駅舎は改築され、1989年(平成元年)築[3]の「道のえき」と名付けられた、正面向かって右手側が駅、左手側が「安平町物産館」の銘板の掲示された「町民ふれあい広場」と名付けられた土産物店兼喫茶店となっている、シンメトリーのデザインを採用した[5]駅舎となっている。駅舎内にトイレを有する[5]

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地名より。地名はアイヌ語の「サク・ルペシペ」(夏に越える沢道)の上半分に当て字をした「早来」(さっくる)が「はやきた」と読み替えられたことに由来するとされる[6]。或いは単に「サクル」(夏越す道)に漢字を当てたもの[3]、「ハイ・キ・ト」(のある沼)[5]など、由来には諸説ある。

利用状況[編集]

  • 1981年度(昭和56年度)の1日乗降客数は394人[4]
  • 1992年度(平成4年度)の1日乗降客数は388人[3]

駅周辺[編集]

早来町の中心部。2006年(平成18年)の合併によって成立した安平町の役場も近い。

その他[編集]

  • 金山線(後の富内線)は北海道炭礦鉄道の敷設願いが当時の政府に却下されて以来、早来町有志によって誘致請願が頻繁に出されていた。大正3年には請願が功を奏して政府採択となったが、同時期に室蘭の有力者楢崎平太郎を代表とする15名からも請願が出され、大正7年に楢崎側に敷設免許が下り、北海道鑛業鐵道(後の北海道鉄道 (2代))を設立した。当初計画では早来駅を起点としていたが、実際の敷設段階で急遽沼ノ端駅へ変更された。このため早来町住民による反対運動が起こるなど、建設を巡って一時騒然とした。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
室蘭本線
遠浅駅 - 早来駅 - 安平駅

かつて存在した路線[編集]

早来鉄道
早来鉄道線(廃止)
早来駅 - 中土場駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1981年(昭和56年)4月時点では業務委託駅であった(書籍『コロタン文庫36 国鉄駅名全百科 56.4訂補版』(小学館1981年10月発行)54ページより)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 早来町史 昭和48年3月発行。
  2. ^ 追分町史 昭和61年8月発行。
  3. ^ a b c d e f g h 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館1993年6月発行)90ページより。
  4. ^ a b 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)85ページより。
  5. ^ a b c 書籍『北海道鉄道駅大図鑑』(著:本久公洋、北海道新聞社2008年8月発行)117ページより。
  6. ^ 書籍『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』(監修:太田幸夫、富士コンテム、2004年2月発行)58ページより。

関連項目[編集]