国鉄C62形蒸気機関車3号機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄C62形蒸気機関車 > 国鉄C62形蒸気機関車3号機
PODY ribbon.svg
第6回(1989年

カテゴリ / テンプレート

C62 3は、かつて北海道鉄道文化協議会(鉄文協)が所有し、動態運転していた蒸気機関車 (SL) で、日本国有鉄道(国鉄)の前身である運輸省が製造したC62形蒸気機関車の1両である[1]。かつて「C62ニセコ号」で使用されていた。

現役時代から保存まで[編集]

D52 458の改造車両という名義で、日立製作所にて1948年昭和23年)6月18日に落成(製造番号 1931)、糸崎機関区に新製配置された。

1950年代後半、所要両数に余裕が生じ、不調機から保留車が出始めつつあったC62形を、軽軸重形に改造の上で北海道へ転用投入する案が持ち上がった。まず1956年(昭和31年)9月15日に本機が梅小路機関区から苗穂工場へ発送され同年9月20日に入場、極寒地対応(耐寒・耐雪改造工事[2])改造を実施後に機関士の習熟運転を行った後の1956年10月11日に函館本線の営業列車下り「まりも」翌12日に上り「大雪」を使用し(小樽 - 函館間往復)、試運転が実施された。破格の大形機故に危惧されていた軌道負担増大の問題について、運用担当部署と保線担当部署で話し合いの上で、保線側で充分対応可能な範囲に収まるなどその結果は良好であった。 これを受けて、保留車となっていたC62形は、D52形から流用されていた戦時設計による粗製濫造ボイラーの新製交換と、軸重軽減改造、耐寒・耐雪工事(本機の場合は、1956年8月31日から9月8日まで鷹取工場で甲修繕を実施後、苗穂工場まで回送、臨時入場し耐寒・耐雪改造工事)を施工した後、同年9月26日付で小樽築港機関区へ転属されることとなった。[3]

1972年(昭和47年)秋に、C62 2は動態保存先の梅小路蒸気機関車館へ転属し、本機が臨時列車用として残ったが他の同形機は廃車解体となった。その後、一時休車状態にあった本機が1973年(昭和48年)の2月から9月まで函館本線小樽 - 長万部間の普通列車を牽引したことがあった。しかし同区間の完全無煙化により、本機も同年10月末で第一次休車となり、1974年(昭和49年)の7月から第二次休車となり廃車となった(正式な除籍は1976年〈昭和51年〉3月19日、日本国有鉄道工事局通達第1224号〈保存目的〉)。1977年(昭和52年)の4月21日に他の保存される蒸気機関車2両とともに小樽市の北海道鉄道記念館(その後、小樽交通記念館を経て現在は小樽市総合博物館)搬入され、その後静態保存されることになった。[4]

動態復元から「C62ニセコ号」運転終了まで[編集]

「C62ニセコ号」の様子(1994年8月撮影)

国鉄分割民営化直前の1986年(昭和61年)10月4日[5]、北海道鉄道記念館(当時の呼称、現在は小樽市総合博物館)に静態保存されていた本機は(手宮線は既に廃線となっていたが、1986年に小樽市が、手宮線に架橋されている跨線橋が大型車両の通行に支障を来すために支障部分の鉄橋および手宮線のレール撤去をすることを決定した[6])、旧手宮線経由で小樽築港運転区に運び込まれ[5]、有火状態への仮復旧が行われた。

その前年となる1985年(昭和60年)5月15日に、復活運転の是非を検討すべく小樽築港運転区の検修陣・SL検修担当OBらにより、本機に関して現地にて詳細な調査が行われ[7]、腐食箇所等は複数あったものの修復は可能であり、牽引での小樽築港運輸区までは走行可能と判断されていた。しかし、その後計画は管轄の札幌鉄道管理局の上層部内で理由は不明だが、予算が付くことがなく移送作業は中断していた。

前述した新聞報道を受け、レールが記念館までつながっている間に小樽築港運転区に収容するため(レールが撤去されると車両の大きさや重量および館内での作業スペースが全くないことや、同館から搬出する手段〈敷地内にトレーラーすら入ることができない〉および運搬ルートが事実上なくなってしまい同館から搬出できなくなる〈道路の構造、天井高が運搬上のネックとなる〉)、急遽国鉄札幌鉄道管理局からの予算が確保でき、1986年10月4日ディーゼル機関車DD16 15牽引による超徐行運転により引き出され、1986年(昭和61年)10月5日未明に小樽築港機関区に収容された。[8]

その後、小樽築港運転区に収容された本機ほぼすべての部品が分解されるなどしてから、ボイラーの定圧水圧検査および各種装置の検査結果に従った修繕、走り装置一式の分解修繕、給水関係機材などの不足する部品の製作などを行い、さらにボイラケーシングをはじめとする車体の再塗装などの有火状態で自走できるまでの仮復旧作業が行われ、翌1987年(昭和62年)3月31日から同年4月1日にかけての国鉄分割民営化イベントへ仮復旧状態で参加した[1]。その後、同年4月より苗穂工場で徹底的な完全修繕(ボイラの完全修復・運転席キャブの新規製作・ATSの再整備・テンダー(炭水車)部分の新規製作等)が実施されて動態復元工事が終了し1988年(昭和63年)3月3日付でJR北海道に正式に車籍編入され、本線復帰となった。

また、復元や検修作業に必要な検修用工具・SL用部品やC62専用工具は、既に小樽築港運転区および車籍復活後の所属区となる苗穂運転区にもなかったため、JR北海道およびJR貨物北海道支社管内のSL所属歴のある運転区から保管または発見された工具を持ち帰った物も存在した(これらの工具の中にはSL運用が廃止され、もう使用しないということでスクラップ前提で野外に放置されていた〈鉄の値段が安いという理由でスクラップ業者も引き取らなかったと引取に向かった検修担当者は引用文献でインタビューに答えている〉、またSL用部品は検修庫の倉庫に死蔵されていたものを発見し持ち帰っている、運用終了後に残存した部品は現在も運用されているC11形蒸気機関車の検修・部品の製作時の見本にも使用されている)。JR北海道所属現業機関およびJR貨物北海道支社管内の現業機関に保管されていた工具および部品を苗穂運転区へ移管を行い、C62専用工具は北海道鉄道記念館に国鉄小樽築港運転区から寄贈・展示されていたものをJR北海道が同館から借用の上、同一の工具を2組を新規作成した上で(重整備を担当する苗穂工場、所属配置区である苗穂運転区、運用時の拠点の小樽築港運転区で計3組である)運用中は使用されていた。運用終了後に借用した工具は小樽市総合博物館[9]に返却され、現在は同館の蒸気機関車資料館にて展示されている。[10]残りの2組は苗穂工場で保管されており、その一部は苗穂工場内にある「北海道鉄道技術館」でも展示されている。

翌1988年4月29日から函館本線小樽 - 倶知安間にて、臨時快速「C62ニセコ号」として復活運転を開始した。1990年平成2年)5月3日に運転区間は小樽 - ニセコ間に拡大され、ニセコ駅には専用の転車台新得機関区に以前あったものを転用)も設置された。

しかし、本機の運転を行っていた鉄文協が全般検査費用の資金を確保できなくなった上に、運行経費の確保もままならなくなった。やむを得ず1995年(平成7年)11月3日をもってC62ニセコ号の運転は終了となった。翌1996年(平成8年)に鉄文協も解散した。

再び静態保存まで[編集]

苗穂工場で2007年鉄道の日イベントで本機が公開された時の様子。クハ780-1とともに体験乗車に使用された。

C62ニセコ号運転終了後、本機は将来の復活の可能性に備え、北海道旅客鉄道(JR北海道)の苗穂工場内にある北海道鉄道技術館に保管される運びとなったが、検査期間切れとなったため、1996年11月8日[11]に除籍された。その後、1999年(平成11年)にJR北海道は、小型で汎用性が高く運用コストの低廉なC11形蒸気機関車を復活させ、現在の運転はJR北海道自身で行っている。

2007年(平成19年)には、苗穂工場の一般公開イベントで本機が展示された(画像参照)。2009年(平成21年)2月、東日本旅客鉄道(JR東日本)による新たなSL動態復元の調査の際、本機がリストアップされたが、JR北海道は同機の譲渡を認めなかった。2010年(平成22年)10月、本機は準鉄道記念物に指定された。

現在は「北海道鉄道技術館」の夏季指定公開日(おおむね5 - 11月である)に見学することができる。また、鉄道の日関連イベントでの公開の際は自走こそしないものの、車両に牽引された本機の運転席に添乗し、数百メートルではあるが、往復添乗をすることができる。(技術館本館の開館時間は毎月第2・第4土曜日。13:30 - 16:00である)[12]

脚注[編集]

  1. ^ a b 鉄道ジャーナル』第21巻第7号、鉄道ジャーナル社、1987年6月、 77 - 81頁。
  2. ^ 作業内容として、機関士・機関助士前面窓に旋回窓取付、自動給炭機からの排気蒸気を再利用した石炭庫・重油タンク・水タンク内への凍結防止措置配管の敷設、回転火の粉止め設置、運転室内暖房装置設置、スノープラウ取付工事等が行われている
  3. ^ C62 3履歴簿 JR北海道所蔵 『函館本線C62』 pp.178 - 183に掲載
  4. ^ 『函館本線C62』C62 3履歴簿 JR北海道所蔵 pp.178 - 183、「ドキュメント・復活C62 3〜復元までの軌跡〜」 pp.248 - 249に掲載
  5. ^ a b 鉄道ジャーナル』第21巻第1号、鉄道ジャーナル社、1987年1月、 127頁。
  6. ^ 北海道新聞昭和61年9月報道
  7. ^ 『函館本線C62』、イカロス出版、2018年9月、 249頁。
  8. ^ 『函館本線C62』、イカロス出版、2018年9月、 246頁。
  9. ^ https://www.city.otaru.lg.jp/simin/sisetu/museum/
  10. ^ 『函館本線C62』、イカロス出版、2018年9月、 266頁。
  11. ^ 一部のウェブサイトや文献では2000年(平成12年)9月となっていることもあるが、誤りである
  12. ^ 北海道鉄道技術館HP http://www.jrh-zaidan.or.jp/business/page01.html

関連項目[編集]