手宮線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese National Railway logo.svg 手宮線
小樽市内に保存されている手宮線の線路(2005年7月)
小樽市内に保存されている手宮線の線路
(2005年7月)
概要
現況 廃止
起終点 起点:南小樽駅
終点:手宮駅
駅数 2駅(廃止時)
運営
開業 1880年11月28日 (1880-11-28)
旅客営業廃止 1962年5月14日
廃止 1985年11月5日 (1985-11-5)
所有者 Flag of Hokkaido Development Commission vector.svg 官営幌内鉄道北海道炭礦鉄道National Railway Symbol of Japan.png 鉄道作業局→帝国鉄道庁鉄道院→鉄道省運輸通信省運輸省Japanese National Railway logo.svg 日本国有鉄道(国鉄)
路線諸元
路線総延長 2.8 km (1.7 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 全線非電化
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線(廃止当時)
STR
函館本線
BHF
0.0 南小樽駅
xKRWgl KRW+r
exHST STR
1.1 色内仮乗降場 -1962
exSTR HST
小樽駅
exSTR KRWl
函館本線
exBHF
2.8
0.0*
手宮駅
exKDSTe
0.7* 桟橋駅 -1901

手宮線(てみやせん)は、北海道後志支庁小樽市南小樽駅から同市内の手宮駅を結ぶ日本国有鉄道(国鉄)が運営した鉄道路線(貨物線)である。北海道で最初の鉄道開業区間の一部で、石炭や海産物の積み出しで賑わったが、1985年(昭和60年)11月5日に廃止となった[新聞 1]

路線データ(廃止時)[編集]

歴史[編集]

北海道では最初の鉄道[注釈 1]である官営幌内鉄道(手宮 - 札幌 - 幌内)の一部として1880年明治13年)11月28日に開通した。官営幌内鉄道は1889年(明治22年)12月11日北海道炭礦鉄道に譲渡された後、鉄道国有法によって1906年(明治39年)10月1日に買収、国有化された。

1958年昭和33年)に旅客列車の気動車化を実施し、1959年(昭和34年)9月22日のダイヤ改正時点では9往復が運行されていた。利用客減少のため、1961年(昭和36年)10月1日のダイヤ改正(サンロクトオ)で旅客列車は蒸気機関車牽引の客車列車2往復のみとなり、翌1962年(昭和37年)5月14日を最後に旅客営業が廃止された[新聞 2]

その後も貨物輸送は続けられたが、輸送量の減少により1985年(昭和60年)8月下旬から貨物列車の運行がなくなり、同年11月3日・4日にさよなら運転として臨時列車「さよなら手宮線手宮号」が運行され、翌日付で廃止された[新聞 1]

駅一覧[編集]

  • 全駅北海道後志支庁)内に所在
  • 事業者名、自治体名は廃止当時のもの。
  • 仮乗降場には営業キロが設定されていなかった。括弧内に実キロを記す。

南小樽 - 手宮間[編集]

駅名 駅間
営業
キロ
累計
営業
キロ
接続路線・備考 所在地
南小樽駅 - 0.0 日本国有鉄道函館本線 小樽市
色内仮乗降場 - (1.1) 1962年(昭和37年)5月15日廃止
手宮駅 2.8 2.8 北海道炭礦鉄道:北海道炭礦鉄道(貨物線)※桟橋方面

手宮 - 桟橋間[編集]

駅名 駅間
営業
キロ
累計
営業
キロ
接続路線 所在地
手宮駅 - 0.0 北海道炭礦鉄道:北海道炭礦鉄道 ※南小樽方面 小樽区
(貨)桟橋駅 0.7 0.7  

その他[編集]

現在、廃線跡のほとんどが保存されている。踏切も残っており、踏切での一時停止の不要を知らせる看板もある。小樽市は廃線跡のうち、約1.6 km を線路や遮断機などの遺構を残しながら歩きやすく舗装し、散策路として整備している。寿司屋通りから中央通りまでの510 m は2001年(平成13年)度に用地をJR北海道から取得し、同年度中に完成した。その後、中央通りから小樽市総合博物館(鉄道・科学・歴史館)までの約1,160 m が2006年(平成18年)度に用地を取得し、2013年(平成25年)度から4年間の計画で整備され、2016年(平成28年)10月までに最後の147 m の工事が完成し、同年11月6日に開通記念式典を行う予定[新聞 3]。また、手宮駅跡は小樽市総合博物館の本館(鉄道・科学・歴史館)として活用されている[新聞 3]ほか、手宮線をLRTとして復活する提案が地元の「小樽まちづくり協議会」を中心になされている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 北海道では当路線より先に、1869年(明治2年)に泊村茅沼炭山より海岸まで軌道(茅沼炭鉱軌道)が敷設されているが、牛力での貨車牽引だったため「鉄道」とはみなさないとされるのが一般的である。
  2. ^ 『新日本鉄道史』下巻(1973年再版)の2頁によれば、銭函 - 手宮間で試運転となっている[1]が、『北海道鉄道百年史』上巻などでは10月24日は熊碓村第4隧道(現・朝里駅より小樽側) - 手宮桟橋間での試運転、11月11日銭函 - 手宮間仮運転と記述。
  3. ^ 色内を中心とする1904年(明治37年)の小樽市内大火災前後に北海道炭礦鉄道が手宮-色内間の移転用地を買収していたことが、資料の図中予定線内に列記された「炭礦」の記述から読み取れる[3]。1904年(明治37年)同年3月より工事着手、6月竣工、7月1日より使用開始[4][5]

出典[編集]

  1. ^ 『新日本鉄道史』下巻(1973年再版) 2頁
  2. ^ 国立公文書館デジタルアーカイブ 明治13年11月2日付開拓使上申書「後志国手宮波戸場落成并同所ヨリ熊碓村間ノ鉄道汽車運転ヲ試ム」
  3. ^ 1904年(明治37年)発行 小樽区明治三十七年五月八日大火災地同市区改正地域明細図 北海道立図書館 北方資料デジタル・ライブラリー
  4. ^ 「北海道炭礦鐵道 第三十回営業報告(明治37年上半期)」 227頁
  5. ^ 「北海道炭礦鐵道 第三十一回報告(明治37年下半期)」 270頁
  6. ^ 『北海道鉄道百年史』下巻 59頁

新聞記事[編集]

  1. ^ a b c “気笛一声〝明治〟去る 国鉄手宮線でさよなら列車”. 北海道新聞. フォト北海道(道新写真データベース) (北海道新聞社). (1985年11月4日). オリジナル2016年10月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161028120022/http://photodb.hokkaido-np.co.jp/detail/0090359516 2016年10月28日閲覧。 
  2. ^ a b “14日で国鉄手宮線の旅客扱い廃止”. 北海道新聞. フォト北海道(道新写真データベース) (北海道新聞社). (1962年5月15日). オリジナル2016年10月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161028131140/http://photodb.hokkaido-np.co.jp/detail/0090359505 2016年10月28日閲覧。 
  3. ^ a b 中野訓 (2016年10月20日). “旧手宮線散策路が完成へ 新観光ルート期待 小樽” (日本語). 北海道新聞. どうしんウェブ/電子版(道央) (北海道新聞社). オリジナル2016年10月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161028113716/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/1-0328672.html 2016年10月28日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]