南小樽駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
南小樽駅
駅舎外観(2017年5月)
駅舎外観(2017年5月)
みなみおたる
Minami-Otaru
S15 小樽 (1.6km)
(2.1km) 小樽築港 S13
所在地 北海道小樽市住吉町10番7号
駅番号 S14
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 函館本線
キロ程 254.1km(函館起点)
電報略号 タル
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
1,751人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1880年明治13年)11月28日[1]
備考 業務委託駅
みどりの窓口
テンプレートを表示
南小樽駅
みなみおたる
Minami-Otaru
(2.8km) 手宮
所属事業者 Japanese National Railway logo.svg日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 手宮線貨物線
キロ程 0.0km(南小樽起点)
開業年月日 1880年(明治13年)11月28日[1]
廃止年月日 1985年昭和60年)11月5日[1]
テンプレートを表示

南小樽駅(みなみおたるえき)は、北海道小樽市住吉町10番7号にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線である。駅番号S14電報略号タル事務管コードは▲130116[2]

概要[編集]

快速エアポート」・「ニセコライナー」、区間快速「いしかりライナー」の停車駅になっている。「南樽」(なんたる)の愛称で親しまれており[3]、駅構内のサクラは小樽市の桜の名所の1つになっている[4]。小樽市では、南小樽駅のバリアフリー化を含む駅周辺のバリアフリーを一体的に進める「南小樽駅周辺地区バリアフリー基本構想」を策定し、今後整備する方針にしている[5]

歴史[編集]

1976年(昭和51年)の南小樽駅、周囲約750 m範囲。左上が小樽方面及び手宮線手宮方面。右上には港湾埋立地に沿って浜小樽へ貨物支線が走る。島式ホーム1面2線だが、貨物扱いが小樽築港駅へ集約されるまでは、駅表の小樽築港寄りに長い屋根のある貨物ホームがあった。写真では保線車庫が置かれ、側線はそのまま残されている。またこの位置は当駅の初代駅の開運町駅があった場所に当たる。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅構造[編集]

島式1面2線のホームを持つ地上駅。掘割の下を線路が走っているためホームだけが低くなっており、駅舎・ホーム間の移動は跨線橋で行なう。ホーム上には量徳橋(市道住吉線)が架かっている。駅舎とホームの間に旧手宮線の名残を見ることができる。業務委託駅北海道ジェイ・アール・サービスネット)。みどりの窓口(営業時間:5時30分 - 23時10分)、自動券売機自動改札機セブン-イレブン北海道キヨスク運営)を設置している[14]

のりば 路線 方向 行先
1 函館本線 上り 小樽倶知安方面
2 下り 手稲札幌岩見沢新千歳空港方面

利用状況[編集]

2015年(平成27年)度の1日平均の乗車人員は1,751人である。

近年の1日平均乗車人員は以下の通り。

年度 1日平均
乗車人員
2005年 1,682
2006年 1,726
2007年 1,781
2008年 1,773
2009年 1,764
2010年 1,767
2011年 1,762
2012年 1,740
2013年 1,778
2014年 1,778
2015年 1,751

駅周辺[編集]

メルヘン交差点まで徒歩約8分、龍徳寺まで徒歩約10分に位置している。

バス路線[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
函館本線
快速「エアポート」・「ニセコライナー」・区間快速「いしかりライナー」・普通
小樽駅 (S15) - 南小樽駅 (S14) - 小樽築港駅 (S13)

かつて存在した路線[編集]

日本国有鉄道(国鉄)
手宮線(貨物線)
南小樽駅 - 色内仮乗降場 - (貨)手宮駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 北海道炭礦鉄道会社 第十九回営業報告、写真集「小樽」小樽史談会編 国書刊行会 昭和54年出版 P60 No.83及び84、北海道鉄道百年史 上巻 P41手前挿付ページ写真「住吉(現・南小樽)停車場」及びP141写真「住吉停車場」の比較によれば、官営時代の西欧風建屋から北海道炭礦鉄道に特徴のある切妻の建屋に変更されている。なお、北海道鉄道百年史のP41の住吉隧道の横から駅構内を俯瞰している写真(または外部リンクの田本写真帳の写真)と比較すれば、国書刊行会出版写真集No.83の写真中央は住吉停車場で右は水天宮裏隧道ではなく住吉隧道。
  2. ^ 旧小樽駅をまちの中心部と思って間違える客が少なくなかったために改称したと言われている[7]。なお、この際当局は所在地名より「入舟」とする意向だったが、反対派の陳情などもあり、「南小樽」となった[8]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j 鉄道ジャーナル』第20巻第13号、鉄道ジャーナル社、1986年12月、 15-22頁。
  2. ^ 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p JR南小樽駅開業125年!11/28の乗降人員クイズ実施!”. 小樽ジャーナル. 小樽ジャーナル社 (2005年11月25日). 2017年5月27日閲覧。
  4. ^ JR南小樽駅”. 桜の情報. 小樽市. 2017年5月27日閲覧。
  5. ^ 南小樽駅周辺地区バリアフリー基本構想”. 小樽市. 2017年5月27日閲覧。
  6. ^ 北海道炭礦鉄道会社 第五回営業報告。
  7. ^ 小樽駅の“今・昔”そしてこれから (PDF)”. 広報おたる. 小樽市 (2011年). 2017年5月27日閲覧。
  8. ^ 『小樽歴史年表』歴史文化研究所2006年
  9. ^ 北海道鉄道百年史 下巻 P59。
  10. ^ 札幌工事局70年史 1977年3月発行、P208 工事工程表より。
  11. ^ JR初のコンビニエンス 南小樽駅に開店”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1988年1月15日). 2017年5月27日閲覧。
  12. ^ “駅番号表示(駅ナンバリング)を実施します” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2007年9月12日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2007/070912-3.pdf 2014年9月6日閲覧。 
  13. ^ Kitacaサービス開始日決定について (PDF)”. 北海道旅客鉄道 (2008年9月10日). 2015年6月12日閲覧。
  14. ^ セブン-イレブン北海道ST南小樽店”. 北海道キヨスク. 2017年5月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]