発寒駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
発寒駅
駅舎と連絡通路(2004年9月)
駅舎と連絡通路(2004年9月)
はっさむ - Hassamu
S06 稲積公園 (2.2km)
(1.8km) 発寒中央 S04
所在地 札幌市西区発寒9条13丁目
駅番号 S05
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 函館本線
キロ程 279.2km(函館起点)
電報略号 サム
駅構造 橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
4,388人/日(降車客含まず)
-2013年度-
開業年月日 1986年昭和61年)11月1日[1]
備考 [札] 札幌市内
*業務委託駅
*みどりの窓口 有
改札口
ホーム

発寒駅(はっさむえき)は、北海道札幌市西区発寒9条13丁目1にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線である。駅番号はS05電報略号サム

歴史[編集]

もともと、この地一帯は牧場や畑が広がっていた。函館本線開通後昭和後期まで、手稲琴似駅間には駅が無く、両駅は遠く離れていることから、不便を感じた当時の地主が土地を提供し発寒駅が開設された、という話が駅南口の「発寒駅開設記念碑」に記されている[2]。またその土地(牧場)の跡地は、駅南側にある札幌市立西小学校の東隣にある。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線(ホーム長:180m[5])を持つ橋上駅

業務委託駅北海道ジェイ・アール・サービスネット[要出典]みどりの窓口(営業時間5時30分~23時40分)、自動券売機自動改札機キヨスク設置。

跨線橋式の自由通路が目立つが、これは札幌市が維持管理する施設のため、JR北海道としての駅舎の規模は小さい。

のりば
1 函館本線(上り) 手稲小樽方面
2 函館本線(下り) 札幌岩見沢新千歳空港方面

駅周辺[編集]

工業地帯の中にあり、周辺には工場が林立しているが、2000年代後半以降は大型商業施設イオンモール札幌発寒」の開業や、大規模マンション「パークスクエア札幌発寒」(住友不動産が分譲)の完成など、駅周辺の姿は変化してきている。

駅北部
駅南部

利用状況[編集]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1990 2,469
1995 3,045
1998 3,109
1999 2,561
2000 2,449
2001 2,421
2002 2,388
2003 2,526
2004 2,686
2005 2,789
2006 3,283
2007 3,556
2008 3,721
2009 3,830
2010 4,014
2011 4,170
2012 4,293
2013 4,388

北海道旅客鉄道によると、2012年度の1日平均の乗車人員は4,388人であり、札幌市内のJR駅(26駅)の中では、同時開業した隣の稲積公園駅に次いで9番目に多い。

2006年(平成18年)10月26日にイオンモール札幌発寒が開業して[6]以降、駅周辺でマンション建設が進み、乗車人員は増加傾向にある[要出典]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
函館本線
ホームライナー・快速「ニセコライナー」「エアポート」・区間快速「いしかりライナー」
通過
普通(札幌駅以東で快速又は区間快速となる列車含む)
稲積公園駅 (S06) - 発寒駅 (S05) - 発寒中央駅 (S04)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “新駅はや通勤ラッシュ ローカル線には代替バス”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1986年11月1日)
  2. ^ 本久 (2008) (P57)
  3. ^ 駅番号表示(駅ナンバリング)を実施します (PDF)”. 北海道旅客鉄道 (2007年9月12日). 2014年9月6日閲覧。
  4. ^ Kitacaサービス開始日決定について (PDF)”. 北海道旅客鉄道 (2008年9月10日). 2015年6月12日閲覧。
  5. ^ 札幌の都市交通データ 3.JR (3)JR駅の概要(札幌市内) (PDF)”. 北海道旅客鉄道. 2015年1月8日閲覧。
  6. ^ a b “道内小売動向 年末控え出店・改装相次ぐ”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2006年10月30日)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]