大麻駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大麻駅
北口駅舎(2012年10月)
北口駅舎(2012年10月)
おおあさ
Ōasa
A05 森林公園 (2.3km)
(3.4km) 野幌 A07
所在地 北海道江別市大麻中町
駅番号 A06
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 函館本線
キロ程 300.8km(函館起点)
電報略号 オア
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1966年昭和41年)12月15日[1]
備考 業務委託駅
みどりの窓口
テンプレートを表示
南口駅舎(2015年9月)
1976年の大麻駅と周囲500 m範囲。左が札幌方面。周囲は札幌及び江別通勤圏となる新興住宅街である。相対式ホーム2面2線。ホームを結ぶ連絡橋に隣接して駅裏からの跨線人道橋(自由連絡通路)が設置されている。東側の大麻地下道および大麻インターチェンジは1967年(昭和42年)に完成しており、鉄道林を横断する形の踏切跡もまだ残っている(2015年現在でも鉄道林の途切れた箇所が残っている)。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

大麻駅(おおあさえき)は、北海道江別市大麻中町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線駅番号A06電報略号オア

歴史[編集]

  • 1966年昭和41年)12月15日:日本国有鉄道の駅として厚別—野幌間に新設。旅客のみ取扱い。
  • 1968年(昭和43年)8月:函館本線小樽—滝川間電化[2]
  • 1987年(昭和62年)
    • 2月:南口開業[2]。レストラン「パル・アーク」(後の「自由人舎 時館」)併設(『鉄道建築協会賞』(推薦)受賞[3])。
    • 4月1日:国鉄分割民営化によりJR北海道に継承。
    • 時期不詳:大麻駅北口改装。自動販売機移設および正面玄関整備、喫茶「れんが」閉店し跡地にトイレを移設、
  • 1999年平成11年)
    • 3月15日:コンビニとパン屋が一体となった店舗が開業[4]
    • 時期不詳 - 大麻駅北口改装。「リトルマーメイド」跡地にサンクス開店。
  • 2001年(平成13年)12月:バリアフリー化工事完成[2]
  • 2005年(平成17年)11月21日:駅ナカBANK(北洋銀行ATM)設置[5]
  • 2007年(平成19年)4月15日:北海道キヨスクによる新業態1号店「コンビニキヨスク大麻店」開店[6]
  • 2008年(平成20年)10月25日:ICカードKitaca使用開始。
  • 2009年(平成21年)10月:大麻駅南口改修工事完成(待合スペースの拡張、外装のリニューアル工事など)[7]
  • 2010年(平成22年)
    • 3月:「自由人舎 時館」跡地に、複合型賃貸マンション(グランセリオ大麻)完成[7]
    • 11月1日:コンビニキヨスク大麻店(札幌弘栄堂書店)をセブン-イレブン北海道ST大麻店に業務転換[8]
  • 2016年(平成28年)8月:セブン-イレブン北海道ST大麻店閉店。

駅構造[編集]

北海道ジェイ・アール・サービスネットによる業務委託駅。2面2線の相対式ホームがあり、ホーム間は跨線橋(野幌方面にはエスカレーター設置)によって接続している。みどりの窓口(営業時間5時30分 - 23時00分)、自動券売機自動改札機設置。駅南北間を結ぶ自由連絡通路を併設している。

のりば
のりば 路線 方向 行先
1 函館本線 上り 札幌手稲小樽方面
2 下り 江別岩見沢方面

利用状況[編集]

「江別市統計書」によると、近年の年度別乗車人員は以下の通りである。

年度 乗車人員(千人) 出典
定期外 定期
2002年(平成14年) 1,026 1,828 [9]
2003年(平成15年) 1,051 1,921
2004年(平成16年) 1,065 1,879
2005年(平成17年) 1,065 1,968
2006年(平成18年) 1,056 1,957 [9][10]
2007年(平成19年) 1,036 1,946 [10]
2008年(平成20年) 978 1,898
2009年(平成21年) 925 1,871
2010年(平成22年) 896 1,874
2011年(平成23年) 912 1,882 [11]
2012年(平成24年) 891 1,889
2013年(平成25年) 896 1,862
2014年(平成26年) 873 1,824
2015年(平成27年) 884 1,749

駅周辺[編集]

北口は「新住宅市街地開発事業」によって開発した「大麻団地」がある住宅地であり、駅前に公共施設商業施設が集積している。南口は駅前を国道12号が通っているほか、北海道ジェイ・アール都市開発によるマンション「グランセリオ大麻」が隣接している[12]。また、南口周辺は文教地区になっており、北翔大学北翔大学短期大学部札幌学院大学酪農学園大学とわの森三愛高等学校北海道立埋蔵文化財センター北海道立総合研究機構産業技術研究本部食品加工研究センター、北海道立教育研究所北海道立図書館などへの最寄口になっている。

  • ラルズストア大麻駅前店
  • 北洋銀行野幌中央支店大麻出張所
  • 道央農業協同組合(JA道央)大麻支店
  • 江別市民文化ホール(えぽあホール)・江別市大麻公民館
  • 北海道銀行大麻支店
  • 江別市役所大麻出張所
  • 江別市大麻体育館
  • 江別警察署大麻交番
  • 江別大麻郵便局

バス停留所[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
函館本線
区間快速「いしかりライナー」
白石駅 (H03) - (一部森林公園駅 (A05)) - 大麻駅 (A06) - 野幌駅 (A07)
普通
森林公園駅 (A05) - 大麻駅 (A06) - 野幌駅 (A07)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大麻駅開業”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1966年12月16日). 2017年5月14日閲覧。
  2. ^ a b c 第17章 年表 (PDF)”. 江別市統計書 2017年版. 江別市 (2017年). 2017年5月10日閲覧。
  3. ^ 1956-2004年度作品一覧”. 鉄道建築協会. 2017年5月14日閲覧。
  4. ^ キヨスク閉店相次ぐ*JR、地下鉄駅の顔*コンビニ進出 不況が直撃”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1999年3月15日). 2017年5月14日閲覧。
  5. ^ 駅構内ATM4カ所に開設*北洋銀”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2005年11月22日). 2017年5月14日閲覧。
  6. ^ 駅で読める*ミニ書店+コンビニ*北海道キヨスクが新業態”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2007年4月15日). 2017年5月14日閲覧。
  7. ^ a b “大麻駅南口の整備について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道・北海道ジェイ・アール都市開発, (2009年6月3日), https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2009/090603-1.pdf 2017年5月14日閲覧。 
  8. ^ “北海道キヨスクとセブン-イレブン・ジャパン セブン-イレブンの展開で業務提携 〜11/1(月)札幌エリア主要駅の6店舗をセブン-イレブンに転換〜” (PDF) (プレスリリース), 北海道キヨスクセブン-イレブン・ジャパン, (2010年10月26日), http://www.hkiosk.co.jp/pdf/2010_1026.pdf 2017年5月15日閲覧。 
  9. ^ a b 第8章 運輸・通信, (PDF), 2008年版 江別市統計書目次 (江別市): p. 70, (2008年), https://www.city.ebetsu.hokkaido.jp/uploaded/attachment/5943.pdf 2017年12月17日閲覧。 
  10. ^ a b 第8章 運輸・通信, (PDF), 2012年版 江別市統計書目次 (江別市): p. 70, (2012年), https://www.city.ebetsu.hokkaido.jp/uploaded/attachment/6026.pdf 2017年12月17日閲覧。 
  11. ^ 第8章 運輸・通信, (PDF), 2017年版 江別市統計書 (江別市): p. 74, (2017年), https://www.city.ebetsu.hokkaido.jp/uploaded/attachment/27740.pdf 2017年12月17日閲覧。 
  12. ^ グランセリオ大麻”. 北海道ジェイ・アール都市開発. 2017年5月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]