白糠駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白糠駅
白糠駅舎
白糠駅舎
しらぬか
Shiranuka
K46 古瀬 (6.3km)
(5.4km) 西庶路 K48
所在地 北海道白糠郡白糠町東1条南1丁目
駅番号 K47
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 根室本線
キロ程 281.1km(滝川起点)
電報略号 ヌカ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
91人/日(降車客含まず)
-2012年度-
乗降人員
-統計年度-
182人/日
-2012年度-
開業年月日 1901年明治34年)7月20日
備考 業務委託駅
みどりの窓口 有
テンプレートを表示
白糠駅
しらぬか
Shiranuka
(6.0km) 上白糠
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 白糠線
キロ程 0.0km(白糠起点)
開業年月日 1964年(昭和39年)10月7日
(白糠線開業)
廃止年月日 1983年(昭和58年)10月23日
テンプレートを表示
1977年の白糠駅周囲約1㎞を写した航空写真。画像中央が白糠駅。左側の下が根室本線帯広方面、上へカーブして行くのが白糠線北進方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
駅前風景

白糠駅(しらぬかえき)は、北海道白糠郡白糠町東一条南1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線である。駅番号K47電報略号ヌカ

白糠町の代表駅で、特急スーパーおおぞら」1号・4号を除く全列車が停車する。かつては当駅から北へ白糠線が分岐していた。

駅構造[編集]

島式・単式ホーム2面3線をもつ地上駅。白糠線は3番のりばに発着していた。ホーム間の移動は跨線橋で連絡している。

のりば
1 根室本線 (上り) 帯広滝川札幌方面  
2 根室本線 (下り) 釧路方面  
3 根室本線 (下り) 釧路方面 (待避・当駅始発)
(上り) 音別方面 (待避列車)

駅名の由来[編集]

駅名は、アイヌ語の「シラル・カ(平磯の岸)」に由来する。

駅周辺[編集]

白糠町の中心駅。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
根室本線
古瀬駅 (K46) - 白糠駅 (K47) - 西庶路駅 (K48)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『JR釧路支社 鉄道百年の歩み』2001年12月 北海道旅客鉄道釧路支社 編集・発行。
  2. ^ a b 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 II』1998年10月 JTB編集・発行。
  3. ^ 『釧路鉄道管理局史』1972年10月 釧路鉄道管理局 編集・発行。

外部リンク[編集]