常豊信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
常豊信号場
信号場看板(2005年6月)
信号場看板(2005年6月)
つねとよ
Tsunetoyo
K40 浦幌 (4.3km)
(7.5km) K41 上厚内
所在地 北海道十勝郡浦幌町常豊
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 根室本線
キロ程 236.0km(滝川起点)
電報略号 ツヨ
駅構造 地上
ホーム 2線
開業年月日 1966年(昭和41年)9月30日
テンプレートを表示
1977年の常豊信号場と周囲約500m×750m範囲。右が根室方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

常豊信号場(つねとよしんごうじょう)は、北海道十勝郡浦幌町常豊にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線信号場である。

信号場の構造[編集]

2線を有する単線行き違い型の信号場。通票交換で使用していた短いホーム(相対式)が残っている。通票閉塞時代の名残と思われるが、過去に旅客扱いをしたことがないにもかかわらずプラットホームに駅名標が立っている珍しい信号場である。この駅名標は国鉄時代に作られたものであるが、民営化の際には他のJR北海道の駅の駅名標と同じ仕様のものに交換されている。現在は自動閉塞となっているため、このホームが使われることはない。

上下で本線が分かれており、上り本線が一線スルーとなっている。信号の構成上、下り列車も上り本線に入ることができるようなっているが、通常はそのような扱いはされない。そのため下り列車は必ず信号場の前後で減速することとなる。

保線詰所
使われないホーム

周辺[編集]

集落などは存在しない。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
根室本線
浦幌駅 (K40) - (常豊信号場) - 上厚内駅 (K41)

参考文献[編集]