昭栄信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
昭栄信号場
信号場構内 (2005年6月)
信号場構内 (2005年6月)
しょうえい
Shōei
池田 (4.2km)
(4.3km) 十弗
所在地 北海道中川郡池田町字昭栄
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 根室本線
キロ程 208.5km(滝川起点)
電報略号 シエ
駅構造 地上
ホーム 2線(乗降設備なし)
開業年月日 1966年(昭和41年)9月27日
テンプレートを表示
1977年の昭栄信号場と周囲約750m範囲。下が根室方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

昭栄信号場(しょうえいしんごうじょう)は北海道中川郡池田町字昭栄にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線信号場である。

構造[編集]

2線を有する単線行き違い型の信号場一線スルー化はされておらず、信号構造上どちらの線路も上下線が使用できるようにはなっているが、原則建物側の1番線を上り列車(池田方面)、2番線を下り列車(釧路方面)が通過する。

看板(2005年6月)
建物(2005年6月)

周辺[編集]

北海道道73号北海道道882号に挟まれた場所に位置する。線路を挟んだ北海道道73号側に小さな集落があり、昭栄神社が建てられている。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
根室本線
池田駅 (K36) - (昭栄信号場) - 十弗駅 (K37)

参考文献[編集]