音別駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
音別駅
駅舎(2018年9月)
駅舎(2018年9月)
おんべつ
Ombetsu
K44 尺別 (3.8km)
(9.7km) 古瀬 K46
所在地 北海道釧路市音別町本町1丁目
駅番号 K45
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 根室本線
キロ程 265.1km(滝川起点)
電報略号 オン←ヲン
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1903年明治36年)3月1日
備考 社員配置駅
みどりの窓口
テンプレートを表示

音別駅(おんべつえき)は、北海道釧路市音別町本町(もとまち)1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)根室本線JR北海道の駅番号K45電報略号オン。旧音別町代表駅である。かつて停車した夜行特急「まりも」が廃止されたため、現在は普通列車のみ停車する。

歴史[編集]

1977年の音別駅と周囲約750m範囲。右が根室方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅名の由来[編集]

所在地名(旧町名)より。アイヌ語の「オムペッ[3]」(川尻・塞がる・川)に由来するとされる[4]

駅構造[編集]

  • 2面2線の相対式ホームを有する地上駅。ホーム同士は、中央の構内踏切で結ばれている。上下線ともに駅舎側の本線である1番線を使用し、交換する場合のみ副本線の2番線を使用する。
  • 社員配置駅。管理駅として、直別白糠間の各駅を管理下に置いている。
  • みどりの窓口(営業時間8時10分~15時00分)がある。貨物取扱駅のため、入換作業の際には信号扱いも行う。操車についてはJR貨物釧路貨物駅から派遣された社員が行っている。
  • 朝方に1往復、夜間に1往復の計2往復、釧路駅~当駅間の区間列車が設定されている。(2016年3月26日ダイヤ改正時点)
のりば
番線 路線 方向 行先
1・2 根室本線 下り 釧路方面
上り 帯広新得方面

貨物駅[編集]

JR貨物の駅は旅客駅南側にあり、1面1線のコンテナホーム(全長約200メートル)がある。荷役線のほか1本の側線もある。荷役線・側線の両端は本線から分岐しているが、着発線にはなっていない。

当駅はコンテナ貨物の取扱駅で、12フィートコンテナのみを取り扱う。専用線はないが、大塚製薬工場釧路工場を発着するコンテナの取り扱いが多い。

1日1往復、札幌貨物ターミナル駅釧路貨物駅を結ぶ高速貨物列車が当駅に停車し、釧路貨物駅行は貨車の解放を、札幌貨物ターミナル行は貨車の連結を行う。

利用状況[編集]

旅客[編集]

「釧路市統計書」によると、近年の年間乗車人員の推移は下記のとおりである。

年度 乗車人員
(百人)
出典
普通 定期
2006年(平成18年) 108 342 [5]
2007年(平成19年) 89 265
2008年(平成20年) 93 254
2009年(平成21年) 84 223
2010年(平成22年) 77 229
2011年(平成23年) 83 200 [6]
2012年(平成24年) 68 183
2013年(平成25年) 62 131
2014年(平成26年) 46 149
2015年(平成27年) 45 117

貨物[編集]

「釧路市統計書」によると、2015年(平成27年)度の発送貨物は22,030トン、到着貨物は10,495トンであった[6]

近年の推移は下記のとおりである。

年度 年間貨物トン数 出典
発送 到着
2006年(平成18年) 21,606 8,270 [5]
2007年(平成19年) 25,013 9,800
2008年(平成20年) 22,651 9,055
2009年(平成21年) 19,310 8,630
2010年(平成22年) 23,165 8,910
2011年(平成23年) 28,407 9,725 [6]
2012年(平成24年) 30,457 9,210
2013年(平成25年) 29,434 9,551
2014年(平成26年) 24,577 9,182
2015年(平成27年) 22,030 10,495

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
根室本線
尺別駅 (K44) - 音別駅 (K45) - *波若信号場 - (※)古瀬駅 (K46)- 白糠駅 (K47)
(※)一部列車は古瀬駅を通過する。
*打消線は廃止信号場(廃止時点では古瀬駅が未開業)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 音別町史 昭和60年12月発行 P737。
  2. ^ a b 音別町史 P706。
  3. ^ アイヌ語ラテン翻字: omu-pet
  4. ^ アイヌ語地名リスト オニシベ~キタ P31-40P”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月19日閲覧。
  5. ^ a b 平成23年釧路市統計書 (PDF)”. 釧路市. p. 125 (2011年). 2018年2月9日閲覧。
  6. ^ a b c 第10編 運輸・通信・電気・ガス・水道 (PDF)”. 平成28年釧路市統計書. 釧路市. p. 113 (2016年). 2018年2月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]