豊幌駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
豊幌駅
豊幌駅駅舎(2008年3月)
豊幌駅駅舎(2008年3月)
とよほろ
Toyohoro
A09 江別 (6.2km)
(3.2km) 幌向 A11
所在地 北海道江別市豊幌
駅番号 A10
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 函館本線
キロ程 313.5km(函館起点)
電報略号 トホ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
113人/日(降車客含まず)
-2002年-
開業年月日 1956年昭和31年)11月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示
1976年の豊幌駅と周囲約500m範囲。右上が岩見沢方面。短めの相対式ホーム2面2線で、間に中線1本を有している。構内中央近くに位置する駅舎と両ホームの札幌側端が構内踏切で連絡しているため、岩見沢側にホームが極端に寄っている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

豊幌駅(とよほろえき)は北海道江別市豊幌にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線駅番号A10電報略号トホ

Kitacaの利用が可能であるが、カードの販売は行わない。

駅構造[編集]

無人駅自動券売機、簡易自動改札機簡易Kitaca改札機設置。豊幌町自治会が券売機の管理と駅舎内の清掃を受託している。地上駅で、2面2線の相対式ホームである。駅舎は南側にあり、北側のホーム(岩見沢方面)へは構内踏切で連絡する。

のりば
1 函館本線(上り) 江別札幌手稲小樽方面
2 函館本線(下り) 岩見沢滝川方面

駅周辺[編集]

周りには鉄道防風林と新興住宅街がある。少し離れた所には水田が広がっている。 駅向かいにはセイコーマート、斜め向かいにはローソンがある。

歴史[編集]

現在は札幌市ベッドタウンとして若干の乗降客もあるが、1980年代前半頃までは人家もまばらな地区で、通過する普通列車もあった。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
函館本線
区間快速「いしかりライナー」・普通
江別駅 (A09) - 豊幌駅 (A10) - 幌向駅 (A11)

関連項目[編集]