黒岩保美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

黒岩 保美(くろいわ やすよし、1921年11月14日 - 1998年5月8日)は日本の鉄道イラストレーター写真家デザイナー編集者、元日本国有鉄道(国鉄)職員である。

現在の東京都中央区日本橋富沢町出身。

略歴[編集]

もとは現場職員として国鉄に就職することを希望していたが、身体が弱かったことから画家修業に切り替える。1935年頃、東京学生鉄道趣味連盟に参加して、鉄道関係の交友を拡げた。太平洋戦争中は、何ヵ所かの軍需工場への徵用の後、海軍の嘱託となって横須賀に勤務。1947年2月24日星晃の計らいで運輸省鉄道総局嘱託となる[1]。連合国軍専用客車の外観と改造した車内の構造を立体的にカラー絵として残す作業に取り掛かった。当時はモノ不足でカラーフィルムなど望める時期ではなかったため、日本画の素養のある黒岩に依頼された[2]

その後1949年はじめに運輸省鉄道総局職員に採用となり[1]、車輌設計部門の旅客車担当となり、内装の色使いや各種の標記類、殊に1950年代以降の特急のヘッドマーク・ヘッドサインのほとんどを手がける。1969年、等級制の廃止とそれに伴うグリーン車の設定では、グリーン車のシンボルマークをデザインし、功労賞を受ける。

1961年鉄道友の会の会報の拡大版としてスタートした『鉄道ファン』の編集に関与、1963年には三代目編集長に就任。1969年10月号(100号)をもって、四代目編集長宮田寛之に引き継ぐ。その間、蒸気機関車専門の不定期刊行誌『SL』を創刊。

1972年の鉄道100周年を機に編纂された『100年の国鉄車輌』では国鉄部内の編集主幹。1977年春、国鉄を定年退職、同時に株式会社エリエイ/プレス・アイゼンバーンに入社。その直前の1976年10月、プレス・アイゼンバーン刊の櫻井寛写真集『凍煙』を編集。

1978年、『SL』の理念を引き継ぐ形で『レイル』を創刊。1980年まで月刊、以降は不定期刊。

プレス・アイゼンバーンでは、1977年10月に杵屋栄二写真集『汽車・電車』、1978年10月に『タイ国の蒸気機関車』、1981年3月に『草軽電気鉄道』、1982年に『形式シリーズ D51』第2巻と第3巻、1984年12月に『寿都鉄道』、1987年7月に『箱根越え』を担当した。

その他、講談社小学館などでも鉄道関係図書のイラストを担当。1974年発行の記念切手「SLシリーズ」では原図作成を担当した[3]。 また、1985年に登場した新幹線100系電車の食堂車の出入り階段付近や妻壁にあった歴代東海道・山陽本線特急のエッチングの原画も手がけている[4]。1997年度鉄道友の会シルバー賞受賞(ちなみに鉄道友の会会章とブルーリボン賞ローレル賞徽章は黒岩のデザイン)。

1997年秋の個展のあと、11月18日東京医科大学病院に入院。1998年5月8日午後10時28分、急性骨髄性白血病により逝去。享年75。没後、遺志によりヨーク鉄道博物館に英国製蒸気機関車を描いた絵画数点が寄贈された。

画集・写真集[編集]

画集[編集]

  • 『蒸気機関車時代』(プレス・アイゼンバーン、1981年12月)
  • 『鉄路の名優たち 黒岩保美・鉄道画集』(プレス・アイゼンバーン、1997年10月) ISBN 4-87112-316-2

写真集[編集]

共著[編集]

以上4作、宮脇俊三との共著(イラストを担当)。

映像ソフト[編集]

8mm映画
DVDブックス

脚注[編集]

  1. ^ a b 星晃「車両絵の達人、そしてユニークな鉄道画家 黒岩保美君の思い出」『鉄道ファン』1998年8月号、抜粋加筆稿が「車両絵の達人」として『図説 鉄道のプロフェッショナル』(学習研究社、2008年) ISBN 978-4-05-605271-8 に収録されている。
  2. ^ 河原匡喜『連合軍専用列車の時代 占領下の鉄道史探索』(光人社、2000年) ISBN 4-7698-0954-9 第三章 第三鉄道輸送司令部 3 二つのRTO p100 - p105 を参照。
  3. ^ 第五回発行分の150形・7100形を担当。鉄道ファンNo.164 (1974年12月号) p.111
  4. ^ 『名列車列伝シリーズ13 新幹線ひかり&新幹線100系電車』(イカロス出版、2000年) ISBN 4-87149-296-6 岩成政和「時速200kmのレストランものがたり」 p66 - p69

参考文献[編集]

前里孝「黒岩保美 略歴と主な業績」 p61
星晃「鉄道画家 黒岩保美さん との惜別 ―国鉄業務を離れてからの黒岩さん―」 p60 - p61
宮田寛之(聞き手:松本謙一)「編集者 黒岩保美さん」 p62 - p66
寺田貞夫「黒岩さんとの出会い」 p67
前里孝「黒岩さんは生きている」 p68
  • 星晃「車両絵の達人、そしてユニークな鉄道画家 黒岩保美君の思い出 ―国鉄での仕事のはじまり―
交友社『鉄道ファン』1998年8月号 No.448 p104 - p107

関連項目[編集]