水郡線営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
水郡線統括センター
基本情報
鉄道事業者 東日本旅客鉄道
帰属組織 水戸支社
所属略号 水スイ
配置両数
気動車 39両
合計 39両
備考 2022年4月1日現在のデータ[1]
テンプレートを表示

水郡線統括センター(すいぐんせんとうかつせんたー)は、茨城県久慈郡大子町大字大子の東日本旅客鉄道(JR東日本)水郡線常陸大子駅構内に所在する水郡線の運営組織である。水戸支社の管轄。

常陸大子駅西側に車両基地を有し、乗務員(運転士車掌)の所属組織でもある。

歴史[編集]

常陸大子運輸区と水郡線有人駅の営業を統合して発足した。営業科・運輸科の組織体制とし、水郡線全体を管理。

  • 1992年3月1日 - 発足[2]
  • 2007年5月19日 - 「JR発足20周年記念水郡線営業所まつり」開催。
  • 2008年8月23日 - 「水郡線営業所まつり」開催。
  • 2014年11月30日 - 「水郡線営業所まつり」開催。
  • 2016年11月13日 - 「水郡線営業所まつり」開催。
  • 2017年11月12日 - 「水郡線営業所まつり」開催。
  • 2018年7月 - 保線科を『水戸保線技術センター』の所属とし、『水戸保線技術センター常陸大子エリアセンター』に組織変更。
  • 2022年3月12日 -  水郡線営業所を廃止し、水郡線統括センターへ組織変更[3]

配置車両の車体に記される略号[編集]

水スイ」…水戸支社を意味する「水」と、水郡線統括センターを意味する「スイ」から構成される。

配置車両[編集]

水郡線で運用される車両が配置されている。2022年4月1日現在の配置車両は以下の通り[1]

電車 気動車 機関車 客車 貨車 合計
0両 39両 0両 0両 0両 39両
  • キハE130系気動車(39両)
    • 運転台のキハE130形13両(1-13)、片運転台のキハE131形(1-13)・キハE132形(1-13)2両編成13本が配置されている。

過去の配置車両[編集]

運転士・車掌乗務範囲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「JR旅客会社の車両配置表」、『鉄道ファン』62巻(通巻735号(2022年7月号))、交友社 p. 15(所属分・別冊付録)
  2. ^ “水郡線を一元管理 JR水戸支社 「営業所」を開設”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1992年3月3日) 
  3. ^ JR東労組水戸 NO.40 - 東日本旅客鉄道労働組合水戸地方本部(2021年12月21日)、2022年4月3日閲覧
  4. ^ 「ゆうマニが長野へ」”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2018年7月27日). 2019年1月16日閲覧。
  5. ^ JRグループ 車両のデータバンク 2018上半期」、『鉄道ファン』59巻(通巻694号(2019年2月号))、交友社 p. 193(東日本旅客鉄道、廃車分)
  6. ^ 新井 正、2019、「JR東日本車両詳報 車両追跡 第13回」、『J-train』Vol.72、イカロス出版 pp. 124,127