JR西日本271系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JR西日本271系電車
JR West Unit HA654 Tokyo side Kyoto 20191109.jpg
JR西日本271系電車HA654編成
(2019年11月8日 京都駅上り方)
基本情報
運用者 西日本旅客鉄道
製造所 近畿車輛
製造年 2019年
製造数 18両
運用開始 2020年3月14日予定[1]
主要諸元
編成 3両 (3M0T)0.5M方式で全車電動車
軌間 1,067 mm
電気方式 直流1,500V
架空電車線方式
最高運転速度 130 km/h[2]
保安装置 EB-NATS-SWATS-P[2]
テンプレートを表示

271系電車(271けいでんしゃ)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)の直流特急形車両

概要[編集]

関西国際空港大阪京都滋賀県南部を結ぶ特急はるか」は、1994年の運転開始以来281系6両編成(一部列車は9両編成)で運行されている。しかし、インバウンド需要の増加から「はるか」の利用客増への対応が問題となっていたことや、2020年夏の東京五輪2025年大阪・関西万博など国際的な大型イベント等の開催でさらなる利用拡大が想定されることから、JR西日本は新たに60億円を投じて「はるか」増結用車両の増備を行い、全ての列車を9両編成で運行することを決めた[3]。これにより、1列車あたりの座席数は1.5倍になる[4][5][2][6]。増備に際し281系の製造から既に25年経過しており、281系に増結させることを前提とした新設計車両を製造することになったものである。

2019年度に3両編成6本計18両が製造され、2020年3月14日から運用を開始する予定[1]

構造・設備[編集]

車体[編集]

同社の287系特急型電車を基本とし、さまざまな改良が加えられた[4]。製造時は3両編成を基本としつつ、6両編成も組成可能な設計となっている[6]

外観デザインは、281系のブランドを継承する一方、287系の形状を基本としている。前面は287系同様の両開き貫通扉を備えつつも、281系の特徴である前面貫通扉腰部をへこませた「インバースデザイン」を受け継いでいる。白をベースに屋根部分を濃いグレー、裾部分をブルーというデザイン、窓横などには「スクエアドット」と呼ばれる青色の模様なども281系から継承している。281系との併結時の一体感を感じさせるとともに、南紀方面に向かう特急「くろしお」との誤乗車を防ぐ目的もある。開発段階でホームに居てもはるかであることが一目で判るように配慮したという[4][5][6][7]

車両前面に貫通扉を備えているが営業運転で併結する281系の貫通扉は非常用のため幌を利用した車内通り抜けはできない[5]

287系や225系などに導入されているオフセット衝突対策や衝撃吸収構造の採用などにより車体構造を強化しているほか、EB-N装置の採用、機器の二重化など、安全に関する対策も強化されている[8][2][6]

機器[編集]

車内[編集]

車内のカラーリングにおいては、華やかさや上品さをコンセプトとした281系を受け継ぎつつ、数々の新技術も導入された。多言語表示[注釈 1]にも対応した液晶ディスプレイ2画面による情報案内装置を設置。JR西日本の在来線車両では初となる、普通席を含めたすべての座席にコンセントの完備を実現した。天井の高さは2220mmと、287系に比べて70mm高くなった。荷物置き場は、従来デッキ部分に3段式で設置されていたものを、大型スーツケースを考慮して2段式となり、セキュリティも考慮し客室内に移した。客室、荷物置場、デッキなど、セキュリティ強化のため1両あたり8~9台の防犯カメラを搭載している。車いす対応の大型トイレを備え、洗面台には鏡にLED照明が埋め込まれ、自動で水やハンドソープが出るようになるなど、快適性の向上が見られる。フリーWi-Fiによるインターネットの接続も可能[4][5][9][10]

編成・形式[編集]

287系同様、0.5M方式を採用した全電動車編成としている。前述のとおり、2019年時点では281系への増結用の付属編成のみが製造されている。

271系編成表[11]
← 米原・京都・新大阪
関西空港 →
クモハ270
(Mc')
モハ270
(M')
クモハ271
(Mc)

車両配置と運用線区[編集]

6編成すべてが吹田総合車両所日根野支所に配置されており、2019年7月から試運転が続けられている[12]

東海道本線琵琶湖線JR京都線)・大阪環状線阪和線関西空港線などで運行を予定している[10]。2031年開業予定のなにわ筋線北梅田駅〈仮称〉 - JR難波駅間)を走ることを見据えての設計がされており、将来的な281系の置き換えも可能な設計となっている[6]

歴史[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c “2020年3月14日にダイヤ改正を実施します” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2019年12月13日), https://www.westjr.co.jp/press/article/items/191213_00_keihanshin-kaku%20%28NXPowerLite%20Copy%29.pdf 2019年12月14日閲覧。 
  2. ^ a b c d JR西日本271系「はるか」増結用の新型車両を報道公開 - 写真97枚”. マイナビニュース. 2019年11月15日閲覧。
  3. ^ a b c “特急「はるか」へ新型車両を投入します! ~両数が増えて便利に快適にご利用いただけます~” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2019年6月21日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/06/page_14402.html 2019年10月11日閲覧。 
  4. ^ a b c d 関空特急「はるか」の新型271系が登場! 現行281系と連結、全席にコンセント設置”. 乗りものニュース. 2019年9月3日閲覧。
  5. ^ a b c d 特急「はるか」新型車両『271系』の報道公開に行ってきました”. 鉄道ニュース. 2019年9月3日閲覧。
  6. ^ a b c d e 関空特急に新車、JR西が見据える「はるか」先 インバウンド急増に対応、先行きに慎重さも”. 東洋経済オンライン. 2019年11月15日閲覧。
  7. ^ JR西日本 特急「はるか」新型車両投入へ 2020年春ごろを予定”. the page. 2019年11月15日閲覧。
  8. ^ JR西日本、関空アクセス特急「はるか」に新車両271系導入。既存車両へ3両増結。全座席に電源装備”. トラベルwatch. 2019年11月15日閲覧。
  9. ^ 特急「はるか」に新型車両を投入 営業開始時期は2020年春ごろ”. 鉄道ニュース. 2019年11月15日閲覧。
  10. ^ a b JR西日本、特急「はるか」の新型車両「271系」を公開。全席にコンセント、Wi-Fiサービス提供”. トラベルwatch. 2019年11月15日閲覧。
  11. ^ JR西日本, 271系を報道陣に公開 railf.jp 2019年7月10日の記事
  12. ^ 271系が試運転を行ない吹田へ railf.jp 2019年7月11日

参考文献[編集]

外部リンク[編集]