なは (列車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なは
寝台特急「なは」
寝台特急「なは」
概要
日本の旗 日本
種類 寝台特別急行列車
現況 廃止
運行開始 1968年10月1日
運行終了 2008年3月14日
運営者 九州旅客鉄道(JR九州)
西日本旅客鉄道(JR西日本)
路線
起点 京都駅
終点 熊本駅
使用路線 東海道本線山陽本線鹿児島本線
技術
車両 24系客車(JR九州熊本鉄道事業部
軌間 1,067 mm
電化 直流1,500 V
交流20,000 V・60 Hz
テンプレートを表示

なはは、当初は新大阪駅 - 西鹿児島駅間(その後一時期は京都駅発着)、九州新幹線の部分開業(新八代駅 - 鹿児島中央駅間)後は京都駅 - 熊本駅間を、東海道本線山陽本線鹿児島本線経由で運行されていたJR寝台特急列車の名称である。2008年3月14日発の運転をもって廃止された。

本項では、主に京阪神対鹿児島本線沿線を結ぶ夜行列車の沿革についても記述する。

概要[編集]

581・583系電車寝台特急「なは」(画像は回送列車、1983年 山崎駅付近、)

特急「なは」は、当時の京阪九(京都駅 - 博多駅長崎駅)間を結ぶ優等列車として運行されていた昼行気動車特急列車「かもめ」のうち、1965年10月2日のダイヤ改正より京都駅 - 西鹿児島駅間で運行されていた編成を「なは」として分離、運行区間を大阪駅 - 西鹿児島駅間として1968年10月から運行開始された。この時は昼行特急列車としてキハ82系が充当され、大阪駅 - 小倉駅間では日豊本線宮崎駅発着の「日向」と併結運転しており、1973年10月のダイヤ改正で485系電車化され単独運行となった。

山陽新幹線が全通した1975年3月、「なは」は運行時間帯を昼間から夜間に、また使用車両を583系に変更し、夜行寝台特急列車「なは」として新大阪駅(一時期、京都駅) - 西鹿児島駅間の運行となった。

1984年2月からは使用車両を電車から寝台客車(24系客車)に変更し、京阪神対鹿児島本線沿線を結ぶいわゆる「関西ブルートレイン」の一員となった。

2004年3月に九州新幹線が部分開業したことにより並行在来線第三セクター肥薩おれんじ鉄道へ移管、それに伴い熊本発着に変更。翌2005年10月には、「あかつき」と京都駅 - 鳥栖駅間で併結運行を実施することになり運行区間が京都駅 - 熊本駅間に変更、2008年3月に廃止され、京阪神対九州間の夜行定期特急列車は1965年に運行開始以来42年半、当列車は39年半の歴史に終止符を打った。

「なは」の列車名の由来[編集]

テールマーク

琉球新報沖縄の本土復帰を願い「本土に沖縄名の列車を走らせよう」というキャンペーンで公募したものである。県内外からの5,211通の応募をもとに国鉄に提出された「なは」・「おきなわ」・「しゅり」・「でいご」・「ひめゆり」の5つの候補の中から選出された[1][2]。そのため、当時アメリカ占領下に置かれていた沖縄県那覇市が名称由来となった。また経由地・目的地に由来しない地名を列車名に使う列車でもあるが、鹿児島港で船に乗り継ぐことによって関西方面から沖縄へのアクセスの一端を担うという経緯もあった。

2008年3月15日の下り最終列車に鳥栖駅から装着された本列車単独のヘッドマークが、到着した熊本駅でのセレモニーでゆかりの地である沖縄県・那覇市の関係者に贈呈された[2]。同年4月1日より、沖縄都市モノレール県庁前駅改札内コンコースで展示され、その後沖縄都市モノレール本社に併設されている「ゆいレール展示館」に陳列された。

運行概況[編集]

廃止直前[編集]

寝台特急なは・あかつき(瀬戸駅 - 万富駅間)

廃止直前では「あかつき」を京都駅 - 鳥栖駅間で併結して運行されていた。なお、列車番号は全区間を通して変更がなく、下りが 31、上りが 32 であった。

停車駅[編集]

京都駅 - 新大阪駅 - 大阪駅 - 三ノ宮駅 - 姫路駅 - 岡山駅 - 倉敷駅 - 福山駅 - (尾道駅) - (三原駅) - (新山口駅) - (宇部駅) - (厚狭駅) - 下関駅 - 門司駅 - 小倉駅 - 黒崎駅 - 博多駅 - 鳥栖駅 - 久留米駅 - 大牟田駅 - 熊本駅

  • 尾道駅・三原駅は下り列車のみ停車
  • 新山口駅・宇部駅・厚狭駅は上り列車のみ客扱いを行い、下り列車は運転停車であった。

使用車両・編成[編集]

2008年2月に廃止直前の編成図
PJRPJRNC
なは」「あかつき
← 熊本・長崎
京都 →
列車名・区間 「なは」熊本駅 - 京都駅
号車   1 2 3 4
座席種別 Rauchen Verboten.svg
EG B B B1 B2
車両形式 カニ
24形
オハネフ
25形
オハネ
25形
スハネ
25形
2000番台
オハネフ
25形
2000番台
所属 JR九州 熊本鉄道事業部熊本車両センター
「あかつき」長崎駅 - 京都駅間
5 6 7 8 9 10
Rauchen Verboten.svg Rauchen Verboten.svg
B A1 B2/B1 B1 B L W
スハネフ
15形
オロネ
14形
300番台
オハネ
14形
300番台
オハネ
15形
350番台
スハネフ
15形
オハ
14形
300番台
JR西日本 京都総合運転所
凡例
EG=電源車
A1=1人用個室A寝台「シングルデラックス」
B1=1人用個室B寝台「ソロ」
B2=2人用個室B寝台「デュエット」
B2/B1=1人用個室B寝台「シングルツイン」・2人用個室B寝台「ツイン」合造車
B=開放式B寝台
L=普通車座席指定席「レガートシート」(ミニロビー電話室付)
W=普通車座席指定席「レガートシート」女性専用席
Rauchen Verboten.svg=禁煙席

運行開始当初は気動車による運転を行い、1973年10月1日に485系電車を投入、1984年2月1日からは24系客車が使用されるようになった。普通車座席指定席としてレガートシートを熊本駅発着の付属編成に連結して1990年3月10日から使用を開始、1992年7月15日に西鹿児島駅発着の編成へ連結されたが、2005年10月1日に編成から外された。B個室寝台「デュエット」は1991年3月16日から、B個室寝台「ソロ」は1992年7月15日から連結開始した。

牽引機関車[編集]

京都駅 - 下関駅間は、JR西日本の下関地域鉄道部下関車両管理室(当時)に所属していたEF66形が牽引していた。「あかつき」との併結開始以前は、下関車両管理室所属のEF65形1000番台(PF形)が牽引を担当した。併結開始以後も、同機が関西方面の団臨に用いられる際の送込・返却回送を兼ねて牽引を行うことがあった。

下関駅 - 熊本駅間は、大分鉄道事業部大分車両センターの機関車を使用し、このうち下関駅 - 門司駅間はEF81形400番台[3]、門司駅 - 熊本駅間はED76形が牽引を行っていた。

担当車掌区[編集]

2004年前後の運行概況[編集]

2004年3月11・12日までは、西鹿児島駅(現在の鹿児島中央駅)発着で運行されていた。

停車駅[編集]

新大阪駅 - 大阪駅 - 三ノ宮駅 - 姫路駅 - 岡山駅 - 倉敷駅 - 福山駅 - 尾道駅 - 三原駅 - 〔門司駅〕 - 〔小倉駅〕 - 博多駅 - 鳥栖駅 - 久留米駅 - 大牟田駅 - 熊本駅 - 八代駅 - 水俣駅 - 出水駅 - 阿久根駅 - 川内駅 - 串木野駅 - 伊集院駅 - 西鹿児島駅

  • 〔 〕は上りのみ停車
  • このほか、下り列車は下関駅・門司駅に、上り列車は下関駅に運転停車していた。

使用車両・編成[編集]

「なは」単独運転最末期編成
← 西鹿児島・熊本
新大阪 →
号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9
EG B B B B B1 L B2 B B
  • 8・9号車は新大阪駅 - 熊本駅間のみの連結。ただし、連結されない日があった。
凡例
B=開放式B寝台
B1=1人用個室B寝台「ソロ」
B2=2人用個室B寝台「デュエット」 
L=普通車座席指定席「レガートシート」
EG=電源車

24系客車が使用されていた。

京都駅に到着した「なは」

発着地が類似する公共交通機関[編集]

当列車と同じく阪神地域と南九州を結んでいた夜行高速バスは、列車廃止時点では以下の通りである。また、空路については大阪国際空港(伊丹)・関西国際空港神戸空港熊本空港鹿児島空港を結ぶ路線があった。

京阪神対鹿児島本線優等列車沿革[編集]

戦後直後の展開[編集]

  • 1951年(昭和26年)4月1日:大阪駅 - 博多駅間運行の臨時夜行急行列車として3033・3034列車が運行を開始。
  • 1952年(昭和27年)9月1日:3033・3034列車に「げんかい」の名称が与えられ、定期化。
  • 1953年(昭和28年)3月15日:「げんかい」が臨時で東京駅まで延長。
  • 1954年(昭和29年)8月1日:「げんかい」正式に東京駅 - 博多駅間運行となり、「高千穂」が連結される。
  • 1956年(昭和31年)
    • 3月20日:臨時夜行急行「天草」(あまくさ)が京都駅 - 熊本駅間で運行開始。
    • 11月19日:「天草」が定期列車化され、「げんかい」の名称を漢字書きの「玄海」に変更。また、「玄海」の九州側の発着地を長崎本線長崎駅とする。
  • 1957年(昭和32年)10月1日:東京駅 - 長崎駅間運行の寝台特急列車さちかぜ」新設のため、「玄海」の名称を「桜島」(さくらじま)に変更し京都駅 - 鹿児島駅間の運行とする。
  • 1958年(昭和33年)10月1日:「桜島」の名称を再び「玄海」に変更。
  • 1961年(昭和36年)10月1日:サンロクトオダイヤ改正により、以下の列車の運転開始。
    1. 大阪駅 - 熊本駅間運行の寝台急行列車「ひのくに」が運行開始。
    2. 「天草」は筑豊本線経由とし、博多駅を経由しないダイヤを組んだ。
    3. 「玄海」発着地を長崎駅に変更。
  • 1963年(昭和38年)10月1日:夜行急行列車「しろやま」を大阪駅 - 西鹿児島駅(現在の鹿児島中央駅)間で運行開始。
  • 1964年(昭和39年)10月1日:東海道新幹線開業に伴うダイヤ改正により次のように変更。
    1. 「ひのくに」「しろやま」が東海道新幹線と接続のため、新大阪発着に変更。
    2. 従来東京駅 - 西鹿児島駅間運行の不定期急行列車「桜島」(さくらじま)の本州方発着駅を新大阪駅に変更。ただし、繁忙期には東京駅または品川駅[4] - 新大阪駅間を運行する場合もあった。
  • 1965年(昭和40年)10月1日:ダイヤ改正により次のように変更。
    1. 昼行の気動車特急列車「かもめ」に西鹿児島発着編成を連結開始。運行区間は京都駅 - 西鹿児島駅間であった。
    2. 新大阪駅 - 博多駅間で寝台急行列車「海星」(かいせい)が運行開始。
    3. 新大阪駅 - 西鹿児島駅・長崎駅間で寝台特急列車として「あかつき」の運行を開始。20系客車を使用し、ブルートレインとなった。
      • 当初より東海道新幹線との連携を持つ列車であった「あかつき」は使用車両・設定種別ともにこの性格も含めて「関西ブルトレ」のルーツとされた。

「なは」と寝台電車特急の登場[編集]

583系電車寝台特急「明星」(1978年 大阪駅)
  • 1967年(昭和42年)10月1日:新大阪駅 - 博多駅間を運行していた寝台急行列車「海星」を昇格する形で、世界初となる電車寝台特急列車「月光」(げっこう)の運行を開始。
    • 使用された581系電車は、使用列車から「月光型電車」と呼ばれるようになった。
  • 1968年(昭和43年)10月1日:ヨンサントオの大規模ダイヤ改正により、以下の列車の運行開始。
    1. 新大阪駅 - 熊本駅間運行の夜行急行列車「ひのくに」を電車特急化。寝台電車で運行され、「銀河」と同じ東京駅 - 大阪駅間を運行する寝台急行列車であった「明星」(みょうじょう)の名称を与えられる。
    2. 「月光」に臨時列車を1往復増発。
    3. 「あかつき」が1往復増発。運転区間は新大阪駅 - 西鹿児島駅・佐世保駅間であった。
    4. 従来「かもめ」として新大阪駅 - 西鹿児島駅間を運行されていた昼行気動車特急列車を独立させて「なは」として運行を開始。
    5. 名古屋駅 - 博多駅間運行の寝台特急列車「金星」(きんせい)の運行開始。
  • 1970年(昭和45年)
    • 3月15日:「月光」「明星」「金星」の食堂車営業休止。
    • 10月1日:「明星」が2往復に増発。また、京都駅 - 西鹿児島駅間を東海道本線・山陽本線・鹿児島本線経由で運行する電車寝台特急列車として「きりしま」が運行開始。
    • 「きりしま」は従来、同名の列車である「霧島」が東京駅 - 西鹿児島駅間の急行列車で運行されていたが、これの名称を「桜島」にしてひらがな表記とした。また新設された当時では電車寝台特急列車では最長距離運転列車であり、食堂車の営業も関西 - 九州間の電車寝台特急の中では唯一実施していた。
  • 1972年(昭和47年)
    1. 「明星」と従来「月光」として運行されていた博多発着列車を統合する。また、1往復を京都発着とする。
    2. 「月光」の運行区間を岡山駅 - 西鹿児島駅間とし、岡山駅 - 博多駅間の臨時列車も設ける。
    3. 「あかつき」に新大阪駅 - 熊本駅・長崎駅間列車を設定。
    4. 「きりしま」の下りダイヤの岡山駅 → 西鹿児島駅間を「月光」に移行し、新たに新大阪駅 → 熊本駅間下り「明星1号」のダイヤを利用して2時間50分繰り下げたダイヤに変更。下りのみ博多駅が客扱いの停車となる。なお、博多駅 → 熊本駅間はノンストップで運行とした。
    5. 「しろやま」の列車名を「屋久島」(やくしま)に変更。
    • 10月2日:「あかつき」に新大阪駅 - 熊本駅間列車を設定。「あかつき」に14系客車投入。
  • 1973年(昭和48年)10月1日:ダイヤ改正に伴い、以下のように変更する。
    1. 岡山駅 - 博多駅間の臨時「月光」を定期列車に変更。「月光」が2往復となる。
    2. 「なは」を485系電車により電車列車化。同区間を運行する昼行特急列車として単独で運行。
      • なお、併結相手の「日向」は気動車特急のまま残り、日豊本線電化が南宮崎駅まで延伸された翌1974年4月に電車化。
    3. 「きりしま」が上りのみ西鹿児島 → 新大阪駅間の変則運転となる。また、運行ダイヤの関係で「きりしま」の食堂車営業休止。

山陽新幹線全通後の展開[編集]

581系の「なは」(熊本駅にて)
24系客車の「なは」(熊本駅にて)
  • 1975年(昭和50年)3月10日:山陽新幹線の博多駅までの開業に伴うダイヤ改正により、以下の通りとなる。
    1. 「なは」は昼行特急列車から寝台特急列車となり、寝台電車により、新大阪駅 - 西鹿児島駅間の運行とし、京阪神対鹿児島本線寝台列車=「明星」となっている中で名称上1往復存続する形となる。
    2. 「明星」は従来「あかつき」「きりしま」として運行された西鹿児島・熊本発着列車を統合。改正前は電車のみの愛称だったが、電車3往復、客車4往復の計7往復に。
      • うち、1往復(下り6号・上り3号)のみ特急「かもめ」の廃止および急行「天草」の経路変更を補う形で走行線区のうち黒崎駅 - 原田駅間に関しては筑豊本線経由となり、博多駅は通らないダイヤとなった。
      • また、もう1往復(下り4号・上り5号)は季節列車で、全車指定席(座席車)として運転された(下記)。
    3. 「月光」「屋久島」を廃止。
    4. 「天草」の列車名を「阿蘇」(あそ)に変更。運転区間を博多駅経由の新大阪駅 - 熊本駅間とし、14系客車を使用する。
    5. 「桜島」の東京駅 - 新大阪駅間を廃止。新大阪 - 西鹿児島駅間は「明星」の季節列車として14系座席客車で運転。
  • 1978年(昭和53年)10月2日:このときのダイヤ改正に伴い、以下のように変更する。
    1. 「明星」の京都発着電車1往復を「なは」に変更。
    2. 「明星」は博多・熊本発着列車各1往復、西鹿児島発着を2往復の4往復体制となり、14系座席客車の季節列車も廃止される。
    3. 「阿蘇」と「くにさき」の併結運行開始。
  • 1980年(昭和55年)10月1日:このときのダイヤ改正に伴い以下のように変更する。
    1. 「明星」の新大阪発着の列車1往復を「なは」に変更。「なは」としては初めて、下り列車で博多駅を通過する。
    2. 「明星」の熊本発着列車を廃止。
    3. 「阿蘇」を廃止。
EF65 1113牽引14系客車の臨時特急「金星」(右)とキハ80系気動車の特急「南紀」(左)(1984年、名古屋駅)
  • 1982年(昭和57年)11月15日 ダイヤ改正に伴い、以下のように変更される。
    1. 「明星」の博多発着列車および西鹿児島発着を1往復廃止。これにより「明星」1往復のみとなる。
      • これにより電車列車=「なは」、客車列車=「明星」となる。
    2. 「金星」は名古屋駅 - 博多駅間の電車寝台特急列車としては廃止。なお、臨時列車として名古屋駅 - 西鹿児島駅間を14系座席客車により運転する特急列車「金星」は存続し、こちらはそれまでは50番台の号数がついていたものが号数なしになった。
  • 1984年(昭和59年)2月1日:ダイヤ改正に伴い、以下のように変更される。
    1. 「なは」の使用車両を寝台客車24系客車に車種変更し、ダイヤが繰り下がり博多駅に客扱い停車を再開。
    2. 「明星」と「あかつき」の併結運行開始。
  • 1986年(昭和61年)11月1日このときのダイヤ改正により、京阪神から鹿児島本線方面へ向かう列車群については以下のように変更する。
    1. 「なは」の受け持ちを向日町運転所(現在の京都総合運転所)から鹿児島運転所(基本編成)・熊本運転所(付属編成)へ変更。
    2. 「明星」が20系客車による臨時列車に格下げ。定期列車としては「なは」のみとなる。

国鉄分割民営化後の展開[編集]

2005年まで連結されていたレガートシート
EF65PF形牽引による「なは」(単独運転のころ)
  • 1990年(平成2年)3月10日:「なは」に普通車座席指定席として「レガートシート」を熊本発着の付属編成に連結開始。
    • また、同年より新大阪駅 - 西鹿児島駅間に臨時急行「霧島」を運行開始。これは臨時寝台特急「明星」81・82号として運行されていた列車であったが、使用車両が20系客車であったため、車両の陳腐化・経年化それに伴うサービスの低下により格下げされたものである。
  • 1991年(平成3年)3月29日:「なは」がこの日の上り始発よりB個室寝台「デュエット」を連結開始。
  • 1992年(平成4年)7月14日:「なは」がこの日の上り始発よりB個室寝台「ソロ」を連結開始し、付属編成に連結していた「レガートシート」を西鹿児島発着の基本編成へ移動。
  • 1993年(平成5年)3月18日:臨時夜行座席特急「金星」が利用客減少により、事実上の廃止となる。
  • 1995年(平成7年)
    • 1月17日阪神・淡路大震災により東海道・山陽本線(JR神戸線)が不通となったため、「なは」は当分の間運休となる。
    • 1月30日 - 3月31日福知山線山陰本線播但線経由で不通区間を迂回する臨時寝台特急「なは」81・82号を熊本駅発着で運行(同様の迂回列車「あかつき」81・82号も運転)[5]
      • 播但線の有効長が8両であったため、なるべく輸送力が確保できるよう[6]電源車を必要としない14系寝台車7両の編成で運転された[7]
      • 姫路駅以西は同様に震災の影響によって運休していた「はやぶさ」のダイヤがほぼ踏襲された。
        • 81号の停車駅[8]
        新大阪駅 - 大阪駅 - 岡山駅 - 倉敷駅 - 福山駅 - 尾道駅 - 広島駅 - 柳井駅 - 下松駅 - 徳山駅 - 防府駅 - 宇部駅 - 下関駅 - 門司駅 - 小倉駅 - 博多駅 - 鳥栖駅 - 久留米駅 - 大牟田駅 - 熊本駅
        • 82号の停車駅[8]
        熊本駅 - 大牟田駅 - 久留米駅 - 鳥栖駅 - 博多駅 - 小倉駅 - 門司駅 - 下関駅 - 厚狭駅 - 小郡駅 - 徳山駅 - 下松駅 - 岩国駅 - 広島駅 - 西条駅 - 三原駅 - 尾道駅 - 福山駅 - 倉敷駅 - 岡山駅 - 大阪駅 - 新大阪駅
    • 4月1日:JR神戸線の開通により、「なは」運転再開[9]。新大阪駅 - 西鹿児島駅間運行の臨時急行の名称を「霧島」から「桜島」に変更。
      • これは、JR九州が同年から運行開始した日豊本線宮崎駅 - 西鹿児島駅間の電車エル特急きりしま」の運行に伴う措置。
  • 1996年(平成8年)3月16日:臨時急行「桜島」廃止。なお、この年以降夜行列車の多客時での臨時列車の運行は行われない。
  • 1997年(平成9年)11月29日:東京駅発着の「はやぶさ」が運行区間を熊本駅までに短縮。西鹿児島駅に乗り入れる唯一の寝台特急となり、「なは」の全区間利用客が増加する。また、「はやぶさ」の熊本駅 - 西鹿児島駅間で行われた西日本トラベル担当の車内販売が下り「なは」の熊本駅 → 西鹿児島駅間に移行し、冬シーズンには紅茶の販売が行われた。

京阪神対九州ブルートレインの終焉[編集]

  • 2004年(平成16年)3月13日:九州新幹線新八代駅 - 鹿児島中央駅間開業と並行在来線が肥薩おれんじ鉄道への移管に伴い、「なは」は熊本駅発着に変更[10]。また、西日本トラベルの車内販売が撤退。
  • 2005年(平成17年)10月1日:利用客減少に伴い「あかつき」と京都駅 - 鳥栖駅間で併結運転が開始。「なは」の運転区間が京都駅 - 熊本駅間となり[11]、ダイヤについても「あかつき」のダイヤに移行する。また普通車指定席「レガートシート」が編成から外された。
    • これにより、「京阪神対九州特急」は事実上「なは」「あかつき」の1往復のみになる。
  • 2008年(平成20年)3月14日:この日発の運転をもって「なは」が廃止。
    • これにより、九州直通のブルートレインは東京発の「富士」「はやぶさ」の1往復となったが、同列車も2009年(平成21年)3月13日に廃止された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 県民名付け親の寝台特急「なは」 3月廃止に - 琉球新報 2008年1月16日[リンク切れ]
  2. ^ a b 宇都宮照信、栗原隆司 『九州発 最後のブルートレイン』 海鳥社、2009年、142頁。ISBN 978-4-87415-717-6
  3. ^ 大幅遅延などがあるとJR貨物門司機関区の同形式車両が代走することもあった。
  4. ^ 品川駅には補助臨時発着ホームを有し、1990年代まで繁忙期には東京・上野発着列車の補充として臨時列車の受け入れを行っていた。
  5. ^ 『阪神・淡路大震災 鉄道復旧記録誌』 交通新聞社、西日本旅客鉄道、1996年、825頁。
  6. ^ 『阪神・淡路大震災 鉄道復旧記録誌』 交通新聞社、西日本旅客鉄道、1996年、1028頁。
  7. ^ 『阪神・淡路大震災 鉄道復旧記録誌』 交通新聞社、西日本旅客鉄道、1996年、830頁。
  8. ^ a b 『阪神・淡路大震災 鉄道復旧記録誌』 交通新聞社、西日本旅客鉄道、1996年、833頁。
  9. ^ 『阪神・淡路大震災 鉄道復旧記録誌』 交通新聞社、西日本旅客鉄道、1996年、1110頁。
  10. ^ 『JR気動車客車編成表』'04、ジェー・アール・アール、2004年ISBN 4-88283-125-2
  11. ^ 『JR気動車客車編成表』'06、ジェー・アール・アール、2006年ISBN 4-88283-127-9

関連項目[編集]