赤2号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
赤2号
慣用色名称「えんじ」
 
16進表記 #852B32
RGB (132, 43, 50)
HSV (355°, 67%, 52%)
マンセル値 4.5R 3.1/8.6
出典 鉄道ジャーナル通巻217号 特集「鉄道車両 色彩の美学」
国鉄特急形電車では、窓周りやライトケースに赤2号を使用している。
赤2号を地色とした711系電車(復元)。
赤2号を地色とした身延線115系電車

赤2号(あか2ごう)は、日本国有鉄道(国鉄)が定めた名称の1つである。

概要[編集]

深い色で、「えんじ」「ワインレッド」とも呼ばれる。

1954年にキハ01形レールバスの裾色として制定されたのが最初である。その後、交流電気機関車と交流電車の地色にも採用されたほか、1958年に登場した151系特急形電車など、いわゆる「特急色」の窓周りにも使用された。1960年代には、信越本線の新潟地区に投入された70系電車に対して、降雪時の視認性向上のため、黄5号との組み合わせで使用された(いわゆる新潟色)。

また、1977年には50系客車の標準色として、さらに1981年には身延線115系電車の地色にも採用された。この「身延色」は、1985年に登場した北陸地区向け電車(419系471系・475系413系)でも採用されたが、分割民営化後に白地に青帯の塗色に変更された。

JR東日本では、本来の交直流電源対応機関車標準色である赤13号の退色が激しいため、EF81形の塗装がカシオペア向けの車両を除き(北斗星向けの車両を含めて)この色に変更されている。

また、JR西日本北陸地区七尾線)の電車において、2010年以降の新塗装で用いられる色(赤一色塗装)も、この色に近い色合いとなっている。

使用車両[編集]

近似色[編集]

関連項目[編集]