青22号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
青22号
慣用色名称「みず色」
 
16進表記 #00859E
RGB (0, 133, 158)
マンセル値 3.2B 5/8
出典 鉄道ジャーナル通巻217号 特集「鉄道車両 色彩の美学」
青22号を地色とした103系
左は青22号通常色の103系。113系の帯色の方が濃い。
青22号を地色としたC36形コンテナ
JR貨物のマーク

青22号(あお22ごう)は、日本国有鉄道(国鉄)が定めた名称の1つである。

概要[編集]

「スカイブルー」とも呼ばれる。国鉄部内での慣用色名称は「みず色」である。マンセル値は「3.2B 5/8」。

1965年京浜東北線に投入された103系電車に対して、ラインカラーとして採用されたのが始まりである。基本的には通勤形電車の地色としての採用例が多く、旧形国電においても大糸線富山港線などで使用された。1989年中央・総武緩行線への205系投入に伴い、識別のため、同線から当時の帝都高速度交通営団(営団地下鉄)東西線に乗り入れる301系の塗装が、灰色8号の地色に黄5号の帯から、同地色に本色の帯へと変更された。

なお、関西地区において、阪和線および東海道山陽線で運行された新快速において、当初灰色9号の地色に対する帯色として本色が採用されたことがあるが、実際には吹田工場で独自に調色した色が使用されている。正規な制定色ではなかったため、色名称は「青22号帯用特色」と称されている。この色は日根野電車区所属の113系の帯に使用されていた。

貨車では、冷延コイル輸送用のワキ9000形や、特にC35形コンテナの地色であることから「コンテナブルー」とも称され、JR発足時にはJR貨物のコーポレートカラーとされた。

また、JR西日本北陸地区七尾線を除く)の電車において、2010年以降の新塗装で用いられる色(青一色塗装)も、この色を若干濃くしたような色合いとなっている。

使用車両[編集]

近似色[編集]


関連項目[編集]