ぶどう色2号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
ぶどう色2号
慣用色名称「ぶどう色」
 
16進表記 #413027
RGB (65, 48, 39)
マンセル値 2.5YR 2/2
出典 鉄道ジャーナル通巻217号 特集「鉄道車両 色彩の美学」
ぶどう色2号を地色とした旧形電気機関車EF59形
ぶどう色2号を帯色とした117系
ぶどう色2号の帯色が入る221系
ぶどう色2号を継承した223系2000番台(左)と225系0番台(右)
山手線命名100周年を記念してぶどう色2号にラッピングされたE231系500番台

ぶどう色2号(ぶどういろ2ごう)は、日本国有鉄道(国鉄)が定めた名称の1つである。

概要[編集]

慣用色名称は「ぶどう色」である。マンセル値は「2.5YR 2/2」。

国鉄車両において「茶色」と表現される場合、通常は本色を指し、電気機関車ディーゼル機関車旧形電車客車などの車体色として一般的かつ広範に使用された。

本色は、戦後に進駐軍が接収した客車の地色をミルクチョコレート色に指定したのが始まりといわれており、客車については赤みが強く明るい本色に塗りかえられた。その後、本色は1959年(昭和34年)に正式に制定され、それまで一般的に使用されていたやや黒っぽく重厚なぶどう色1号が使用されていた旧型の電気機関車・電車・客車については、順次本色に塗り替えられた。

また、1979年(昭和54年)に登場した117系電車の帯色にも採用された。これは、かつての関西急電色にちなんだものとされており、後継車であるJR西日本221系電車223系電車(0・2500番台を除く)、225系電車(5000・5100番台を除く)にまでアーバンネットワークを象徴する色として引き継がれている。

近年では、イベント用やリバイバルカラーとして、主に機関車が本色に塗装されるケースも散見されるが、必ずしもこの色に塗られたことのある車両とは限らない。

一般的な「ぶどう色」は赤紫色系統の色であるが、本色は赤紫とはかけ離れた茶系の色である。このため、1998年には身延線全通70周年記念として115系電車が身延線デビュー当時の「身延色」(赤2号、だいたいワインレッド系の色)に復元される企画の際、広報文で「ぶどう色の電車」としていたため名古屋工場が色を勘違いして電車をぶどう色2号に塗装して登場、現地で塗装ミスが発覚して再度塗り直しのため工場に入場、企画が一時中断する事件も起きている。

使用車両[編集]

近似色[編集]

グレート・ノーザン鉄道のF7形ディーゼル機関車

関連項目[編集]