黒 (国鉄制定色)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
 
16進表記 #2A2A2A
RGB (42, 42, 42)
マンセル値 N 1.5
出典 鉄道ジャーナル通巻217号 特集「鉄道車両 色彩の美学」

(くろ)は、日本国有鉄道(国鉄)が定めた名称の1つである。

概要[編集]

原色のより僅かに明度を上げた色で、厳密な黒色ではない。

蒸気機関車貨車において、日本における鉄道の創始期から使用されていた。戦後も、気動車を除く車両の床下機器の色として、気動車についても台車の色として採用された。EH10形電気機関車においては、力の象徴として本色が採用されている。

また、新幹線200系では、運転台パネルの色としても採用されたが、これは現在の新型車両に至るまで続いている。

本色に近い色は近い色相の色名称で呼ばれるため、本色には「何号」という呼び方が存在しない。

使用車両[編集]

  • 国鉄制式蒸気機関車各形式
  • 1959年までの国鉄貨車各形式
  • 国鉄EH10形電気機関車
  • 国鉄の電車各形式の床下機器
  • 国鉄の機関車各形式の床下機器
  • 国鉄の客車各形式の床下機器
  • 国鉄の貨車各形式の床下機器
  • 国鉄・JR201系および205系等の前面上部

近似色[編集]

関連項目[編集]