TWILIGHT EXPRESS 瑞風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TWILIGHT EXPRESS 瑞風
広島駅に停車中の87系気動車(2017年7月12日)
広島駅に停車中の87系気動車
(2017年7月12日)
概要
日本の旗 日本
種類 寝台列車臨時列車
現況 運行中
地域 西日本
運行開始 2017年6月17日[1][JR西 1][RF 1]
運営者 JR logo (west).svg 西日本旅客鉄道(JR西日本)
路線
起点 大阪駅京都駅
終点 大阪駅、京都駅
使用路線 東海道本線(JR京都線)、山陽本線、呉線、山陰本線、伯備線
車内サービス
クラス A寝台のみ
就寝 「ロイヤルツイン」(2・3・8・9号車)
「ロイヤルシングル」(4号車)
「ザ・スィート」(7号車)
食事 ダイニングカー「ダイナープレヤデス」(6号車)
展望 展望車(1・10号車)
その他 ラウンジカー「サロン・ドゥ・ルゥエスト」 (5号車)
技術
車両 JR西日本87系
軌間 1,067 mm
最高速度 110km / h
テンプレートを表示

TWILIGHT EXPRESS 瑞風(トワイライトエクスプレス みずかぜ)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)が2017年6月17日から運行開始した周遊型臨時寝台列車(クルーズトレイン)。京阪神地区と山陰山陽エリア間で運行されている[JR西 1][JR西 2][RF 1]

概要[編集]

1989年平成元年)7月21日から約26年間にわたり運行し、2015年(平成27年)3月12日(始発駅基準)をもって運行を終了した臨時寝台特急トワイライトエクスプレス[JR西 3][JR西 4]名称を受け継ぐ形で、2017年(平成29年)6月17日に営業運転を開始した[1][新聞 1][RF 2]。なお、2015年まで運行していた『初代トワイライトエクスプレス』(機関車が牽引する客車列車)に対し、当列車が『2代目』と呼ばれる事もある。京阪神地区から山陰、山陽エリアで運行され、運行中に沿線での立ち寄り観光を実施する。

列車名の「瑞風」とは「みずみずしい風」のことで、「吉兆をあらわすめでたい風」という意味を併せ持つ。また、稲穂が豊かに実る日本の美称として「瑞穂の国」というものがあり、そこに新しい「トワイライトエクスプレス」という風が幸せを運んでくる、という情景をイメージしている[JR西 5][RF 3]

ダイニングカーで提供される料理はフードコラムニスト門上武司がプロデュースし、村田吉弘(和食料亭「菊乃井」三代目主人)、米田肇(レストラン「HAJIME」オーナーシェフ)が監修する[JR西 5]

2017年(平成29年)度グッドデザイン・ベスト100を受賞[JR西 6]

運行区間[編集]

2015年6月18日に発表された内容によると、運行ルートは以下のとおりである[JR西 7]。また、同年11月6日には山陽コース(上り)1泊2日において呉線乗り入れ[JR西 8]、2016年5月20日には山陰コース(上り)、山陽・山陰コース(周回)において伯備線乗り入れが追加発表された[JR西 9]。また、2016年7月8日の発表では萩駅から乗車が可能となった[JR西 10]

山陽コース(下り)1泊2日
山陽コース(上り)1泊2日
山陰コース(下り)1泊2日
山陰コース(上り)1泊2日
※冬季は伯耆大山駅から江尾駅の折り返し運行                              
山陽・山陰コース(周遊)2泊3日
  • 1日目: 京都駅・大阪駅 → 岡山駅 → (下関車中泊)
  • 2日目:(下関車内泊)→ 宍道駅松江駅 → (車中泊)
  • 3日目:(車内泊)→朝に伯備線を折り返し(※伯耆大山駅→岸本駅→伯耆大山駅)[JR西 9]東浜駅 → 京都駅
※冬季は伯耆大山駅から江尾駅の折り返し運行 

車両[編集]

運行開始時の編成図[JR西 11][新聞 2][RF 4][RF 5][RF 6]
TWILIGHT EXPRESS 瑞風
号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
設備 O SA2 SA2・SA1Handicapped Accessible sign.svg L D SSA2 SA2 O
形式 キイテ
87-2
キサイネ
86-101
キサイネ
86-301
キサイネ
86-401
キラ
86-1
キシ
86-1
キサイネ
86-501
キサイネ
86-201
キサイネ
86-1
キイテ
87-1
定員 8人 6人 6人 ※6人 - - ※4人 6人 6人 8人
凡例
SA2 = 寝台個室(1両3室)
SA2・SA1 = 寝台個室・ロイヤルシングル連結(1両3室)
SSA2 = 寝台個室(1両1室)
Handicapped Accessible sign.svg = 車椅子対応スイートあり
L = ラウンジカー
D = ダイニングカー
O = 展望車
※ = エキストラベット使用含む
形式の欄の網掛
= 2016年3月30日、川崎重工業より出場
= 2016年8月15日、近畿車輛より出場
= 2016年12月13日、近畿車輛より出場

車両のデザインコンセプトは、「美しい日本をホテルが走る」をコンセプトに、JR西日本の車両の共通コンセプトである「安全で、明るく、広く、静か、快適」を追求した車両とし、洗練された上品さと心休まる懐かしさを感じる「上品さの中の懐かしさ」・「ノスタルジック・モダン」としており、モダンデザインの美の基準として単純化された形・色・素材・光・運動を統合した美に装飾的な5本の流線を繋いだ構成と機能の可視化をするというアプローチから、比較的に視野を広く確保しやすい高運転台を採用し、空気の流れを考慮した展望デッキを設けることで、新しい印象でありながら、どことなく懐かしい雰囲気のある外観としている。車両のエクステリアデザインを建築家の浦一也、インダストリアルデザイナーの福田哲夫が担当した[JR西 2][RF 7]

車内のインテリアデザインは、20世紀前半に流行した、直線的・機械的でコンパスで描いたような同心円などのデザイン様式である「アール・デコ」様式を採用しており、床・壁・天井などの内装全般や車内の案内表記のサイン・家具・備品類・アートまで行き届かせ、職人の手仕事により作られた西日本地区の伝統工芸品である、彫刻によるスイッチプレート・釘隠・陶芸・カットガラス・ハンガー彫刻などを取り入れることで、車内のデザインに彩りを与えており、落ち着きある空間を創造しており[RF 8][RF 7]、メラニン化粧板・アルミ基板の練付合板・不燃木が使用されている。

車内の案内表記のサインは、アール・デコ様式のデザインを基本に、施設名称・NOTICE系・WAY-FINDING系の3種類に分離しており、WAY-FINDING系においては、共用スペースがある1・10号車やラウンジがある5号車に向かう乗客に対して直感的に分かるシンプルなデザインとしている[RF 7]

編成は寝台車6両、ダイニングカー1両、ラウンジカー1両、展望スペース付き先頭車2両で構成される10両編成で、客室は1両あたり1室と3室の2クラスがあって定員は30名程度を予定していたが[JR西 2]、最終的には定員34名のツアー募集となった[JR西 1]

2014年5月21日に先頭車デザイン・スイート車車内の初期イメージ図、2015年9月16日に正式な当列車の外装・内装デザインが公開され、2016年2月22日に近畿車輛川崎重工業が製造を担当していることが公式サイト[JR西 12]で公表され、近畿車輛で製作中の先頭車の塗装前の状況が公表された。

運行開始前の黒いラッピングを施した「瑞風」(2017年2月)

2016年3月30日に川崎重工業製の5両が黒くラッピングされた状態でDE10に牽引されて吹田タに甲種輸送された。輸送されたのはツイン寝台車(4号車はシングル・ツイン)で、今回輸送された5両は吹田タに到着後、3両はDD51牽引で網干総合車両所宮原支所、残り2両(2号車と9号車)は内装が未完成のため、HD-300+キサイネ2両+ヨ+DE10という編成で入れ替えを行った後にクモヤ145重連によって吹田総合車両所へ搬入された[新聞 3]。 宮原に搬入された3両の内、3号車(キサイネ86-301)が同年6月30日に吹田総合車両所に搬入され[RF 9]その後も7月28日と29日に瑞風用車の輸送が宮原-吹田間で続けて実施された[要出典]

運行開始前、山陽本線で試運転中の「瑞風」(2017年4月)

同年8月15日には近畿車輛が製造を担当していたキイテ87-1・キイテ87-2が甲種輸送で網干総合車両所宮原支所に搬入された。宮原到着後、既に搬入されていたキサイネ86-1・101と連結して4両編成に組成され、同年9月下旬から試験走行が開始された[JR西 13][JR西 14][新聞 4][RF 10][新聞 5]。同年12月13日に近畿車輛から残りの3両(キシ・キラ・キサイネ)が甲種輸送で網干総合車両所宮原支所に搬入され、これでTWILIGHT EXPRESS 瑞風に使用される87系寝台気動車10両の1編成全てが揃った[RF 5][RH 1]。同年12月19日に10両編成での初の試運転が実施され[RF 11]、その後編成を再び5両編成に減車して山陰線経由で後藤総合車両所に回送[RF 12]、試運転の後2017年2月13日に網干総合車両所宮原支所に返却回送され、2月23日に同所にて黒いラッピングを外してTWILIGHT EXPRESS 瑞風の真の姿がお披露目された[2][新聞 6]

また、車籍としては、キイテ87-1,2・キサイネ86-1,101の4両が2016年9月29日、他の6両が2016年12月19日の新製扱いとなっている[RF 13]

形式[編集]

前述の甲種輸送や公式サイトの情報によって、当列車で使用される車両の形式名は「87系寝台気動車[JR西 11][新聞 2]であることが分かった。

近年、JR西日本が新製・運用する気動車では3桁形式が使われているが、この列車のテーマの一つである「ノスタルジックモダン」に基づき国鉄形気動車や現在もJR東海が新製・運用する気動車に見られるような2桁形式を採用している[JR西 11]。 また5号車のラウンジカーの形式は「キラ86」という、これまでにない形式となった[RH 1]

塗装・ロゴマーク[編集]

先代のトワイライトエクスプレスと同じく緑色が基本となっているが、色合いはより艶やな「瑞風グリーン」となっている[RF 8][3]。 帯色は先代ではイエローとシルバーだったが、本系列ではゴールド帯である[新聞 7]

ロゴデザインについては「瑞風」の「M」を沿線の山並みに見立て、吹き抜ける風を「トワイライトエクスプレス」の象徴であり、そのロゴデザインに使用されていた天使で表現した。また、列車名の「TWILIGHT EXPRESS」はサブタイトルになる[4]

また前述の甲種輸送の際に黒くラッピングされた車体には、「TWILIGHT EXPRESS MIZUKAZE」「SPRING 2017 DEBUT」といった文字も記載されていた。このラッピングは2017年2月23日まで継続された[新聞 8]

車体[編集]

車体は、寝台がある2・3・4・8・9号車では、静粛性や床下に搭載された水タンクなどの重量物などを考慮して、枚の板の間にトラス状の補強が入った大型押し出し成形材のアルミニウム合金を溶接で接合したアルミダブルスキン構造、展望室がある1・10号車、ラウンジがある5号車、食堂車がある6号車では、エンジン発電機や主回路を構成する機器類を搭載するため鋼製溶接構造としている。7号車は寝台がある車両であるが、ダブルデッカー構造であるため、鋼製溶接構造としている。また、鋼製車両では、車両軽量化が必要とされるため、耐候性鋼材やSUS(ステンレス)材を積極的に使用しており、車体強度を十分に確保した上での軽量化が図られている。床構造は、床板にSUSまたはステンレス、詰物にエポキシ樹脂または発泡樹脂。上敷物に塩化ビニルまたは大理石としている[RF 7]

そのほかにも、225系電車で採用している、前面衝撃吸収構造とオフセット衝突や側面衝突対策などの各種衝突対策構造を、225系と同様の設計と解析手法で適用しており、安全性もアルミや鋼製などの材質に関係なく最新の安全対策を標準として設計され製造されている[RF 7]

乗務員室の窓には、飛来物貫通防止機能付きの電熱線入り3次曲面熱線吸収合わせミガキガラス、客室側窓には、IRカット中間膜とLow-Eなどが入っている熱線吸収複層合わせガラスをそれぞれ採用している[RF 7]

放送装置は、車内放送・車外放送・乗務員間連絡・各車個別放送・緊急放送の機能が備わっており、車内放送・車外放送・車内+車外放送の3モード切替が可能となっている[RF 7]

動力方式[編集]

使用される車両は動力分散方式が採用されており、ディーゼル発電機にて発電した電力と蓄電池の電力との組み合わせにより、VVVFインバータ制御により三相誘導電動機を駆動させるシリーズ式ハイブリッドシステムである[JR西 2][4]、動力は1・5・6・10号車で4M6Tとなる[RF 14][RF 7]

主回路の構成は、ディーゼル発電機からの交流440V・60Hzを整流装置で直流600Vに変換し、その後にIGBT素子による2レベル三相電圧形PWN制御インバータ装置によるVVVFインバータ制御により三相交流に変換して、センサレスベクトル制御により三相誘導電動機を駆動させる方式としており、整流装置とインバータ装置との間に直流電圧600V・容量40Ahの主回路用リチウムイオン蓄電池が接続されている。インバータ装置には蓄電池充電用にチョッパ機能が付いている。主回路の制御装置はインバータ装置1基で電動機1基を制御する1C1M構成を2群としたユニットを2つ搭載しており、1両に4台搭載された三相誘導電動機を駆動させる。主回路の制御装置の素子の冷却方式を走行風自冷方式から水冷方式に変更することにより、装置自体が外形寸法で小さくなり、体積比では92%の削減となって、装置が大幅に小形化・軽量化され、それに付属するフィルタ回路も同様に水冷方式に変更することで装置全体の小形化が図られている。これにより、屋根上に制御装置を搭載することが可能となり、空調装置と並んで搭載している。また、ディーゼル発電機と主回路用蓄電池には、万一の火災に備えて自動消火装置を設置している[RF 7]

ディーゼル発電機は、JR西日本の気動車でも実績がある電子式燃料制御のSA6D140HE-3形ディーゼルエンジンに出力400kVAのWDM115形発電機を直結させており、1800rpm(1分間当たり1800での回転数)での一定のエンジン回転数により、発電機からの出力電源・周波数を交流440V・60Hzの一定としており、これを車体中央部の床下に2つのエンジン冷却装置とともに燃料タンクを挟んで2台搭載している。2台は並列運転されており、列車の空調装置や照明装置などの負荷に供給する電力や動力車の駆動に必要な電力を供給している。これにより、補助電源装置の搭載は省略されている[RF 7]

これらの動力装置類を、1・10号車である展望室車のキイテ87、6号車である食堂車のキシ86、5号車であるラウンジ車のキラ86の4両の動力車に集中配置させており、客室に寝室がある付随車には、これらの動力装置類を配置しないことで、車内の静粛性を図っている[RF 7]

リチウムイオン蓄電池は、万が一の発火などを考慮して、動力車の隣に連結された付随車のキサイネ86の床下に搭載されており、力行時での電力アシストやエンジン発電機停止中での力行用の電源として使用可能である。また、蓄電池は回生ブレーキ時での回生電力による充電のほか、惰行時でのエンジン発電機からの電力を充電することが可能としている。また、蓄電池の冷却方式はヒートパイプ式を採用している[RF 7]

主電動機は、直流600V用として、内部の清掃などを大幅に低減できる、全閉式の三相かご形誘導電動機のWMT108形であり、出力は130kwである。車両に搭載するぎ装時での寸法の制約から、省スペース化を図るため固定子の磁極のコイルの巻き数を低減させ、固定子の極数を4極から6極にすることで、必要な性能を確保している[RF 7]

ブレーキ方式は回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキを採用しており、車輪の滑走を検知して再粘着させる滑走制御、応荷重制御、遅れ込め制御のほか、直通予備・救援・耐雪・抑速ブレーキを備えており、321系電車で使用されている応答性・制御性・冗長性に優れたシステムを採用している。電空ブレンディング制御により、停止まで回生ブレーキによる電気ブレーキでの制動が可能である。また、基礎ブレーキで使用されるブレーキシリンダーの圧力制御や車輪の滑走による滑走再粘着制御は台車単位で行うようになっている[RF 7]

車両の制御回路は、最新の伝送線による伝送制御ではエンジン制御や発電制御などに新規に開発する必要があるため、従来の指令線を使用しており、そこに車両の機器状態表示、運転士・車掌支援・検修支援、サービス機器を操作できるモニター装置を取付けた構成としている[RF 7]

その他の機器[編集]

台車横に搭載されている空気圧縮機はVベルト駆動によるスクロール式のWMH3119-WRC680形を採用しており、1・10号車に各1台、2・9号車に各3台搭載している[RF 15][RF 16]

空気タンクは二室空気だめ(元空気タンク・制御空気タンク)、供給空気タンク、直通予備ブレーキタンクを床下に搭載しており、元空気タンクの空気圧力は780-880kPaである[RF 7]

JR西日本の新型車両にも搭載されている車両異常挙動検知システムを装備しており、車体には車両挙動センサーが取付けられている[RF 7]

保安装置は、ATS-PATS-SWATS-DWの機能を統合した統合型ATS車上装置を装備している[RF 7]

冷房装置は、屋根置き形ユニットクーラ方式を採用しており、出力が23.26kwのWAU706A-G1・WAU710と出力が7.0kwのWAU711がある。WAU706A-G1は10・6・5・1号車に各2台、WAU711は9・8・4・3・2号車に各5台、WAU710は7号車に2台搭載している[RF 7]

蓄電池は、走行用のリチウムイオン蓄電池のほかに、直流100V・容量60Ahのニッケル水素蓄電池を2・9号車に各2台1、4・7・10号車に各1台搭載しているほか、直流24V・容量175Ahの鉛蓄電池を1・5・6・10号車に各1台搭載している[RF 7]

台車[編集]

台車は227系電車をベースとした軸箱支持装置が軸梁式の軽量ボルスタレス台車である。パーキングブレーキ付の付随台車のWTR250Aは付随車の2・9号車、パーキングブレーキなしの付随台車のWTR250形は付随車の3・4・7・8号車、動力台車のWDT69形は動力車の1・5・6・10号車がそれそれ採用している[RF 15]。基礎ブレーキは、動力台車がユニット式の片押し踏面ブレーキ、付随台車が車輪にブレーキディスクを2枚取付けたディスクブレーキとユニット式の片押し踏面ブレーキの2つを併用したものを、それぞれ採用している。この台車には、ヨーダンパーの他に、車体に取付けられた加速度センサーにより、左右の車体の揺れを抑える空気圧式の動揺防止制御装置(フルアクティブサスペンション)、同じく車体に取付けられた加速度センサーにより、空気ばねに平行して取付けたダンパの減衰力を切替えて車体の上下振動を緩和させる油圧式の可変減衰上下動セミアクティブダンパを採用して、乗り心地の向上を図っている[JR西 15][RF 17]。この、油圧式の可変減衰上下動セミアクティブダンパを含めた「可変減衰上下動ダンパーによる上下制振制御システム」については鉄道総合技術研究所日立オートモディブシステムとの共同開発であり、同じクルーズトレインである「TRAIN SUITE 四季島」でも使用されている[JR総研 1][RF 7]

連結器[編集]

1・10号車の展望デッキ側に密着連結器を備え、車両間の連結器には密着連結器に加えて電気連結器を装備している[新聞 9]

車両詳細[編集]

展望車 キイテ87-1・2(1・10号車)[JR西 11][RF 6][新聞 6][新聞 10][新聞 11]
編成の両端にある展望車で、流線型となった先頭部にはオープンデッキ型開放デッキと運転台から車体中央部は屋根まで続く大きな窓を活かしたハイデッカー式側面展望スペース[JR西 2]を備えた動力車。先頭部にオープンデッキ型開放デッキがあるのは、客車ではジョイフルトレイン等でよく見られたが、気動車の先頭部に採用されたのは恐らくこの87系が初となる[注 2]。さらに開放デッキ上にある庇部分には小型のライトが複数設置され[5][注 3]、最後尾時に点灯する。また運転台の後方部分がガラスで仕切られており、側面展望室側から前方の景色が見られるように配慮されている[6]。運転台は2階にあり展望デッキと側面展望室の間にある通路から階段を使って出入りし、その通路は乗務員扉やオープンデッキにも繋がっている。後部側は展望室直後のスペースは、サービスクルー用寝室スペースと言われているが正確な情報が無い為、詳細については不明である。走行中、前面開放デッキは安全の面から編成の最後尾のみ開放され[4]、1号車と10号車ともに展望室には運転室後方に椅子と4人掛けソファーがあり、床はカーペット敷きであるが、カーペットの色と4人掛けソファーの向きが異なっている。流線型のフォルム、丸形ヘッドライトや運転室の位置などには晩年[何の?]のボンネットスタイルを彷彿とさせ、「ノスタルジック・モダン」としての懐かしさを演出している[RF 8]。定員8名で排気筒は運転台後ろと車端部外側の2ヶ所に設置され、先頭部にある二重丸状のライトは中央部がフォグランプ付きHID型ヘッドライト、内側部分がテールライトとなっている。また側面展望室の床下部分には機械室用の作業扉が側面に4つ設置されており、床下にディーゼルエンジンと発電機を各2台と空気圧縮機を1台、主電動機を4台搭載しているため、先頭車の重量が58.3 tという機関車並みの重量となった[RF 18][RF 7]
ロイヤルツイン寝台車 キサイネ86 1・101・201・301(2・3・8・9号車)[JR西 1][RF 1][RF 4][RF 6][新聞 6][新聞 10][新聞 11]
2人用の寝台設備を備えた車両でツインルームであり、寝室・シャワールーム・トイレ・洗面所で構成されており[RF 8]、動力を持たない付随車である。1両につき3室ある寝台の内装と引戸には、岡山県のクワ、鳥取県のカゴノキ、島根県のカシ、広島県のミズメ、山口県のシイノキなどの中国地方の各県の木材を用いており、各所に沿線各地の伝統工芸品を誂えている[JR西 16]、寝室は収納式ベットを採用することで昼間は収納して広くゆったりとしたリビングスペースにすることができる。寝室には、ライティングディスク・スタンド照明・腰掛・スツールが設けられている。また、一部の窓は開閉できるようになっており、個室の入口の引戸と可動壁を開放することで通路側の大窓から景色を見ることができる。2・9号車に共用便所と3・8号車に共用シャワー室をそなえているほか、業務用としてサービスクルー室を備えている。定員6名[新聞 2]。また、2・9号車には床下に走行用のリチウムイオン蓄電池と空気圧縮機を3台搭載している[RF 7]
ロイヤルツイン・ロイヤルシングル寝台車 キサイネ86 401(4号車)[JR西 1][RF 1][RF 4][RF 6][新聞 10][新聞 11]
編成の4号車に連結される車両で、動力を持たない付随車である。瑞風発表当初はシングルルームは設定されていなかったが、様々なニーズに対応するために後に正式デザイン発表時にシングル寝台が2室追加され、旧A寝台のロイヤルの延長線上にある1人用個室である[RF 8]。このロイヤルシングルは。ベット・ライティングディスク・スタンド照明・シャワールーム・トイレ・洗面所で構成されており、エキストラベット機能[注 4]を活用する事で、2名で使用する事が可能で、更に4号車には車椅子に対応したユニバーサル仕様のツインルームを1室備え、乗降口とそこからツインルームまでの通路と部屋の入口が車椅子でも通れるように幅が大きく取られている。この車両でも他のツイン寝台車と同じく通路側の大窓から景色を見ることができる。その他に車掌室・業務用室・食堂車用の食材庫(冷蔵庫)を備えている。定員は2・3・8・9号車と同じ6名で、これは前述のエキストラベット込みの定員数となっている[新聞 11]。また、床下に走行用のリチウムイオン蓄電池を搭載している[RF 7]
スイート寝台車「ザ・スイート」 キサイネ86-501(7号車)[JR西 1][RF 1][RF 6][新聞 10][新聞 11]
1両1室という、世界的にも希少な広いスペースを持った車両で室内にはエントランスやプライベートバルコニー、リビング・ダイニング・寝室・トイレ2箇所(玄関横とユニットバス内)・バスタブ付バスルームを備えた大変豪華な車両[RF 8]で、特にバスルームは夢空間のオロネ25 901「デラックススリーパー」以来の設備となる。瑞風の寝台クラスの中では最上級価格である120-125万円となる予定で、寝室&リビングの通路側には天井まで届く大きな窓、バスルームにも横長の窓と天窓が設置される一方、寝室・ソファー側の窓は非常に小型であり、左側面と右側面で窓の表情が大きく異なる。またこのスイート車のみダブルデッカー構造の鋼製車両とし、リビングと寝室は階下に通路を配置することで広い個室空間を実現した。その他プライベートバルコニー部分の窓は他の寝台車と同じ開閉可能な窓で、バスルームには非常用のドアがあり、通路側に出られるようになっており、大窓側には大窓下に小型のルーバーを4つ装備している。この車両でもキサイネ86 401と同じく、エキストラベット[注 5]を活用する事で最大4名まで対応している。隣の6号車に食堂車であるキシ86を連結してるため、食材庫を備えている。また、床下に走行用のリチウムイオン蓄電池を搭載している[RF 7]
ダイニングカー「ダイナープレヤデス」 キシ86-1(6号車)[RF 6][新聞 6][新聞 10][新聞 11][新聞 12]
食堂車はフォーマルな雰囲気としつつも心地良い空間としており、車両の約半分が車内での調理の様子や香りなどのライブ感を伝えるため、オープンキッチンスペースとなっており[注 6][RF 8]、残りの部分を2人卓のテーブル6つ、4人卓のテーブル2つの配置に合わせて2大形窓が配置された食事スペースが20人分ある。この車両には、床下にディーゼルエンジンと発電機を各2台と主電動機を4台搭載しているため、先頭車のキイテ87と同じく、58.3 tという機関車並みの重量となった[RF 7]
トワイライトエクスプレスの食堂車と同じく、「ダイナープレヤデス」の愛称を冠している[新聞 12]
ラウンジカー「サロン・ドゥ・ルゥエスト」 キラ86-1(5号車)[RF 8][RF 6][新聞 6][新聞 10][新聞 11][新聞 12]
編成の中央に連結されているラウンジカーである。木を多用した落ち着いた空間としており、乗客同士の会話や「瑞風のおもてなし」を楽しむことができるようになっている。乗降口側の車端部には2人用の座席個室とトイレ設備、そこからバーカウンター、立礼の茶の卓、ブティックスペースが設けられている。またこの車両も4号車と同じく乗降口が拡幅されたタイプとなっている。この車両には、床下にディーゼルエンジンと発電機を各2台と主電動機を4台搭載しているため、先頭車のキイテ87と同じく58.3 tという機関車並みの重量となった[RF 7]
ダイニングカーと同様に本車両にも愛称が付けられており、フランス語で「西のサロン」を意味する「サロン・ドゥ・ルゥエスト」となっている。これはトワイライトエクスプレスのサロンカーに付けられていた「サロンデュノール」の愛称を、瑞風の運行区間に合わせて改変したものである。
ラウンジを表す「キ」の形式記号は国鉄を通じても初の形式となった。

バス[編集]

2016年11月29日の記者発表で、瑞風の運行開始日の公表とともに「瑞風バス」の運行が発表された[JR西 1]

車種はいすゞ自動車ガーラ2014年マイナーチェンジモデル)。瑞風のデザインを手がけている浦一也がデザインを監修し、瑞風の車両と同じ世界観とした。

運行・車両管理は中国ジェイアールバスが行う。

待合ラウンジ・モニュメント設置[編集]

運行開始に合わせ、車両インテリアを監修した浦一也のデザインによる以下の始発3駅でラウンジやモニュメントを設置する予定[JR西 17] [新聞 13]

運行開始に合わせた駅改修・新築工事による乗降駅変更[編集]

運行開始に合わせ、宮島口駅東萩駅を改修する予定となっている。また、立ち寄り駅でもある岩国駅(山陽コース・下り2日目)に関しては、現在駅橋上化工事を実施している都合上、乗客の円滑な観光地案内のために、2018年(平成30年)春の工事終了まで「南岩国駅」で乗降となる予定[JR西 10][新聞 13]。また、尾道駅南口駅舎も観光周遊での「尾道のまちへの玄関口」「せとうちエリアへの玄関口」として建て替えた上で、2018年(平成30年)夏頃に開業予定[JR西 19]。更には宍道駅城崎温泉駅でも改修予定が決定した[JR西 20][JR西 21]東浜駅についても駅の改修予定が決定している[JR西 22]

以下の通りの駅改修・建て替えを行う予定である。また、当列車を利用者以外の訪問者である乗客も意識したものとなっている。

  • 宮島口駅:専用入り口を設置。駅は宮島を印象付ける色合いとし、ガラスでの美装化を実施した上で、駅構内に使用する木材は廿日市市産のものを使用する。そして、訪日外国人の利用が多い事に対応するために、駅構内だった土産物店を駅構外に移転し「おみやげ街道」を新築する。また大きな荷物対応のために手荷物預り所の機能を強化する。また、外国語対応も可能な係員を配置する予定。
  • 東萩駅:専用入り口を設置。駅外観は萩城下町・風景のイメージである「格子」や「なまこ壁」の装飾したものへと改装予定。
  • 尾道駅:尾道水道や駅前広場側である南口駅舎を開放的な吹き抜けのある空間とし、観光周遊に安全性・利便性を高めたトイレ・コンコースの改修と専用出入口の設置。初代尾道駅舎(1891年(明治24年)当時)の雰囲気を復刻させる予定。
  • 宍道駅:内部ホールの壁面をガラス化、外観壁の白化、床材は来待石で格子・腰壁は木材を活用した改修をする。また、専用入り口の設置予定。
  • 城崎温泉駅:街並みを重視からの調和した外観とし、2016年8月時点で駅舎が建設からの約90年間も継承してきた、アール・デコ調のデザインのままとする。内装も「街並みとの調和」を重視し、床面には「大谿川(おおたにがわ)」・「玄武岩」・「柳」をモチーフのデザインで施工する。地元風景を題材に地元作家の伝統的な工芸品を設置し、一方で床面デザインの「大谿川」の対岸ではデジタルサイネージでの情報発信での施工をし、乗客には城崎温泉の魅力を伝える事を目的としている。待合室では「再生の歴史」・ラウンジでは「自然との共生」を紹介する。また、専用入り口も設置する予定で2016年8月末に着工され、同年11月上旬に完成予定となっている。
  • 東浜駅:周りの風景に溶け込むことを狙った、ステンレス鏡面仕上げの天井や待合室の全面透明ガラス窓を特徴として、駅前広場やトイレの整備も実施されることになった。また、近くの旧保育所施設を改修してレストラン「AL MARE」(アル・マーレ、イタリア語で海辺の意)とすることになり、浦富海岸の眺望するために遊歩道・東屋を新設する予定でもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 橋上化工事の影響により、2018年(平成30年)春の工事終了までは乗客の円滑な案内のために南岩国駅での乗降となる予定[JR西 10]
  2. ^ 側面での採用は土佐くろしお鉄道の9640形がある
  3. ^ この小型ライトは瑞風の初期イメージ図から存在していた。
  4. ^ シングルを2名で使用する場合、ベットの上段にベットを展開して2段式ベットにする事で対応
  5. ^ こちらは正ベット2台+ソファベット2台で対応
  6. ^ 通路部分には縦長の窓が5つ並んでいる。

出典[編集]

  1. ^ a b “JR豪華3列車、列島漫遊 西日本「瑞風」が一番列車”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 夕刊 8. (2017年6月17日) 
  2. ^ 恵 知仁 (2017年2月23日). “名列車「トワイライトエクスプレス」の伝統を受け継ぐ「緑」”. 乗りものニュース. メディア・ヴァーグ. 2017年2月25日閲覧。
  3. ^ 大坂 直樹 (2016年3月15日). “潜入!これが「トワイライト瑞風」製造現場だ”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2016年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月2日閲覧。
  4. ^ a b c 「トワイライト」消えず JR西の豪華寝台列車は「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」に”. 乗りものニュース. メディア・ヴァーグ (2015年2月19日). 2016年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月19日閲覧。
  5. ^ https://www.youtube.com/watch?v=CvnGGvNCHQI JR 87系気動車"TWILIGHT EXPRESS 瑞風"[4B] 試運転 (18-Oct-2016)の1:06辺り
  6. ^ JR西日本、豪華列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」のアンバサダーに葉加瀬太郎氏就任”. トラベル Watch. インプレス (2016年9月12日). 2017年2月25日閲覧。(模型画像参照)

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

JR西日本[編集]

  1. ^ a b c d e f g “TWILIGHT EXPRESS 瑞風 運行開始が6月17日に決定 12月5日よりご旅行の受け付けを開始” (日本語) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2016年11月29日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2016/11/page_9594.html 2016年12月1日閲覧。 
  2. ^ a b c d e “新たな寝台列車の導入について” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2014年5月21日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2014/05/page_5665.html 2014年5月21日閲覧。 
  3. ^ “寝台特急「トワイライトエクスプレス」運行終了について” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2014年5月28日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2014/05/page_5700.html 2014年5月28日閲覧。 
  4. ^ “寝台特急「トワイライトエクスプレス」の最終運転日について” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2014年12月19日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2014/12/page_6590.html 2014年12月23日閲覧。 
  5. ^ a b “新たな寝台列車の列車名と食を監修する料理人について” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2015年2月19日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2015/02/page_6815.html 2015年2月19日閲覧。 
  6. ^ “「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が2017年度グッドデザイン賞BEST100を受賞!” (日本語) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2017年10月4日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2017/10/page_11250.html 2017年10月5日閲覧。 
  7. ^ “TWILIGHT EXPRESS 瑞風で探訪する美しい日本について” (日本語) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2015年6月18日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2015/06/page_7249.html 2016年4月8日閲覧。 
  8. ^ a b “TWILIGHT EXPRESS 瑞風で呉線の車窓もお楽しみいただきます” (日本語) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2015年11月6日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2015/11/page_7886.html 2016年7月9日閲覧。 
  9. ^ a b c “TWILIGHT EXPRESS 瑞風で伯備線の車窓もお楽しみいただきます” (日本語) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2016年5月20日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2016/05/page_8728.html 2016年5月28日閲覧。 
  10. ^ a b c d “TWILIGHT EXPRESS 瑞風 お客様をお迎えする立ち寄り駅の改修などについて〜広島・山口エリア〜” (日本語) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2016年7月8日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2016/07/page_8919.html 2016年7月9日閲覧。 
  11. ^ a b c d 「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」プロジェクトストーリーVol.3”. 西日本旅客鉄道 (2016年2月22日). 2016年3月5日閲覧。
  12. ^ 「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」プロジェクトストーリーVol.1”. 西日本旅客鉄道 (2016年2月22日). 2016年3月5日閲覧。
  13. ^ “「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」先頭車が搬入車両の組成風景を公開!” (日本語) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2016年8月15日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2016/08/page_9086.html 2016年8月20日閲覧。 
  14. ^ “TWILIGHT EXPRESS 瑞風4両の走行試験のため後藤総合車両所に搬入!ラッピングされた車両外観を公開しました。” (日本語) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2016年8月27日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2016/08/page_9159.html 2016年8月31日閲覧。 
  15. ^ 「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」プロジェクトストーリーVol.2”. 西日本旅客鉄道 (2016年2月22日). 2016年3月5日閲覧。
  16. ^ 「瑞風」の車内を彩るアート・伝統工芸品”. TWILIGHT EXPRESS 瑞風 MIZUKAZE・おもてなし. 西日本旅客鉄道. 2017年3月27日閲覧。
  17. ^ “TWILIGHT EXPRESS 瑞風 旅の始まりを彩るラウンジの設置などについて” (日本語) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2016年7月8日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2016/07/page_8921.html 2016年7月9日閲覧。 
  18. ^ “「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」運行開始に向け旅の始まりを彩る「瑞風ラウンジ京都」が完成~報道公開を実施しました~” (日本語) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2017年5月31日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2017/05/page_10552.html 2017年6月11日閲覧。 
  19. ^ “せとうちエリア周遊の「新」拠点へ。尾道駅が生まれ変わります!” (日本語) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2016年7月20日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2016/07/page_8971.html 2016年7月24日閲覧。 
  20. ^ “TWILIGHT EXPRESS 瑞風 お客様をお迎えする立ち寄り駅の改修(宍道・松江エリア)” (日本語) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2016年7月29日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2016/07/page_9019.html 2016年7月31日閲覧。 
  21. ^ “城崎温泉駅をより魅力的な駅にします” (日本語) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2016年8月1日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2016/08/page_9033.html 2016年8月6日閲覧。 
  22. ^ “美しい海辺を望む駅、レストランで「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」ならではのおもてなしを ~東浜駅エリアの取り組みについて~” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2016年11月10日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2016/11/page_9411.html 2016年11月12日閲覧。 

鉄道総合技術研究所[編集]

新聞記事[編集]

  1. ^ “「瑞風」、大阪駅を出発 豪華寝台列車、最高120万円”. 朝日新聞. (2017年6月17日). オリジナル2017年6月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170618182353/http://www.asahi.com/articles/ASK6J6GKLK6JPTIL028.html 2017年6月17日閲覧。 
  2. ^ a b c “JR西日本キハ87系「トワイライトエクスプレス瑞風」搬入始まる - 写真48枚”. マイナビニュース (マイナビ). (2016年3月30日). オリジナル2016年3月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160330143650/http://news.mynavi.jp/news/2016/03/30/585/ 
  3. ^ “トワイライトエクスプレス瑞風 JR吹田車両所へ初搬入”. THE PAGE (Yahoo! JAPAN). (2016年3月30日). オリジナル2016年3月30日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/2016.03.30-082700/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00000001-wordleafv-soci 2016年4月8日閲覧。 
  4. ^ 谷川 潔 (2016年8月16日). “JR西日本の豪華寝台列車「瑞風」、「やわ、やわやわ」で先頭車両と中間車両を連結”. トラベル Watch (インプレス). http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1015158.html 2016年8月20日閲覧。 
  5. ^ 上新大介 (2016年8月27日). “JR西日本「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」米子に到着 - 9月下旬頃に試運転開始へ”. マイナビニュース (マイナビ). オリジナル2016年8月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160830155743/http://news.mynavi.jp/news/2016/08/27/158/ 
  6. ^ a b c d e 上新大介 (2017年2月23日). “JR西日本87系「トワイライトエクスプレス瑞風」車内・外観公開! 写真125枚”. マイナビニュース (マイナビ). http://news.mynavi.jp/news/2017/02/23/452/ 
  7. ^ 岡村雅之 (2016年3月27日). “西日本の香りと食材楽しんで 豪華寝台列車「瑞風」料理人”. THE PAGE. ワードリーフ. 2016年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月2日閲覧。
  8. ^ “「トワイライトエクスプレス 瑞風(87系)」車両基地搬入”. 鉄道新聞 ガタンゴトン.net (有限会社 ファインルーチェ). (2016年3月30日). http://www.gatan-goton.net/2016/03/30/%E3%83%88%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9-%E7%91%9E%E9%A2%A8-87%E7%B3%BB-%E8%BB%8A%E4%B8%A1%E5%9F%BA%E5%9C%B0%E6%90%AC%E5%85%A5/ 2016年4月8日閲覧。 
  9. ^ 谷川 潔 (2016年8月16日). “JR西日本の豪華寝台列車「瑞風」、「やわ、やわやわ」で先頭車両と中間車両を連結(17/36)”. トラベル Watch (インプレス). http://travel.watch.impress.co.jp/img/trw/docs/1015/158/html/017.jpg.html 2016年8月20日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f 上新大介 (2017年2月25日). “JR西日本87系寝台気動車「トワイライトエクスプレス瑞風」新型車両の概要は”. マイナビニュース (マイナビ). http://news.mynavi.jp/news/2017/02/25/033/ 
  11. ^ a b c d e f g 上新大介 (2017年2月24日). “JR西日本「トワイライトエクスプレス瑞風」車内も豪華! スイートにバスタブ”. マイナビニュース (マイナビ). http://news.mynavi.jp/news/2017/02/24/085/ 
  12. ^ a b c 豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」お披露目【外観・車内編】”. 鉄道新聞. 鉄道新聞社 (2017年2月23日). 2017年2月23日閲覧。
  13. ^ a b 上新大介 (2016年7月9日). “JR西日本「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」乗車駅にラウンジ開設 - 立寄り駅改修も”. マイナビニュース (マイナビ). http://news.mynavi.jp/news/2016/07/09/122/ 
  14. ^ 上新大介 (2017年5月31日). “JR西日本「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」京都駅の専用ラウンジを公開 - 写真27枚”. マイナビニュース (マイナビ). http://news.mynavi.jp/news/2017/05/31/321/ 

参考文献[編集]

鉄道ファン[編集]

  1. ^ a b c d e 「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」, 2017年6月17日から運転開始”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2016年11月30日). 2016年12月1日閲覧。
  2. ^ 「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が営業運転を開始”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2017年6月17日). 2017年6月19日閲覧。
  3. ^ JR西日本,新たな寝台列車の列車名を発表”. railf.jp 鉄道ニュース. 交友社 (2015年2月20日). 2015年2月21日閲覧。
  4. ^ a b c 「トワイライトエクスプレス瑞風」の中間車が川崎重工から出場”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2016年3月31日). 2016年4月8日閲覧。
  5. ^ a b 「トワイライトエクスプレス瑞風」の3両が甲種輸送される”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2016年12月14日). 2016年12月15日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 鉄道ファン編集部・松本洋一・伊原 薫、2017、「新車速報 10両フル編成での試運転がスタート「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」」、『鉄道ファン』57巻(通巻671号(2017年3月号))、交友社 pp. 56-61
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa JR西日本「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」87系寝台気動車、pp.90-101。鉄道ファン 通巻675号(2017年7月号)
  8. ^ a b c d e f g h 鉄道ファン編集部・JR西日本(イラスト・資料提供)、2015、「CAR INFO、トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)-平成29年春運転開始予定」、『鉄道ファン』55巻(通巻656号(2015年12月号))、交友社 pp. 56-57
  9. ^ キサイネ86-301が吹田総合車両所へ”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2016年7月1日). 2016年7月2日閲覧。
  10. ^ 「トワイライトエクスプレス瑞風」の先頭車両が甲種輸送される”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2016年8月16日). 2016年8月20日閲覧。
  11. ^ 「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が10両編成で試運転”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2016年12月20日). 2016年12月20日閲覧。
  12. ^ 「トワイライトエクスプレス瑞風」が5両編成で山陰へ”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2016年12月31日). 2017年2月25日閲覧。
  13. ^ 鉄道ファン編集部、2017、「JR旅客会社の車両配置表」、『鉄道ファン』57巻(通巻675号(2017年7月号))、交友社 p. 37(西日本旅客鉄道・新製分、別冊付録)
  14. ^ 新車速報 JR西日本「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」87系寝台気動車、pp.58-59。
  15. ^ a b 新車速報 JR西日本「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」87系寝台気動車、p.58。
  16. ^ 鉄道ファン編集部、2016、「新車速報 JR西日本 87系「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」」、『鉄道ファン』56巻(通巻662号(2016年6月号))、交友社 p. 80
  17. ^ 新車速報 JR西日本「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」87系寝台気動車、p.59。
  18. ^ 鉄道ファン編集部、2016、「新車速報」、『鉄道ファン』56巻(通巻667号(2016年11月号))、交友社 pp. 68-69

鉄道ホビダス[編集]

  1. ^ a b 【JR西】"TWILIGHT EXPRESS 瑞風" 甲種輸送”. 鉄道ホビダス(RMニュース). ネコ・パブリッシング (2016年12月13日). 2016年12月15日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]