JR西日本287系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JR西日本287系電車
試運転を行う287系 (2011年1月10日 大阪駅)
試運転を行う287系
(2011年1月10日 大阪駅)
基本情報
運用者 西日本旅客鉄道
製造所 川崎重工業車両カンパニー
近畿車輛
製造年 2010年 - 2012年
製造数 97両
運用開始 2011年3月12日
投入先西日本旅客鉄道東海道本線福知山線山陰本線舞鶴線大阪環状線阪和線紀勢本線
WILLER TRAINS宮福線宮豊線
主要諸元
編成 3・4・6両(全車0.5M電動車
軌間 1,067 mm
電気方式 直流1,500V (架空電車線方式
最高運転速度 130(曲線通過+15km/h) km/h
設計最高速度 130 km/h
起動加速度 1.6 km/h/s[* 1]
減速度(常用) 4.6 km/h/s[* 2]
減速度(非常) 5.2 km/h/s[* 2]
編成定員 345名(普)+15名(グ)=360名 (6両編成時)
編成重量 236.8 t (6両編成時)
全長 21,100 mm
車体長 先頭車:20,670 mm
中間車:20,600 mm
全幅 2,915 mm
全高 先頭車:4,090 mm
中間車:3,855 mm
集電装置折畳高:3,970 mm
車体高 3,490 mm
車体 アルミニウム合金
台車 軸梁式ボルスタレス台車ヨーダンパ付
動力台車:WDT67
付随台車:WTR249・WTR249A
主電動機 かご形三相誘導電動機
WMT106-G1
主電動機出力 270 kW
駆動方式 WNドライブ
歯車比 5.65
編成出力 6両編成:270kW×2×6=3,240kW
4両編成:270kW×2×4=2,160kW
3両編成:270kW×2×3=1,620kW
制御方式 2レベルIGBT-VVVFインバータ制御
制御装置 WPC15A-G2(静止形インバータ一体型)
制動装置 回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ(応荷重遅れ込め直通・救援・抑速耐雪ブレーキ付き)
保安装置 ATS-SW2・ATS-P3列車防護無線装置
EBTE装置
出典:『鉄道ファン』2011年2月号・3月号 交友社
  1. ^ 車輪径820mm時
  2. ^ a b 車輪径860mm時
テンプレートを表示

287系電車(287けいでんしゃ)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)の直流特急形車両である。

概要[編集]

特急きのさき」や「こうのとり」(2011年3月11日までは「北近畿」[1])などの「北近畿ビッグXネットワーク」で運用されている183系電車(700・800番台)の老朽化にともなう置き換え用として、4両編成7本(28両)と3両編成6本(18両)の計46両を約80億円をかけて導入することが発表された[2]。車両の製造は川崎重工業近畿車輛が行う。

また、南紀方面の特急「くろしお」用として、6両編成6本(36両)と、3両編成5本(15両)の計51両も製造し、2012年7月以降の運転開始を予定していることが発表された[3][4]

北近畿方面への新型車両の投入は、2009年7月に報道されていた[5]が、この段階では形式称号や製造両数までは公表されておらず、現行の車両は順次、廃車するとしていた。しかし、2009年4月1日時点で183系は86両あるのに対して、JR西日本が同年10月2日に発表した導入車両数は46両であり、不足する残り40両は2012年7月以降に「くろしお」で使用されている381系電車で置き換えるとの報道があった。

北近畿方面の車両については、2011年3月12日ダイヤ改正から運転を開始した[6]

南紀方面の車両については、2012年3月17日のダイヤ改正から運転を開始した[7]

構造[編集]

車体[編集]

2009年6月1日から特急「サンダーバード」で営業運転を開始した683系4000番台の設計思想が踏襲されており、全電動車編成とすることによって、車両構体の共通化によるコスト削減が図られている。具体的には、パンタグラフ搭載スペースは全車種に2か所ずつ設けられたほか、どの車種にも車両制御装置・空気圧縮機・蓄電池を搭載できる。

アルミダブルスキン構造を採用し、振り子装置はついていないが、低重心化などにより、振り子列車である283系同等の性能を持っている。オフセット衝突対策や衝撃吸収構造によって構造が強化される。これは、2010年5月に落成した近郊形電車である225系電車に続き2例目である。車体配色も683系に準じているが、客室側窓下部のラインカラー帯については北近畿方面用の車両は、「北近畿」で馴染みがあり沿線の緑豊かな地域に映えるダークレッドを採用し、「くろしお」用の車両は283系電車で既に採用されているオーシャングリーンを採用している。また、683系2000番台しらさぎ」を改番・直流化された289系電車のラインカラー帯(北近畿方面用はダークレッド、「くろしお」用はオーシャングリーン)についても同様である。

681系と同じ旋律ミュージックホーンが引き続き採用されている。

主要機器[編集]

パンタグラフ

125系321系、225系で採用された、0.5Mシステムと呼ばれる、運転に必要な機器類を1両にまとめて搭載する考え方を基本とし、すべての車両が電動車である。そのため、全車両に車両制御装置[注 1]を搭載するが、集電装置・空気圧縮機の有無によって287形と286形の区別を行っている。

電源・制御機器[編集]

車両制御装置 (WPC15A-G2) は東洋電機製造東芝が製造を担当した。主回路部はIGBT素子による2レベル電圧形PWMインバータ1基で2基の電動機を制御する、いわゆる1C2M構成のVVVFインバータを搭載し、速度センサレスベクトル制御および純電気ブレーキに対応している。これに対し補助電源部は三相交流440V、75kVAの容量を有している。主回路部と同じくIGBTを用いた2レベル電圧形PWMインバータをCVCF制御し、他車の補助電源部と並列運転を行うことで故障時の編成全体での冗長性を確保する設計である。

集電装置はシングルアーム型パンタグラフ WPS28C を採用し、クモハ287・モハ287形後位寄りに1基搭載を基本とする[注 2]。バネ上昇、空気下降式で電磁カギ外し装置および上昇検知装置を備える。北近畿方面の特急列車用として落成した3両編成の一部と4両編成では、各車あたり2基搭載されるが、それ以外の編成では各車あたり1基搭載されている[注 3]。なお、中間車両(モハ287形)では、集電装置の関節を車端側に向けているが、先頭車両(クモハ287形)の場合は、城崎温泉方に向けている。

主電動機は、センサレスベクトル制御を採用した1時間定格出力270kWのかご形三相誘導電動機 (WMT106A-G1) が1両当たり2基搭載されている。

電動空気圧縮機は、223系2000番台などの実績である除湿装置一体型の低騒音形スクリュー式 WMH3098-WRC1600 を採用し、モハ287形・クモハ287形に1基搭載されている。

車両情報システムとして、321系・225系と同様のデジタル転送装置を採用した。伝達速度の高速化・高容量化を図っている。

空調装置は、集中式の WAU704E が1両あたり1基屋根上に搭載される。冷房能力は39,000kcal/hであり、フロン規制対応冷媒 (R407C) を使用している。

台車[編集]

WTR249A台車

台車は、225系や683系4000番台をベースとした軸はり式ボルスタレス台車を採用し、部品共通化および省メンテナンス化を図っている[8]。225系に準じてバネ帽部の強化構造の採用や省メンテナンス化を図るための速度発電機の非接触化、ワンタッチカプラ化された空気ホースを採用するとともに、乗り心地改善のために683系と同等のアンチローリング装置を搭載する[8]。0.5Mシステムを採用したことから、1両あたり電動台車 (WDT67) と付随台車 (WTR249) を1台ずつとしている。ただし、先頭車両(クモロハ286形・クモハ287形・クモハ286形)の付随台車に関しては、駐車ブレーキを備えたWTR249Aを装着する。基本的に、電動台車を後位[注 4]に、付随台車を前位[注 5]に装着するが、雨天時の車輪粘着を考慮し、クモハ286形・クモロハ286形のみ台車配置が逆(運転台寄りが付随台車)となっている。

基礎ブレーキは、電動台車が踏面ブレーキ、付随台車が踏面ブレーキと1車軸あたり2枚のディスクブレーキの併用である。

低重心設計により曲線通過性能の向上が図られている681系・683系をベースとしていることと、製造コスト削減の目的から、381系と異なり振り子機能は搭載されていない。曲線通過速度はR=400m以上で最大本則+15km/hと振り子式車両より10km/h程度低く設定されており、これにより「くろしお」では381系・283系と比較して約3 - 6分程度、所要時間を多く要している。

その他装備[編集]

連結器は1編成を1車両として運用する考え方を基本としたため、中間連結部は半永久連結器を使用している。先頭車運転台寄りの連結器は電気連結器・自動解結装置を備えた密着連結器である。

保安装置は、新製当初からATS-SWATS-Pに加えてEBTE装置、映像音声記録装置を搭載する[9]。ATS制御装置は、従来のATS-P制御装置を小型化し、ATS-SWとの機能集約を行ったATS-P3制御装置を新設計した[10][11]

車内[編集]

客室内にLED式の車内案内表示装置が設置され、グリーン車の全席と普通車の車端部座席にモバイル機器などの使用に対応したコンセントが設置されている。

3両に2両の割合で便所小便器1か所と洋式大便器1か所)が設置されている。そのうち、編成中に1か所、女性専用トイレが設けられている。さらに、バリアフリー設備として多目的室や車いすスペースが編成中に1か所設置されている。

座席は683系4000番台に準じた回転リクライニングシートを採用し、グリーン車は茶色表地の1+2列配置で1,160mmピッチ、普通車は青色表地の2+2列配置で970mmピッチで展開する。

乗降扉は原則として後位に690mmの引戸で1か所としているが、車いすスペースが設置された車両については前位に1,000mmの引戸を追加し2か所となっている。また、乗降扉にはドアチャイムが設置されている。

形式・編成[編集]

クモロハ286形 (M'sc)
グリーン席普通席を備える貫通型(準備工事のみ)の制御電動車。前位寄りにトイレ洗面所、後位寄りに乗降扉1か所と運転台が設置され、車両制御装置・蓄電池などを搭載する。定員15名(グリーン席)+23名(普通席)、計38名。形式記号日本国有鉄道(国鉄)時代を含めて初の「クモロハ」となった[注 6]
クモハ287形 (Mc)
普通席を備える貫通型の制御電動車。前位寄りに運転台、後位寄りに乗降扉1か所が設置され、車両制御装置・蓄電池・空気圧縮機・集電装置などを搭載する。定員64名。
クモハ286形 (M'c)
普通席を備える貫通型の制御電動車。前位寄りにトイレ(女性専用含む)・洗面所、後位寄りに運転台と乗降扉1か所が設置され、車両制御装置・蓄電池などを搭載する。定員56名。
モハ287形
普通席を備える中間電動車。車両制御装置・蓄電池・空気圧縮機・集電装置などを搭載する。
100番台 (M)
乗降扉2か所・多機能トイレ・洗面所・多目的室・車椅子スペースが設置されている。定員50名。
200番台 (M2)
乗降扉1か所・車販準備室が設置されている。定員72名。
モハ286形
普通席を備える中間電動車。車両制御装置・蓄電池などを搭載する。
0番台 (M')
乗降扉1か所・トイレ(含む女性専用)・洗面所が設置されている。定員68名。
100番台 (M'1)
乗降扉2か所・多機能トイレ・洗面所・車椅子スペースが設置されている。定員58名。
200番台 (M'2)
乗降扉2か所・多機能トイレ・洗面所・多目的室・車椅子スペース・業務用室・車掌室が設置されている。定員50名。
編成表(北近畿ビッグXネットワーク用)

原則として「まいづる」は付属編成での運用、他は基本編成での運用となり、「まいづる」は全ての運用で綾部〜京都間、「きのさき」或いは「はしだて」と併結される。また多客期を中心に付属編成を連結した7両編成で運転されることもある。しかし「こうのとり」の一部において、付属編成のみの定期運用もある。

← 城崎温泉・福知山
京都・新大阪 →

← 宮津
天橋立 →

← 綾部
東舞鶴 →
基本編成 クモロハ286
- 0
(M'sc)
モハ287
- 100
(M)
モハ286
- 0
(M')
クモハ287
- 0
(Mc)
付属編成 クモハ286
- 0
(M'c)
モハ286
- 100
(M'1)
クモハ287
- 0
(Mc)
 
編成表(くろしお用)

投入当初は車内販売(現在は営業休止)に対応するため、車内販売用設備を備えたモハ287形200番台を連結する。付属編成は北近畿ビッグXネットワーク用と異なり、繁忙期以外は運用されず、また編成も同じことから、後述のように北近畿ビッグXネットワーク用の代用として使用されることがある。

基本編成のみの6両編成で運用されるが、京都〜白浜間では付属編成を連結して9両編成となる場合もある。白浜駅 - 新宮駅間での運用は2015年10月31日から(同時に幌の連結を廃止)。

← 新宮
京都 →
基本編成 クモロハ286
- 0
(M'sc)
モハ286
- 0
(M')
モハ287
- 200
(M2)
モハ286
- 200
(M'2)
モハ286
- 0
(M')
クモハ287
- 0
(Mc)
 
付属編成   クモハ286
- 0
(M'c)
モハ286
- 100
(M'1)
クモハ287
- 0
(Mc)

車両配置と運用線区[編集]

2016年4月1日現在の配置区所と運用線区は以下のとおり[12]

福知山電車区[編集]

福知山電車区には、4両編成(FA編成)7本、3両編成(FC編成)6本の合計46両が所属している。

2010年11月29日に最初の編成(4両編成+3両編成)が近畿車輛を出場し、試運転を行った[13]。その後、東海道・山陽本線向日町操車場 - 網干駅[14]や、山陰本線京都駅 - 城崎温泉駅[15]北近畿タンゴ鉄道(現在のWILLER TRAINS)などで試運転が行われた[16]

2011年2月15日には4両編成が[17]、同年2月22日には2編成(4両編成+3両編成)が近畿車輛を出場し、試運転を行った[18]

2011年3月12日のダイヤ改正で、25両(FA編成4本、FC編成3本)が以下の列車で営業運転を開始し(「こうのとり」は3往復のみ)[6]、同年6月1日に21両(FA編成3本、FC編成3本)が追加投入された[19][注 7]

2016年3月26日のダイヤ改正で、福知山電車区の289系の運用が「こうのとり」に集約されたことに伴い、「きのさき」と「はしだて」と「まいづる」のJR西日本所属車はすべて本系列に統一された(「はしだて」と「まいづる」で運用されているKTR8000形WILLER TRAINSの車両(保有は北近畿タンゴ鉄道)である)。

2018年3月17日のダイヤ改正で、「きのさき」「はしだて」各1往復が289系の運用になり、「こうのとり」の本系列の運用が2往復から5往復に増加した。

2019年3月16日のダイヤ改正で、「こうのとり」の本系列の運用が5往復から6往復に増加し、「きのさき」の本系列の運用が9往復から8往復に減少した。

運用
  • 特急「こうのとり」(6往復):4・6 - 9・11・16・22 - 25・27号
  • 特急「きのさき」(8往復):5・10・16・19号を除く全列車
  • 特急「はしだて」(2往復):1・3・4・6号
  • 特急「まいづる」(5.5往復):1 - 4・7 - 13号
    • 2015年3月14日ダイヤ改正時点では、特急「こうのとり」7往復(2・4・5・8 - 11・13・16・19・20・23・24・27号)、特急「きのさき」7往復(1 - 4・7 - 9・11・12・14・15・17・18・20号)、特急「はしだて」1往復(3・4号)、特急「まいづる」5.5往復(1 - 4・7 - 13号)にて運用されていた。

吹田総合車両所日根野支所[編集]

日根野所属車(6両編成)
「パンダくろしお」仕様のHC605編成(2017年10月撮影)

吹田総合車両所日根野支所には、HC編成として6両編成6本と、3両編成5本の計51両が所属している。

2011年8月に第1編成が落成して、同年9月28日から試運転が行われた[20]。2012年2月29日には3両編成が川崎重工業を出場し、試運転を行った[21]

2012年3月までに6両編成3本、3両編成2本が配置され、2012年4月から7月にかけて6両編成3本、3両編成3本が追加配置された。

2012年3月17日のダイヤ改正より、12両(6両編成2本)が「くろしお」の4往復で営業運転を開始し[7]、同年6月1日に9両(6両編成1本、3両編成1本)が追加投入された[22][注 8]

2015年1月にはHC631編成が福知山に貸し出され、「こうのとり」の運用に入った[23]

2015年10月31日より、「くろしお」の381系が289系に置き換えられたが、289系は従来の287系の運用を担当、これにより287系は従来の381系の運用を担当することになり、白浜駅 - 新宮駅間での運用を開始する。

2017年8月5日に1編成(6両)をアドベンチャーワールドのシーンをラッピングした車両、「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」を臨時列車「くろしお95号」として運転した[24]。8月6日以降、2019年11月頃まで「くろしお」の定期列車に運用される予定[25]。運用時刻はJRおでかけネットで確認することができる[26]

運用
  • 特急「くろしお」(8往復):2・7・9・10・12・15・17・18・20・23・25 - 28・31・34号 また、2019年11月から12月の間、臨時特急「まほろば」として、大和路線の奈良駅に入線。(3両編成)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 主回路用インバータ(VVVF制御装置)と補助電源用静止形インバータ(CVCF装置)を一体化したもの。
  2. ^ クモロハ286・モハ286・クモハ286形は集電装置搭載準備工事にとどめている。
  3. ^ JR西日本が設計した特急形車両としては初めて2基搭載とした。
  4. ^ 東海道本線基準で神戸(下り)方
  5. ^ 東海道本線基準で東京(上り)方
  6. ^ 在来線電車のグリーン車は静粛性・揺れ防止等の観点から付随車が多い。JR九州787系電車のクモロ787形、国鉄151系電車のモロ151形・モロ150形、一部のジョイフルトレインなどで採用されているのみである。
  7. ^ 「こうのとり」は車両増備の都合上、6月まで4往復(上り2・4・16・20号、下り5・9・13・19号)を381系で運用していた。
  8. ^ 車両増備の都合上、置き換える予定だった「くろしお」のうち3往復(7・14・15・18・19・30号)は、6月まで従来の381系で運用していた。

出典[編集]

  1. ^ “2010年10月定例社長会見” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2010年10月20日), オリジナルの2010年12月4日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20101204073305/http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1175023_799.html 
  2. ^ “特急「きのさき」「北近畿」などへの新型特急形電車の投入について” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2009年10月2日), オリジナルの2010年4月16日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20100416015708/http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1174397_799.html 
  3. ^ “2010年11月定例社長会見” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2010年11月17日), オリジナルの2010年12月4日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20101204094712/http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1175072_799.html 
  4. ^ 特急〈くろしお〉に287系投入”. 『鉄道ホビダス』(ネコ・パブリッシング) (2010年11月17日). 2012年10月13日閲覧。
  5. ^ 新型の特急車両を公開 JR西”. 神戸新聞 (2009年7月24日). 2009年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月26日閲覧。
  6. ^ a b “平成23年春ダイヤ改正について” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道福知山支社, (2010年12月17日), オリジナルの2011年1月24日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110124215216if_/http://www.westjr.co.jp:80/ICSFiles/afieldfile/2010/12/17/1_20101217_fukuchiyama.pdf 
  7. ^ a b “平成24年春ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道和歌山支社, (2011年12月16日), http://www.westjr.co.jp/press/article/items/20111216_wakayama.pdf 2011年12月23日閲覧。 
  8. ^ a b 『近畿車輛技報』通巻17号、p.34
  9. ^ 『JR電車編成表』2014冬、p.155
  10. ^ 『Rolling stock & Machinery』第13巻第11号、p.7
  11. ^ 『近畿車輛技報』通巻17号、p.35
  12. ^ 『JR電車編成表』2016夏、ジェー・アール・アール、交通新聞社、2016年。ISBN 978-4-330-68216-7
  13. ^ 287系が試運転を実施”. 『鉄道ファン』鉄道ニュース(交友社) (2010年11月30日). 2012年10月13日閲覧。
  14. ^ 287系,東海道・山陽本線で試運転”. 『鉄道ファン』鉄道ニュース(交友社) (2011年1月15日). 2012年10月13日閲覧。
  15. ^ 287系 試運転で城崎温泉駅まで入線”. 『鉄道ホビダス』(ネコ・パブリッシング) (2011年1月14日). 2012年10月13日閲覧。
  16. ^ 287系がKTR線内で試運転”. 『鉄道ファン』鉄道ニュース(交友社) (2011年2月20日). 2012年10月13日閲覧。
  17. ^ 287系4両編成が近畿車輛から出場”. 『鉄道ファン』鉄道ニュース(交友社) (2011年2月16日). 2012年10月13日閲覧。
  18. ^ 287系7両が近畿車輛から出場”. 『鉄道ファン』鉄道ニュース(交友社) (2011年2月22日). 2012年10月13日閲覧。
  19. ^ “新型車両(287系)の追加投入の詳細” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道福知山支社, (2011年4月27日), オリジナルの2011年9月27日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110927045955/http://www.westjr.co.jp/ICSFiles/afieldfile/2011/04/28/20110428_287.pdf 
  20. ^ 〈くろしお〉用287系本格的試運転始まる”. 『鉄道ホビダス』(ネコ・パブリッシング) (2011年10月1日). 2012年10月13日閲覧。
  21. ^ “くろしお”用287系3両編成が川崎重工から出場”. 『鉄道ファン』鉄道ニュース(交友社) (2012年3月1日). 2012年10月13日閲覧。
  22. ^ “特急くろしお 「新型車両287系」の追加投入について” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2012年4月20日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2012/04/page_1812.html 
  23. ^ 287系HC631編成が福知山区へ貸し出される - 『鉄道ファン』交友社 railf.jp鉄道ニュース2015年1月12日
  24. ^ JR西日本 × アドベンチャーワールド 特急「くろしお」号ラッピング列車を8月5日(土曜日)より運行します - JR西日本ニュースリリース 2017年7月14日
  25. ^ パンダ発進 特急「くろしお」 - 毎日新聞 2017年8月5日
  26. ^ 「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」毎日18時ごろ、翌日の運行スケジュールをお知らせします! - 西日本旅客鉄道ニュースリリース 2017年9月8日

参考文献[編集]

記事
  • 鍋谷武司(西日本旅客鉄道株式会社車両部車両設計室)「287系特急形直流電車」『鉄道ファン』2011年2月号、交友社、2010年、pp.58 - 62。
  • 鍋谷武司(西日本旅客鉄道株式会社車両部車両設計室)「287系特急形直流電車の概要」『鉄道ジャーナル』2011年3月号、鉄道ジャーナル社、2011年、pp.77 - 81。
  • 東恭弘(近畿車輛車両事業本部車両設計部)他2名「287系特急形電車 (PDF) 」 『近畿車輛技報』第17号、近畿車輛、2011年3月、 32 - 35頁。
  • JR西日本鉄道本部車両部設計課「JR西日本321系電車の概要」『Rolling stock & Machinery』第13巻第11号、日本鉄道車両機械技術協会、2005年11月、 4 - 9頁。
書籍

外部リンク[編集]